【誰でも簡単にわかる】WEB面接の流れをそっとお教えします

転職面接
この記事は約10分で読めます。

 

最近は新型コロナの影響でWEB面接による選考が急激に増えているが、「WEB面接で準備するものがわからないのでパニックになりそう」、「WEB面接の流れやマナーがわからないので対策を知りたい」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

この記事を読むと以下のことがわかります。

 

  • WEB面接で準備するものがわかる。
  • WEB面接の流れとマナーがわかる。
  • WEB面接はどうすれば失敗しないか?対策がわかる。

 

ちなみに筆者は採用担当を経験しており、数多くの面接を行ってきました

特に採用する側からの視点でWEB面接の流れについて書こうと思います。

 

WEB面接とは、インターネット環境を利用して行う面接のことです。

通常面接は採用担当者である面接官と直接対面します。

 

それに対してWEB面接は、パソコンやスマートフォンなどを使い、ビデオ通話が可能なツールを用いて行われます。

WEB面接当日の流れは通常面接とほとんど変わりません。

 

大まかには以下の3つの流れからなります。

 

  • 面接開始のあいさつを行う。
  • 採用担当者である面接官との質疑応答を行う。
  • 面接終了後は退室のあいさつを行う。

 

となります。

 

WEB面接でも面接開始のあいさつや面接終了後のあいさつはWEB面接のマナーです。

WEB面接ではビデオ通話を使うため、慣れるまでは練習が必要ですが、簡単ですので必要以上に恐れることはありません。

 

ざっくりいうとビデオ通話にログイン後が面接開始、ビデオ通話ログアウトが面接終了です。

その前後にきちんとあいさつをすればいいだけのことです。

 

以上よりWEB面接と対面の通常面接との大きな違いは以下です。

 

  • いくつかのWEB面接の事前準備が必要であること
  • WEB面接ツール(ビデオ通話)を使っているための注意点があること

 

この記事の構成は以下です。

 

  • WEB面接の流れ【事前準備】
  • WEB面接の流れ【当日】
  • WEB面接対策のためには転職エージェントに相談しよう【失敗しないために】

 

この順番で解説していきますね。

 

 

WEB面接の流れ【事前準備】

 

WEB面接を受ける前に準備すべきものは以下です。

機材に関するものが多いので、なるべく早く準備しましょう。

 

【推奨】パソコンを購入

 

パソコン、スマートフォン、タブレットなど、WEB面接ができる機材を購入します。

この中でおすすめするのは断然パソコンです。

 

スマートフォンを使用する場合ですと、スマホを持ちながらWEB面接を行うことにもなり、採用担当者である面接官からは手ブレが気になりますので、あまりおすすめできません。

パソコンを使用したほうが断然よいです。

 

今ではOffice搭載でも3万円くらいで購入可能です。

以下はAmazonでおすすめのパソコンです。

 

すぐに在庫切れになりますので、早めに14.1インチ ノートパソコン 日本語キーボード Windows 10搭載 8G RAM 256G ROM CPU などを検討することをおすすめします。

 

14.1インチ ノートパソコン 日本語キーボード Windows 10搭載 8G RAM 256G ROM CPU

 

WEB面接用で使うのであれば、高性能である必要はありません。

それよりも早く用意することの方が大事ですね。

 

インターネット環境【有線LANがおすすめ】を導入

 

WEB面接は安定したインターネット環境で受けるのがおすすめです。

可能な限り光ファイバーなど有線LANが通った環境を選ぶようにしましょう。

 

 

インターネット環境は事前準備の中で最も大変で時間もかかります。

Wi-Fiしかインターネット環境がない場合は、WEB面接前に入念な動作確認を行いましょう。

 

 

とはいえ、通信不安定になるのはいつ起こってもおかしくありません。

どうしても応募したい求人であれば仕方ないですが、WEB面接を採用している企業に応募する時は光ファイバーが開通してからにしましょう。

 

 

WEB面接で快適なイヤホン・マイクを購入

 

パソコンのマイクを使ってもWEB面接はできます。

イヤホン・マイクを使えば、面接官の声が聞き取りにくいということはありません。

 

 

あなたの声も面接官にクリアに届きます。

イヤホン・マイクは用意しておくべきビジネスアイテムです。

 

ソニー イヤホン MDR-EX450AP

 

面接の場所を確保

 

WEB面接は静かな場所で受けるのが基本です。

ネットカフェ等は周りの音が入るのであまりおすすめしません。

 

自宅でWEB面接を受けるのが無難です。

自宅であってもノイズが入らないように最大限の配慮をしましょう。

 

例えば宅配便が来ることがわかっている場合は、あらかじめ時間指定でWEB面接の日は外しておきましょう。

ご家族にはWEB面接を受けている間だけ静かにしてもらうように頼んでおきましょう。

 

出来ればWEB面接の間だけ、外出してもらえば騒音の面からは安心です。

スマホの着信音も、採用担当者である面接官に必ず聞こえます。

 

WEB面接で不利にならないように、通知はオフにしておきましょう。

 

資料作成【面接対策】

 

通常面接でも資料については事前準備しますよね。

この点は相違ないと思います。

 

WEB面接で事前に用意しておいた方が良い資料は以下です。

 

  • 会社説明資料
  • 履歴書・職務経歴書
  • 面接で予想される質問と回答のメモ

 

これらの資料をプリントアウトしておけば、安心ですね。

しかし例えば職務経歴書を見ながら自己紹介するのは、WEB面接でもマナー違反ですので注意しましょう。

 

事前準備するものの中では優先順位は最も低いと考えてよいです。

 

ビデオ通話の練習をする

 

WEB面接を受ける前に、転職エージェントや家族にお願いしてビデオ通話を実際にしてみましょう。

接続状況のテストの意味合いもありますが、WEB面接で面接官に与える印象の確認にもなります。

 

WEB面接の当日までに企業に確認すべきこと

 

当日慌てないために、採用担当者には事前に以下のことを確認しておきましょう。

 

  • WEB面接で使用するツールの確認

 

WEB面接はほとんどの場合、企業側が利用しているツールを使っておこないます。

使用するツールによっては、登録やダウンロードなどの作業が必要になる可能性があります。

 

企業から連絡があることが殆どですが、連絡がなければ転職エージェント求人の場合は担当アドバイザーに、直接応募の場合は企業の採用担当者に確認しましょう。

 

 

WEB面接の流れ【当日】

 

外見・服装・自宅の音を確認

 

WEB面接でも通常面接と同様、第一印象は重要視されます。

外見はきちんと整えてください。

 

起床したらシャワーを浴びると、さっぱりしますし、外見はおのずと整えられます。

服装についてもスーツが原則ですので注意しましょう。

 

普段着はもちろんダメです。

外見・服装については、通常面接と同じくらいに気を使ってください。

 

緊張感も出てよい効果が出るでしょう。

またWEB面接の場所が音が鳴るリスクはないか再度確認します。

 

アラームが鳴ってしまわないか?宅配便は来ないか?などです。

インターフォンがなってしまうとWEB面接の流れが止まります。

 

あなたにとって有利には働きませんので、WEB面接開始前に十分注意しましょう。

 

開始10分前にはログイン

 

WEB面接用のツールを面接時間の10分前には起動し、ログインしておくようにしましょう。

時間ギリギリにログインすると企業に悪い印象を与えてしまいますので、注意です。

 

これは通常面接での遅刻と同じことだからです。

かといって、早くログインしすぎるのも良くありません

 

通常面接であっても、早く面接会場に着いてしまうのは、ビジネスマナーとして失礼とされています。

WEB面接においても同じことがいえます。

 

20分前では早すぎますので、10分前くらいのログインがベストです。

開始時刻になるまで、【通話】はスタートしないで待っておくようにしましょう。

 

開始時間に企業にメッセージを送る

 

WEB面接開始時間を迎えると選考がスタートします。

しかし、こちらから通話を開始するのは避けましょう。

 

WEB面接開始時間になったら「準備ができました。本日は宜しくお願い致します。」とチャットでメッセージを送り、企業からの応答を待ちましょう。

 

面接スタートは企業からの着信・返信を受けてから

 

企業から着信・返信を受けたら、WEB面接の開始です。

しっかり気持ちを整えて着信・返信を受けましょう。

 

【通話】を開始したら、パソコンのモニターが面接官だと思って、明るい表情・声であいさつをしましょう。

WEB面接の事前準備で行ったビデオ通話の練習も思い出しながら、マイクの音量、声の大きさを適切なボリュームであいさつすることが大切です。

 

このあとは通常面接と同じです。

採用担当者である面接官と質疑応答を適切にしていきましょう。

 

面接終了後のあいさつ

 

WEB面接が終わったら「ありがとうございました。それでは失礼いたします」とお礼を言い、面接官が通話を切断するのを待ってから、こちらも通話を切断するようにしましょう。

面接官が待っていることはないとは思いますが、あまりにも長いようでしたら、「本日はありがとうございました。」と言って、先に退室してもいいでしょう。

 

 

WEB面接対策のためには転職エージェントに相談しよう【失敗しないために】

 

WEB面接の流れはいかがでしたか?

思ったほど通常面接との違いはありませんね。

 

WEB面接対策でも転職エージェントを使うことで通常面接と同様の効果があります。

WEB面接と通常面接は本質的には同じだからです。

 

WEB面接においても勝負は採用担当者である面接官との質疑応答をどうこなすか?です。

つまり通常面接対策とほぼ同様で良いということです。

 

ビデオ通話については日頃から使うことで、慣れると思いますので心配はありません。

なので、WEB面接対策についても転職エージェントを数社使うことで乗り切れます。

 

以下の記事は当ブログでよく読まれている記事でして、おすすめの転職エージェントをリストアップしています。

あなたの未来のために、WEB面接対策の為に、思い立ったら即行動しましょう。

 

それが転職活動でも仕事においても、人生においても失敗のリスクを減らす秘訣だからです。

転職エージェントは求人応募だけでなく、面接対策や応募書類の添削も全力でサポートしてくれます。

 

それで完全無料なのであなたにとってリスクは全くないのです。

 

>>なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?【ビジネスモデルに起因】

 

 

あとは行動するのみです。

 

 

>>【おすすめ】失敗しない転職エージェントと転職サイト78選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選