面接のよくある質問と想定問答、どちらが役立つ?

転職面接
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

面接対策の一つに【よくある質問】や【想定問答】を用意することがありますね。これらの情報はどちらが実際に役に立つのでしょうか?

Sponsored Links

よくある質問は役に立つ?

Googleで【面接 よくある質問】で検索すると、簡単に面接でよくある質問とその回答例を手に入れることができます。

昔は結構、大変だったんです。

 

転職のノウハウだって、本を読まなければ情報が入りませんでした。

インターネットの普及に伴い、情報化社会となりました。

 

なので、以前ならともかく、今は誰でも簡単に手に入れることができるので、そのような情報には、あまり価値がないと言ってよいでしょう。

もちろん、情報も使い方次第です。

 

インターネットには玉石混交の情報があふれているので、本当のことを見極めるのはかえって難しくなっています。

大手の転職サイトや転職エージェントで公開している情報は信用できるものが多いです。

 

 

その中に【面接でよくある質問集】も当然あります。

ですが、面接官はそういった質問は事前にチェックしていますから、それ以外の質問を聞いてきたりします。

 

話に一貫性がないと、突っ込まれます。

それはそうですよね。

 

面接官は【よくある質問】のことは、模範回答も含めて、良く知っているんですから。

模範回答通りに答えたら内定が決まる面接での瞬間とは?に当てはまるとは言えませんよね。

 

 

面接官からサヨナラされてしまいます。

そこだけは気をつけてくださいね。

 

想定問答は役に立つ?

 

 

これに対して、【想定問答】はどうでしょうか?

【想定問答】とは、【転職エージェント】に登録した人しか入手することができない情報です。

 

【転職エージェント】は企業と太いパイプがあります。

企業から信頼を得ているんです。

 

 

ハローワークや転職サイトには公開されていない、いわゆる【非公開求人】を多数保有しているのが、【転職エージェント】ですから。

当然求人票には書かれていない情報も転職エージェントの3つのメリットとは?に書いたように入手可能です。

 

 

業務内容の詳細はもちろん、その他にも応募先の組織構成、働いている人の働きぶりや人柄、残業時間のおおよその時間、有給休暇はとりやすい雰囲気か、も情報を保有しています。

そして、面接同行もアドバイザーは何度かしていますから、今まで出た質問もわかっているんです。

 

 

面接が近づくと、担当アドバイザーはあなたに【想定問答】を教えてくれます。

もちろん、模範回答ということではなく、あなたなりに考えてくださいと言われます。

当たり前ですね。

 

 

ですが、こういった情報が得られるのは転職エージェントに登録しないと得られません。

リクルートエージェントdoda のような大手転職エージェントは特に非公開求人が多いので、極秘情報も集まっていることが多いです。

 

転職エージェントの重要性は他の記事でも書いています。

もしもまだ登録していない方は、登録しておきましょう。

 

得られる情報が全然ちがってきますからね。

 

 

 

面接で役に立つのは想定問答である!

【よくある質問】と【想定問答】との比較をしてみました。

こうやって整理してみると、どちらが実際に役に立つかは、おわかりだと思います。

 

 

【よくある質問】レベルのものは、面接を受ける際の心構えと思った方がいいです。

実際の面接で質問されるとしたら、転職理由に関すること、【志望動機】に関すること、ぐらいです。

 

 

もちろん、この二つの質問は重要です。

ですが、面接のために必要な項目ではないですよね。

 

これらの回答を自問自答することは、あなたが転職活動を成功させるために必要なことなんです。

転職理由についての記事をこのブログで取り上げているのは、そういう意味があります。

 

 

【想定問答】は、インターネットや本では得ることが出来ない【転職エージェント】が保有している非公開情報です。

これを生かさない手はありません。

 

 

面接対策はご自分だけだと、どうしても現界があります。

得られる情報も限定的ですよね。

 

 

転職活動を効率的に進めるためには、転職エージェントを使うことが必要だとつくづく思いますね。

私は数回の転職経験があります。

 

転職エージェント以外での転職もありましたが、応募段階で情報が入ってこないので、半ば【かけ】になりましたよ。

私は今でも情報収集の為に、転職エージェントに登録しています。

 

情報提供をして頂けるので、重宝しています。

 

 

下記に大手転職エージェントをご紹介しています。

公式サイトをご覧になって、よろしければ登録してみてはいかがでしょう?

相談するだけであなたの未来が開けるかもしれないのです。

 

利用しない手はないと思います。

もちろんサービス利用についてはすべて無料ですので、あなたに金銭的なリスクは全くありません。

 

 

【リクルートエージェント】

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links