面接に臨む上での最低限のマナーとは?


面接では話し相手である面接官の求めている回答を推察し、安心させてあげることが一番のキーポイントです。ですが、最低限守らなければならないマナーもあります。それは何でしょうか?

入室の際のマナー

面接の始まりは、面接会場に到着する直前からです。

面接会場の近くには、面接を受ける会社の社員さんがいつどこから見ているかわからないからです。

その社員さんが採用を担当していないとしても、悪い印象は与えないようにしましょう。

別に難しいことではありません。

社会のルールを守っていれば大丈夫です。

さて、到着すると受付の方にあなたの名前と面接のアポがある時間、相手の担当の名前を伝えてください。

受付の方に、どんな感じの方だったかも面接官によっては、聞く場合があります。

【スキ】を見せないようにしましょう。

さて、いよいよ入室です。

ドアのノックについては、二回説と三回説があります。

二回説については、トイレのノックと同じなので、やめたほうがいいという意見もあります。

三回説については、無難であるという意見が多いようです。

私はどちらでも問題ないと思います。

ノックの回数よりも、ドアの向こうで【どうぞお入りください】と聞こえたら、【失礼いたします】と言って、入室することが出来れば、大丈夫です。

 

面接中のマナー

入室するとそこにイスが用意されています。

そこに進む前に、

「おはようございます。〇〇です。本日は面接の機会を与えてくださり、ありがとうございます。」

とドアの付近でお礼を言いましょう。

 

面接官がイスの方向に示しますから、「失礼します」と言いながら、イスの方向に歩きましょう。

姿勢にも注意してください。

猫背気味の方は特に注意しましょう。

 

「お座りください」と言われたら、「失礼します」と一言言って、イスに静かに座ります。

貴乃花親方ばりに深く腰掛けることは、ダメです。

浅く背筋を伸ばして、腰掛けます。

 

面接がいよいよ始まります。

相手の言葉に対するうなずきについて、同じ「ハイ」だけでは、面接官は聞いてくれているのか不安になります。

面接は相手を不安にさせなければ、成功と言えます。

 

なので、【面接とは安心】と言えるのです。

今までの入室のマナーにしても、社会人として普通ですと安心させるために、行うことです。

面接の一挙手一投足には、全て意味があるのです。

意味さえ頭に入れておけば、自然に行動出来ますし、設定が変わっても、応用が利きます。

面接の受け答えについては、本記事では書きません。

会話はキャッチボールだからです。

面接官の意図を考えて、期待される答えを返しましょう。

それが安心させる答えであれば、面接はうまくいっています。

 

退室の際のマナー

面接が終わったら、

「貴重な時間を私のために作って頂きありがとうございます。」

とお礼を言いましょう。

志望度が高い企業であれば、さらにあなたの思いを最後に言っても良いです。

面接はあなたの人柄も見られます。

演技をする必要はありませんが、アピールするのは全然アリです。

あなたのパーソナリティが相手に伝われば、それでいいです。

素に近い感じで、のぞむのが一番です。

退室の際は、ドアを静かに閉めます。

音がしないように気をつけましょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

面接に臨む上での最低限のマナーとは? はコメントを受け付けていません。 面接対策

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!