中途採用経験者だからわかるこれからの面接の傾向とは?

転職面接
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

面接対策としては出尽くした感があります。今の企業は採用基準の見直しをしています。採用経験者だからこそ話せる範囲でこれからの面接対策について書きますね。

Sponsored Links

これまでの面接対策

 

 

今までの面接対策としては企業に気に入ってもらうことが全てでした。

主なものとしては以下の通りです。

 

  • 第一印象が大事なので注意する
  • 企業研究を十分に行い、志望動機を練る
  • 会社が求めるものを察知し、安心させることが大事

 

 

面接とは安心である!でまさに書いた通りのことなのです。

日本の企業は長年このような採用活動・面接を行ってきました。 

 

ですがこれからはますます本当に実力がある人材が求められています。

AIによって取って代わるような仕事しか出来ないのでは会社が困ってしまうのです。

 

 

社内でその仕事がなくなったとしても、ほかの職務が遂行できそうな人を採用しなければなりません。

必然的に今後は採用基準が上がっていきます。

 

 

だからといって難しいことができなければいけないというのではありません。

今後は人間にしか出来ないことがより評価されるんです。

 

 

代表的な例が問題解決能力であり、調整能力です。

採用担当者も基準の見直しが喫緊の課題となっています。

 

 

試行錯誤の段階ではありますが従来の面接は変わりつつあります。

 

 

コンピテンシー面接やプレゼンテーション面接へ

 

コンピテンシー面接

 

 

言うまでもなく中途採用の面接で一番重要なことは即戦力であるということです。

入社後にミスマッチがあり退職することがあってはならないのですが、今の企業ではそういう問題を多少なりとも抱えています。

 

 

それは採用担当者の問題もあります。

面接官によっては応募者の職務能力を把握出来ずに内定を出してしまう場合も少なからずあるからです。

 

 

それをゼロにする事は出来ませんがある程度採点項目を細かくわかりやすくすることは可能です。

質問する項目を詳細にあらかじめ設定しておくことで面接官によるバラツキを減らすことが可能です。

 

このような考え方に基づいた面接がコンピテンシー面接です。

採用基準を明確にしないと企業の存続に関わってきます。

 

 

今までよりしっかりとスコアをつけることで応募者の強みや弱みが点数化されます。

合否の判定も面接する側もされる側も大変になりますが、従来よりもずっと公平なものになります。

 

 

結果よりも行動パターンを把握することに重点を置きます。

職務経歴書では「〇〇を達成」としか書いていない場合には、それは上司の指示なのか?自ら率先しての結果なのか?で全然違いますからね。

 

これからは結果も重要ですが、それよりもそこに至ったプロセスが重視されるんです。

人間力を測る手段としてコンピテンシー面接があります。

 

 

なぜ行動パターンを重視するのかというと問題解決能力や調整能力を把握するのに適した方法だからです。

詳細はこれからのコンピテンシー面接の必要性と対策とは?にも書いてありますので、こちらの記事もご一読頂ければと思います。

 

プレゼンテーション面接

 

プレゼンテーション面接はもっとわかりやすいと思います。

学生時代や社会人の時に論文やレポートなどでプレゼンテーションを行った経験がある方は多いと思います。

 

 

仮に経験がなくても転職エージェントで面接対策として行ってくれるので心配はありません。

要は慣れですから。

 

プレゼンテーションはあなたの成果をわかりやすく説明する場です。

コンピテンシー面接と合わせて行う場合も試行されています。

 

 

従来の面接対策に加えて、これからは色々と準備が必要です。

そのために転職エージェントを利用するのは一番手軽ですし、適切なアドバイスをくれます。

 

 

面接の練習はやはり一人でやるより転職エージェントに見てもらった方がずっと良いのです。

求人紹介以外にも転職エージェントの使い方としてはたくさんあります。

 

 

まとめ

 

 

  • 今は採用担当者も試行錯誤している状態
  • 従来の面接対策に加えて、コンピテンシー面接やプレゼンテーション面接対策をしよう。
  • 転職エージェントにアドバイスをもらいながら面接の練習をするのが一番効果的です。

 

 

 

【リクルートエージェント】

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links