面接マナーは最低限で構わないわけは?【採用担当経験から断言します】

面接対策
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

面接に臨むにあたって、面接マナーは重要です。ですが、これは最低限で構いません。もっと重要なことがあります。それは...

Sponsored Links

面接マナーは最低限で構わないわけは?

 

面接マナーを守ることはもちろん重要なことです。

 

面接に臨む上での最低限のマナーとは?【回答の内容の方が重要です】
面接では話し相手である面接官の求めている回答を推察し、安心させてあげることが一番のキーポイントです。ですが、最低限守らなければならないマナーもあります。それは何でしょうか?

 

中途採用の面接においては、社会人を経験していれば新卒採用のような厳しいチェックはありません。

違和感があれば、もちろんアウトです。

 

「この応募者は今まで会社で普通にコミュニケーションをとってきたな。」と面接官が納得すれば、それ以上は深追いしません。

質問したいことはほかにも山ほどあるわけですから。

 

私は前職でかなりの数の面接を行ってきました。

このことから言えることがあります。

 

採用担当経験から面接マナーは最低限で構わないと断言できます。

 

それ以上に重要なことがあるからです。

それは何でしょうか?

 

新卒の面接ではないので重要視するのは【コアスキル】です。

職務経歴書に書かれている内容の再現性を確認するのが面接の役割です。

 

実際に会って話を聞いてみないと、応募者のコアスキルはわからないからです。

職務経歴書に書かれている内容と期待しているスキルにズレがあることは面接をしないとわかりません。

 

これが面接の一番の目的であり、面接マナーは最低限で構わないのです。

 

 

ヒューマンスキルとテクニカルスキルの方が重要

 

面接で面接マナーなどより重要なことがあります。

以下の二点です。

 

・あなたがどんな人なのか?つまり「ヒューマンスキル」

・あなたがどんなスキルを持っているのか?つまり「テクニカルスキル」

 

書類選考を通過しているわけですから、最初に知りたいのは、あなたの人柄です。

人柄といっても、ビジネスマンとしての【ヒューマンスキル】を知りたいのです。

 

別にいい奴である必要はありません。

面白い人である必要もないんです。

 

例えば当たり前ですが【ホウレンソウができる人か?】とか。

【他社との折衝や他部署との調整能力があるか?】も当然必要な能力です。

 

面接の一問一答を通して、この応募者は人の話をよく聞いて理解できる人かがチェックされます。

コミュニケーションがきちんととれる人かは面接しないとわからないことです。

当たり前ですが書類選考ではヒューマンスキルを把握することはできません。

 

テクニカルスキルは職務経歴書の確認が原則ですので、きちんと説明できない記述は書かない方が良いと思います。

テクニカルスキルについては、求人で要求されているものは必須ですが、それしか出来ないというのではまずいです。

 

「〇〇の経験はありませんが、〜の経験がありますので、対応できると思います。」とか、場合によっては、対応出来ますと言い切りましょう。

とはいえ、ウソはいけません。

 

あなたが今持っているスキルで楽に出来ることであれば、転職する必要もないですしね。

少し頑張って出来そうなことであれば、前向きに答えましょう。

 

 

面接対策、3つの正攻法

 

面接テクニックを使って、面接に臨むことが最も危険です。

面接官はそれに食傷気味だからです。

 

  • 転職サイトに書かれているノウハウ
  • 転職本に書かれているノウハウ。

 

これらのノウハウについてはもちろん面接官は把握しています

数多くの面接を行っているので、当たり前ですね。

 

面接テクニックは全く通用しないと考えた方が良いです。

それよりも正攻法で面接対策をしましょう。

 

  • 転職エージェント推薦での応募で求人情報を収集します。
  • 口コミサイト転職会議などで企業研究を行い、志望動機を深掘りします。
  • 求人票の職務内容が職務経歴書の内容とマッチングすることを確認します。

 

これらを踏まえた面接対策をしましょう。

 

まずは求人情報を収集します。

直接応募の場合はこの部分が大変だと思います。

 

リクルートエージェント などの転職エージェント推薦での応募の場合は求人票に書かれていること以上の情報を得ることが可能です。

転職活動は転職エージェントを利用する方で有利に進められます。

 

それでも直接応募を選択しますか?【エージェントは採用の外注化】
世の中には誤った情報があふれています。ご自分の体験から感情論だけで発信しているものが多いようです。本ブログの記事は感情論は全くなしで書いています。面白みに欠けるかもしれません。しかし採用担当者、転職経験者の両方の立場がわかる筆者だからこそ本当の情報発信はできていると自負しています。今回は「直接応募した方が採用される」というとんでもない誤解について、明確に否定することから始めさせて頂きますね。

 

次は志望動機です。

転職会議には会社の評判が書かれていますので、応募するかの材料として参考にしましょう。

 

企業の事業内容をよく研究することと、業務内容の調査がカギとなります。

自らが働いているイメージを持てれば、具体的に深掘りができます。

 

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?
転職を決意した時には、明確な転職理由があるはずです。求人に応募する際の志望動機は、転職理由とどう関連付けるべきなのでしょうか?

 

最後の「求人票の職務内容が職務経歴書の内容とマッチングすることを確認」については、あなた一人では対応は難しいでしょう。

こういう場合こそ転職エージェントを利用することで、これらの面接対策が出来ます。

 

事前に転職エージェントでしか知りえない求人情報を得ることが出来ます。

職務経歴書の内容とのマッチング度合いもわかるのです。

 

面接マナーはもちろん、それより重要な情報収集ができるのが転職エージェント推薦での応募です。

 


リクルートエージェント
登録しておきたい総合型転職エージェント8選!【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。

【メリット・デメリット付】おすすめの転職エージェント12選【上手く利用しよう】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。 転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。 転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。 上記の疑問やお悩みにお...

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links