面接マナーは最低限で構わないわけは?


面接に臨むにあたって、面接マナーは重要です。ですが、これは最低限で構いません。もっと重要なことがあります。それは...

面接マナーを守ることは重要です

面接マナーを守ることはもちろん重要なことです。

中途採用の面接においては、社会人を経験していれば、新卒採用のような厳しいチェックはありません。

違和感があれば、もちろん【アウト】です。

しかし、【この応募者は今まで会社で普通にコミュニケーションをとってきたな。】と面接官が思えば、それ以上は深追いしません。

質問したいことが山ほどあるわけですから。

 

私は前職でかなりの数の面接を行ってきました。

その経験からも面接マナーは最低限で良いと言えます。

それ以上に重要なことがあるからです。

それは何でしょうか?

 

面接でもっと重要なことは?

面接で面接マナーなどより重要なことがあります。

・あなたがどんな人なのか?

・あなたがどんなスキルを持っているのか?

この二点です。

 

書類選考を通過しているわけですから、最初に知りたいのは、あなたの人柄です。

人柄といっても、ビジネスマンとしての観点です。

別にいい奴である必要はありません。

面白い人である必要もないんです。

 

例えば当たり前ですが【ホウレンソウができる人か?】とか。

【他社との折衝や他部署との調整能力があるか?】も当然必要な能力です。

会計がわかっていることも大事です。

つまり、会社の利益はどのようなコスト構造から生まれるかは理解していないといけません。

 

たとえスタッフレベルだとしても、常に会社経営の視点を持っているかどうかは見られていないようで、見られているんです。

そして経営の視点がある人は早めに出世します。

この辺りは、書類選考ではわからない部分です。

まさに面接で確認したいと面接官は思っています。

面接の一問一答を通して、この応募者は人の話をよく聞いて理解できる人かがチェックされます。

 

地頭がいいかもわかります。

もともと持っている頭の良さは、企業にとっては欲しい人材になります。

地頭がいい人であれば、今までの経験から多少はみ出したことでも、こなせることが多いからです。

 

これらを踏まえて、どんな人なのか?が評価されます。

スキルについては、求人で要求されているものは必須ですが、それしか出来ないというのではまずいです。

【〇〇の経験はありませんが、〜の経験がありますので、対応できると思います。】

とか、場合によっては、対応出来ますと言い切りましょう。

とはいえ、ウソはいけません。

 

あなたが今持っているスキルで楽に出来ることであれば、転職する必要もないでしょう。

背伸びすれば、出来そうなことであれば、前向きに答えましょう。

 

面接テクニックに惑わされるな!

面接テクニックを使って、面接に臨むことが最も危険です。

面接官はそれに食傷気味だからです。

いわゆる、転職サイトに書かれているノウハウ。

転職本に書かれているノウハウ。

 

これらはすべて、面接官は知っています

業務として採用を行っているので、当たり前です。

面接テクニックは全く通用しないと考えた方が良いです。

 

それよりも正攻法で面接対策をしましょう。

  • 企業研究を行います。
  • 職務研究を行います。
  • 求人情報を収集します。

これらを踏まえて、面接対策をします。

 

まずは、志望動機ですね。

仕事内容のイメージを持って、聞きたいことはあらかじめ、リストアップします。

 

転職エージェントを利用することで、これらの面接対策が出来ます。

事前に転職エージェントでしか知りえない求人情報を得ることが出来ます。

もちろん、面接の練習も行えますし、希望すれば面接同行も可能です。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

面接マナーは最低限で構わないわけは? はコメントを受け付けていません。 面接対策

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!