転職エージェントを利用する上で費用はかかるのか【完全無料です】

転職エージェント
この記事は約8分で読めます。

 

 

転職エージェントを使いたいが費用面で悩んでいる人「転職エージェントを使いたいが、費用がかかるのか心配。転職エージェントは費用がかかるのか知りたい。もし転職エージェントの費用がかからないのなら、その理由も知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

転職初心者の悩みで多いのは転職エージェントの費用問題。
結論から言えば求職者は完全無料で転職エージェントを利用することができる。
転職エージェントは企業から成功報酬をもらうビジネスモデルなので、転職エージェントにとっては求職者は商品ということ。
売上至上主義のエージェントは交代すべき

 

ちなみに筆者は採用担当を前職では経験していて、転職経験も3回ほどあります。

採用担当のときは転職エージェントと契約し、費用も支払っていましたし、求職者としても転職エージェントを50社以上は利用しています

 

転職エージェントの費用面については仕組みも含めて理解しています。

それが記事の根拠です。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職エージェントを利用する上で費用はかかるのか【完全無料です】
  • 転職エージェントの費用がかからない理由とは?
  • 転職エージェントは費用無料なので、使いたおせ

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職エージェントを利用する上で費用はかかるのか【完全無料です】

 

結論「転職エージェントを利用する上で費用はかかることはない」

 

転職初心者が特に疑問に思い、不安になる点です。

転職エージェントは職務経歴書の添削や面接同行までしてくれるので「費用がかかって当然ではないか?」と思ってしまいますよね。

 

結論から言えば、転職エージェントを利用する際に費用請求されることはありません

完全無料で使えますので、安心してください。

 

転職エージェントの費用面について、誤解しているととても便利なものも使わずに損してしまいます。

転職エージェントの費用がかからない理由についての詳細は、後述します。

 

転職活動では転職エージェントを利用しないのは、とてももったいないです。

転職エージェントは費用がかからずに、以下の転職支援サービスを提供してくれます。

 

  • キャリア相談
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 求人紹介、企業への推薦
  • 求人情報の提供
  • 転職面接の想定問答提供、事前練習
  • 転職面接日程の調整、同行
  • 年収交渉
  • 退職アドバイス

 

上記は少しくらい費用を払ったとしても、有難いサービスですから、転職エージェントを使わない手はありません。

転職エージェントをうまく使うことで、転職活動が効率的にできます。

 

転職初心者の方の場合は「転職は何から始めたらいいか?」がわからないと思います。

転職活動の手順はほとんど決まっていて、以下の通りにやればうまくいきます。

 

  • ハローワークに登録する
  • 転職理由を明確にする
  • 転職サイトでニーズを調査する
  • キャリアの棚卸し・自己分析を行う
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェントの推薦で求人応募する

 

 

ハローワークは転職活動を始める前に登録するだけです。

いざというとき、失業手当をもらうためです。

 

転職サイトを使うのは、あなたが希望する業種・職種の求人数をリサーチするためです。

リサーチした結果、ニーズがないことがわかれば、転職を早いうちからあきらめることができるからです。

 

本格的に転職活動に入り、求人応募するのは転職エージェント推薦です。

ハローワークや転職サイト経由の応募だと「どこの誰だかわからない」ので、選考では不利なのです。

 

企業と転職エージェントとは信頼関係にあります。

信頼するエージェントが推薦した候補者であれば「まずは会ってみよう」と思うのが人情です。

 

ほかの転職方法に比べて、転職エージェントはずっと有利です。

転職ノウハウも身につきます。

 

それで転職エージェントの費用は全くかからないのです。

転職エージェントを利用しないのは、とてももったいないです。

 

 

転職エージェントの費用がかからない理由とは?

 

結論「転職エージェントは企業から成功報酬をもらっているため、費用がかからない」

 

転職エージェントの費用がかからないのは、そのビジネスモデルが理由です。

転職エージェントのビジネスモデルはとてもシンプルです。

 

  • 企業が転職エージェントに欲しい人物像を依頼
  • 転職エージェントは企業が欲しがっている人にマッチングする候補者を探す
  • 転職エージェントは候補者を企業に推薦する
  • 候補者と企業とで雇用契約が成立したら、成功報酬を企業は転職エージェントに支払う

 

企業が転職エージェントに支払うフィーは、想定年収の30%程度です。

企業にとっては、転職面接はし放題なので、お金を支払う価値はあるのです。

 

企業ですべての採用活動をすると、人件費がとても高くなります。

それであれば、採用活動の一部を転職エージェントに外注する方が得なのです。

 

転職エージェントが推薦する候補者に大外れはありませんでした。

直接応募の場合ですと、書類選考の段階でピンからキリまでバラツキがかなりあります。

 

自分の意志で応募できる直接応募は、質がいいとは言えません。

転職エージェント推薦であれば、書類選考の段階でスクリーニングされています。

 

求職者は転職エージェントにとっては大事な商品であるため、費用がかからないのです。

転職エージェントの顧客は企業であることを常に認識しておきましょう。

 

転職エージェントとキャリア相談する際も「企業に推薦しても問題ないか?」がチェックされています。

緊張することはないですが、転職エージェントは企業の意向を第一に考えています。

 

転職エージェントの費用がかからないのは、このような理由があるのです。

転職エージェントはコンサルタントによりますが、必ずしもあなたの味方ではありません。

 

あなたは企業に推薦される候補者になる必要があります。

保有スキルが高ければ、問題はありませんので、きちんと自己分析しましょう。

 

転職エージェントから求人紹介されない人がいるのは、このような理由からです。

転職をするからには、活かせるスキルを持っていなければなりません。

 

転職エージェントを利用する上で、費用がかからない理由については先ほど解説した通りです。

とはいえ、優秀なコンサルタントはあなたのことも考えて、求人紹介してくれます。

 

売上至上主義のコンサルタントだと思ったら、すぐに担当者変更を依頼しましょう。

 

 

転職エージェントは費用無料なので、使いたおせ

 

結論「転職エージェントには利用されないように気を付けて、使いたおせ」

 

先ほど転職エージェントのビジネスモデルについて解説しました。

転職エージェントのコンサルタントによっては、強引に転職させようとする人がいるのも事実です。

 

そのようなコンサルタントにあたったら、別の転職エージェントを使うか、担当者を変更しましょう。

そうじゃないと「転職エージェントに利用されてしまう」からです。

 

本来は転職活動を効率的に進めるために転職エージェントを使うのです。

例えば、ハローワークや転職サイトで応募したい求人を見つけたとします。

 

その場合でも、その求人について転職エージェント経由で応募できないか聞いてみましょう。

全ての求人が転職エージェント推薦で応募できるとは限りません。

 

転職エージェントと求人を出している会社とで、以前に契約のことなどでもめたことがあれば難しいでしょう。

逆に今まで何の接点がない企業であれば、顧客が増えますので、転職エージェントは喜んで営業にいくでしょう。

 

転職エージェントは使いたおしてなんぼです。

間違っても、強引なコンサルタントの言う通りにはならないことです。

 

そうなりそうなときは逃げてしまって構いません。

あなたの転職活動を邪魔するコンサルタントなんて、最低です。

 

転職エージェントは他にもたくさんあります。

能力のあるコンサルタントもたくさんいます。

 

転職エージェントは費用がかからないのですから、良いコンサルタントに出会えるまで、あきらめずに使い続けましょう。

転職エージェントは使いたおすもので、使われるものではありません。

 

それだけはいつも頭に入れておきましょう。

Good Luck!

 

 

 

 

コメント