転職エージェントの基本的な利用方法は?


転職エージェントを選んだあとは、それを上手に利用する必要があります。どのように活用するのがよいのでしょうか?

 

コンサルタントとのコミュニケーションが第一!

転職エージェントに登録すると、あなたにはこれから転職成功まで、担当のコンサルタントが転職のプロとして、さまざまなアドバイスをしてくれます。

ビジネスライクに接して来るコンサルタントがほとんどですが...

なので、コミュニケーションは定期的にこちらから積極的に取っておいた方がなにかとお得です。

コンサルタントはあなた1人を担当しているわけではありません。

優先順位をつけているはずです。

コンサルタントも人間ですから、必ずしも優秀な順番にきっちり優先順位をつけているとも限りません。

あなたを少しでもコンサルタントにとって、気になる存在にしておくことは、かなり重要です。

登録したらそのままの方がいらっしゃいますが、それではあまりにももったいないですよね。

求人を紹介してくれるところと、そうでもないところを見極めるためにも、コンサルタントとのコミュニケーションは週に一度くらいはとりましょう。

電話でもメールでも良いです。

コンサルタントが電話好きの方なら、電話にしましょう。

ベテランの方ほど、電話で伝える傾向があります。

あとはコンサルタントの性格にもよりますが、用件以外はクドクドと世間話をしても仕方ないです。

なので、『私に紹介できそうな求人はありそうでしょうか?』と聞くだけでもよいです。

でもきちんと挨拶はしてくださいね。

いきなり、求人のこと聞くよりも、ちょっとだけ近況を報告してから、聞くのも良いでしょう。

求人は突然に発生するものです。

そして、その日のうちに締め切られるのも日常茶飯事です。

その時に誰に声をかけるかはコンサルタント次第ですよね。

仲良くしておいて損はないですよ。

 

紹介された求人を精査する!

週に一度くらいはコンサルタントとコミュニケーションをとっていれば、だんだんと求人の紹介が増えてくると思います。

問題は紹介された求人があなたの希望とあまりにもかけ離れていないかです。

少しでもあなたが努力すれば出来そうな仕事内容の求人でしたら、ぜひ応募してください。

今までの経験では難しいと感じたら、紹介してくれた理由をぜひ聞いてみてください。

コンサルタントにしかわからないあなたの強みを見つけたのかもしれないからです。

その場合も、応募することをオススメします。

転職活動も数をこなすことで慣れる部分が多いのです。

よくわからない理由で紹介された求人でしたら、断りましょう。

担当者を変えてもらうのもいいでしょう。

その方があなたにとっても、転職エージェントにとっても、happyです。

 

求人紹介の頻度をチェックする!

コンサルタントとのコミュニケーションもとっていて、紹介される求人もあなたにマッチングしている場合は、ぜひその転職エージェントを大切にしてください。

転職エージェントという性格上、紹介される頻度はそう多くはないかもしれません。

大手の転職エージェントの場合は、求人数が多いため、私の場合はほぼ毎日、求人の紹介がありました。

あまりにも紹介される求人が少ない場合は、時間がもったいないですよね。

別の転職エージェントに登録にいくのがよいと思います。

求人のスケジュール管理は転職エージェントがやってくれます。

ほかの進行中求人には注意する必要がありますが、それくらいなので、全部を管理するよりはずっと楽です。

転職エージェントには、完璧を求めすぎず、うまく利用しましょう。

使い方次第ではかなり強力なツールになります。

そして、転職エージェントには公開されていない求人を8割程保有しています。

ハローワークや転職サイトでは見つからない求人です。

企業が非公開にする理由はいろいろあります。

 優秀な人が欲しいとか、後悔したくないプロジェクトの募集だったりです。

そういった場合は、企業は転職エージェントに優秀な人を紹介して欲しいと依頼するんです。

なので、転職エージェントをうまく利用することは転職活動にとって、必須といってよいでしょう。


業界大手の転職エージェントといえば、『リクルートエージェント』です。

豊富な求人数、多くの非公開求人、コンサルタントの質の高さ、どれをとってみても一流です。

紹介された求人や応募した求人の管理はパソコンやスマホでも管理できるので、自分でわざわざ管理する必要がありません。

私ももちろん登録しています。

⇒リクルートエージェントの公式サイトはこちら


 

トップへ戻る

コメントを残す