求人応募する前に最低限確認しておくべき二つのこととは?【超簡単】

求人応募
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

ハローワーク、転職サイト、転職エージェント経由の求人に関わらず応募前に最低限確認しておくべきことがあります。それは...

Sponsored Links

求人応募する前に最低限確認しておくべきこと1:仕事内容(職務)

 

まずは求人票に書かれている仕事内容を確認します。

ハローワークの求人票にはあまり詳しく仕事内容が書かれていません。

 

その場合は職業相談を必ず行い、疑問点は解決しておきましょう。

仕事内容とは職務のことです。

 

職務とは具体的にどんな仕事をするのか?ということです。

なので応募しようとする求人の仕事内容とあなたの職務経歴書に書かれているスキルや経験との重なりが多い方が望ましいのです。

 

完全一致していなくても、求人票に書かれている仕事内容と何らかの一致点がないと応募しても難しいです。

未経験の求人に挑戦する場合でも、職種についてはなるべく変えない方が良いです。

 

業界を変えるのは「アリ」だと思いますが、職種を変えると今までの経験が活かせません。

それは今後業界再編が進み、第四次産業革命後にはどうなるかわからないからです。

 

業界・職種を変えるキャリアチェンジもありますが、収入も下がりますのであまりおすすめしません。

ただ未だ20代であればキャリアチェンジも十分に「アリ」です。

 

まだまだやり直しがきく年齢です。

その場合でもハローワークを使うとどの求人に応募して良いかわからないものです。

 

転職サイトにしてもあなたが求人検索するわけですから同じことです。

やはり就職のアドバイスをしてくれる転職エージェントを使うのがベストです。

 

20代向け転職エージェントがありますのでそこを利用するのです。

一般の総合型転職エージェントはスキルがある方向けですからね。

 

20代の方の特徴は社会人経験が短いか全くないということです。

なので、紹介される求人は書類選考は免除になるところもあります。

 

企業に訪問して職場を見学しているのでブラック企業は排除してあなたに紹介します。

一度ご相談してみては如何でしょうか?

 

 

いずれにせよ、まずはあなたが転職を決意した時の転職理由と一致していることがポイントです。

転職活動に入る前、就職活動に入る前にあなたは転職を決意する前にやるべきことは?に書かれているように転職理由を明確にしたと思います。

 

その時のことを忘れずに転職活動を続けるのが成功のコツです。

 

 

求人応募する前に最低限確認しておくべきこと2:希望条件の確認

 

仕事内容が転職理由にピッタリだとしても、あなたには仕事以外で譲れない条件があると思います。

私の場合は勤務地でした。

 

家庭の事情で通える範囲というのが私にとっての希望条件でした。

ここでは優先順位をつけることがポイントです。

 

収入面を優先すれば、勤務地は犠牲にせざるを得ないでしょう。

福利厚生面を重視する方ももちろんいらっしゃいます。

 

外資系企業であれば収入は高くても福利厚生は犠牲になりがちです。

 

このようにあなたの譲れない希望条件は大事にしましょう。

あなたの「生き方」にもつながるのですから。

 

転職先で長続きするかどうかも希望条件がかなえられているかが大きいです。

 

良い条件で転職すれば仕事が少々辛くても、すぐに辞めようとはならないです。

面接辞退した企業に再応募は可能か?のように再応募をしたいと考える場合は殆どがこの譲れない条件が忘れられないことが多いのです。

 

逆にこの確認を疎かにすると土壇場で面接辞退や内定辞退につながってしまいます。

慎重に確認しましょう。

 

そのためのお手軽なツールとしては口コミサイトがあります。

口コミサイトは数多く存在しますが転職会議が良いと私は思います。

 

私ももちろんユーザーです。

転職活動時には重宝しました。

 

登録するとその会社の口コミはもちろん、年収もわかるんです。

応募する前にあなたの年齢でどれぐらいの年収かはこれを見ればだいたいわかります。

 

求人票では幅が大きく参考にはなりませんからね。

仕事内容と希望条件。

この二つは求人に応募する際にクリアすべき点です。

 

 

求人応募する前に最低限確認しておくべきこと:まとめ

 

最低限応募の際に確認すべきことは以下の二点です。

 

  • 仕事内容が転職理由とほぼ一致していることを確認する
  • どうしても譲れない希望条件がクリアになっていることを口コミサイト転職会議で確認する

 

 

 

Sponsored Links

コメント