ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?


ヘッドハンティングという言葉は聞いたことがあると思います。正確な定義を知ることは転職活動において、とても重要です。ヘッドハンティングとはなんでしょうか?

 

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングという言葉はちまたでは結構、使われていますね。

ですが、正確な意味でのヘッドハンティングとしては使われていないようです。

本ブログでは転職活動がテーマです。

ヘッドハンティングについては、悪質なヘッドハンターに引っかからないためにも、よく理解しておきましょう。

実はヘッドハンティングとは、社外から取締役クラスの優秀な経営層を社外から引っぱってくることをいいます。

同業他社の現場レベルの優秀な人でも引き抜きがあります。

日本のエンジニアが韓国に引き抜かれたのは、ヘッドハンティングの典型的な例です。

その場合、転職活動を行っている人が対象となることは稀で、現役バリバリで働いていて、その業界で仕事のできる人が主なターゲットとなります。

本来の意味はそうなので、転職サイトや転職エージェントに登録して、ヘッドハンティングされるというのは、日本語としては間違っているんですね。

ではこの場合は何と言うのでしょうか?

 

スカウトとの違いは?

【リクナビNEXT】のような転職サイトに登録すると、必ずといっていいほどあるのが、スカウト機能です。

これは、登録したレジュメを企業や転職エージェントが閲覧して、【応募しませんか?】とオファーが来るものです。

スカウトの中には、自動マッチング機能を使ってオファーを出している企業もあるので、注意が必要です。

スカウトが来たら、そのような求人が自分にとって相応しいかを考えてから、回答しましょう。

ということで、

転職活動を行っている方が対象になるのがスカウトであり、そうでない人も対象になるのがヘッドハンティングです。

なので、全然違うんです。

ヘッドハンティングは、ヘッドハンターと呼ばれる専門職が行うことが多いです。

彼らの多くは転職エージェントに所属しています。

転職エージェントにも種類があります。

殆どは登録型と呼ばれているものです。

もう一つは、サーチ型と呼ばれるものです。

ヘッドハンティング型とも呼ばれている転職エージェントのことです。

サーチ型という名前通り、登録された人材からマッチングした人を探すのではなく、殆ど人海戦術で人脈を使って、優秀な人材を探し出します。

ある日突然、ヘッドハンターから連絡があるのです。

『現状に満足していますか?』

『とても良い求人をご紹介できます』と。

何か怪しいですよね。

なので、偽物もいるようですのでご注意ください。

経営陣でもないのに、そのような話が来たら疑いましょう。

即答は危険です。

 

ヘッドハンティング型転職サイト【ビズリーチ】

【ビズリーチ】は、ヘッドハンティング型の転職サイトです。

本来の意味からすると、転職活動を行っている方へのオファーなのでスカウトということですが、求人の質が好待遇で、最低でも年収1千万円なので、ヘッドハンティングに近いとも言えます。

【ビズリーチ】では、2通りの使い方があります。

 求人を検索し、直接応募

 ヘッドハンターからのオファー

転職サイトを活用できるのは後者です。

ちなみに、私もこの転職サイトを使っています。

企業名は出せませんが、こんな感じでオファーが来ます。

年収にも偽りはなく、1000万円以上の求人ばかりでした。

【ビズリーチ】のスカウトは転職エージェントから来るので、求人の質も良いのです。

他の転職サイトとは一味も違いますよ。


【会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』って??】

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト「ビズリーチ」。

2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介され 現在会員数80,000名以上、掲載求人数5,900件以上ヘッドハンター520名以上の 日本最大級の管理職向け転職サイトです。

⇒年収1000万円以上の転職サイト【ビズリーチ】の登録はこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

コメントを残す