【ビズリーチ】ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?【おすすめ】

エグゼクティブ転職
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

ヘッドハンティングの意味がイマイチわからず悩んでいる人「ヘッドハンティングという言葉は聞いたことがあるが、正確な意味は説明できない。似ている言葉としてスカウトがあるが、ヘッドハンティングとの違いは何なのだろうか?」

 

上記のお悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

ヘッドハンターとスカウトとの違いが判らない方は、ググってみましょう。ヘッドハンティングは転職活動をしていない方も対象になります。スカウトは転職サイトから「この求人に応募しませんか?」といういわゆるDMのようなもの。スカウトを受けても喜んではいけませんよ。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

採用担当経験、そして3回の転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?【全然ちがう】
  • ヘッドハンティングの対象は経営層が原則
  • ヘッドハンティング型転職サイト【ビズリーチ

 

では一つずつ解説します。

 

 

ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?【全然ちがう】

 

結論「スカウトはDM、ヘッドハンティングは本当に仕事が出来る人が狙われる」

 

スカウトはぶっちゃけDMのようなもの

 

リクナビNEXTのような転職サイトに登録すると、必ずといっていいほどあるのがスカウトです。

これは登録したレジュメを企業や転職エージェントが閲覧して、【応募しませんか?】とオファーが来るものです。

 

スカウトの中には自動マッチング機能を使ってオファーを出している企業もあるので、注意が必要です。

スカウトが来たらそのような求人が自分にとって相応しいかを考えてから、回答しましょう。

 

 

ヘッドハンティングはサーチ型転職エージェントが行うことが多い

 

ヘッドハンティングは経営層に対してのオファーです。

取締役がヘッドハンティングの対象になるので、スカウトとは違いますよね。

 

ヘッドハンターからのオファーを受ける人は転職サイトを使っている場合は少ないと思います。

転職活動を行っている方が対象になるのがスカウトであり、必ずしも転職活動をしていない経営層が対象になるのがヘッドハンティングです。

 

なので、全然違うんです。

ヘッドハンティングは、ヘッドハンターと呼ばれる専門職が行うことが多いです。

 

彼らの多くは転職エージェントに所属しています。

転職エージェントにも種類があります。

 

殆どは登録型と呼ばれているものです。

もう一つは、サーチ型と呼ばれるものです。

 

ヘッドハンティング型とも呼ばれている転職エージェントのことです。

サーチ型という名前通り登録された人材からマッチングした人を探すのではなく、殆ど人海戦術で人脈を使って、優秀な人材を探し出します。

 

ある日突然、ヘッドハンターから連絡があるのです。

『現状に満足していますか?』

 

『とても良い求人をご紹介できます』と。

何か怪しいですよね。

 

中には詐欺まがいのヘッドハンターもいるようですのでご注意ください。

経営陣でもないのに、そのような話が来たら疑いましょう。

 

即答は危険ですので、避けましょう。

注意した方がいいヘッドハンターの例を以下にあげます。

 

  • 名刺も出さず、どこの誰かわからない(論外)。
  • マッチングしているとは思えない求人をゴリ押ししてくる。
  • 応募をせかし、転職を急がせる。
  • ヘッドハンティングされるほどの実績をあげていない。

 

このようにヘッドハンティングとスカウトは全く違うものなのです。

次にヘッドハンティングについて少し詳しく書きますね。

 

 

ヘッドハンティングの対象は経営層が原則

 

結論「ヘッドハンティングの対象は取締役クラス」

 

ヘッドハンティングという言葉がちまたでは結構使われていますよね。

ですが正確な意味でのヘッドハンティングとしては使われていないようです。

 

本ブログでは転職活動がテーマですので、用語も正確に使うようにしています。

あなたも悪質なヘッドハンターに引っかからないためにも、正しい意味をよく理解しておきましょう。

 

実はヘッドハンティングとは、取締役クラスの優秀な経営層を社外から引っぱってくることをいいます。

同業他社の現場レベルの優秀な人でも引き抜きがあります。

 

日本のエンジニアが韓国に引き抜かれたのは、引き抜きの典型的な例です。

引き抜きとヘッドハンティングとは現場レベルの優秀な人材か経営層かで明確に区別されます。

 

ヘッドハンティングにしろ、引き抜きにしろ、転職活動を行っている人が対象となることは稀で、現役バリバリで働いていて、その業界で仕事のできることで有名になっている人が主なターゲットとなります。

ヘッドハンティングの本来の意味はそうです。

 

転職サイトや転職エージェントに登録して、ヘッドハンティングされるというのは日本語としては正しくないんです。

 

 

 

ヘッドハンティング型転職サイト【ビズリーチ】

 

結論「ビズリーチは求人の質が良く、ヘッドハンターがオファーをする珍しい転職サイト」

 

ビズリーチサーチ型、ヘッドハンティング型の転職エージェントです。

転職活動を行っている方のための転職エージェントなので、企業で活躍しつつ良い求人を待てばよいのです。

 

求人の質が好待遇で最低でも年収1千万円~2千万円ですので、年収で心配する必要はありません。

 

 

ビズリーチでは、2通りの使い方があります。

 

  • 求人を検索し、直接応募
  • ヘッドハンターからのオファー

 

転職サイトを有効活用できるのは後者です。

もちろん、私もこの転職サイトを使っています。

 

企業名は出せませんが、こんな感じでオファーが来ます。

 

 

ビズリーチは有料でサービスを利用できますが、無料でもスカウトはきます。

基本的には無料会員でスカウトを待ち、良い求人のオファーがあったら、有料会員に切り替えて応募する使い方がお金がかからない方法だと思います。

 

ビズリーチは求人の質は高いですが、他の転職サイトのようにオファーが大量に来ることはありません。

企業なり転職エージェントがあなたの職務経歴、レジュメをよく精査した上での良質なオファーですので、求人数はそんなにないのです。

 

なので基本的にはオファーが頻繁に来るまでは、無料会員でよいのです。

オファーが頻繁に来れば、必ず応募したくなるでしょう。

 

年収にも偽りはなく、1000万円以上の求人ばかりでした。

ビズリーチのスカウトは転職エージェント、企業の双方から来るので、求人の質も良いのです。

 

他の転職サイトとは一味も違いますよ。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイトのビズリーチです。

 

2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されています。

 

  • 現在会員数80,000名以上
  • 掲載求人数5,900件以上
  • ヘッドハンター520名以上

 

日本最大級の管理職向け転職サイトです。

今はテレビCMでも有名ですね。

 

ビズリーチ

 

 

 

Sponsored Links

コメント