知らなきゃ損する転職サイトの真相【実は3つのパターンが存在する】

転職サイト
この記事は約5分で読めます。

転職サイトといっても、実は3つのパターンが存在するんです。登録するときに、これはこんなサイトなんだと理解しているといないとでは、転職活動の効率が違いますよ。

知らなきゃ損する転職サイトの真相【3つのパターンが存在する】

 

転職サイトのことをおそらく、あなたはご存じだと思います。

転職活動するときに、必ずといっていいほどお世話になる『転職サイト』。

 

 

有名な転職サイトでもよく見てみると違うんです。

ポイントは求人の応募方法です。

 

 

求人の観点から転職サイトは実は3つのパターンがあります。

 

  • 掲載求人は企業がメインの転職サイト
  • 転職エージェント保有求人の転職サイト
  • 企業・エージェントともに求人掲載されている転職サイト

 

一つずつ解説します。

 

 

掲載求人は企業がメインの転職サイト

 

 

代表例はリクナビNEXTです。

求人案件は企業が掲載しているものです。

 

 

ただ全ての求人が企業掲載でないところが転職サイトをややこしくさせています。

最初は転職サイトごとに利用法を決めてしまうのも良いと思います。

 

応募はウェブサイト上から気軽に出来ます。

この種の転職サイトは、企業に直接応募書類が送られます。

 

 

それ以降、書類選考、面接、内定まで、企業とあなたとのやりとりとなります。

これについては、ハローワークと同じですね。

 

 

 

応募ボタンを押すと企業に直接届くということを知っていると知らないとでは違います。

企業に直接応募可能であるため、未経験の職種でもコンタクトOKです。

 

 

 

 

後ほど紹介する転職エージェント経由での応募の場合は、あなたのスキルや年齢によっては応募ができないことがあります。

 

 

 

転職エージェント保有求人の転職サイト

 

転職エージェントが転職サイトに依頼して求人を掲載している場合です。

応募したい求人にエントリーした場合は、一旦は担当の転職エージェントに連絡がいきますので、注意が必要です。

 

そのあと担当のキャリアコンサルタントがあなたに連絡してくれるという流れです。

直接応募と違って、キャリアコンサルタントが求人のサポートをしてくれるんです。

 

人材バンクネットは転職エージェント保有求人の転職サイトの代表例といえるでしょう。

 

 

ごらんのとおり、まず求人の概要が書いてあります。

転職エージェントは企業名を非公開とすることが多く、この求人も非公開となっています。

 

求人詳細は転職エージェントにエントリーすると、詳しくきくことができます。

一度、エントリーするとその転職エージェントに登録したことになりますので、ほかの求人も紹介してもらうことができます。

 

 

このタイプの転職サイトはエントリーすることによって、転職エージェントに登録することになるというポイントを理解しておいてくださいね。

 

 

企業・エージェントともに求人掲載されている転職サイト

 

 

企業、転職エージェントのどちらの求人も掲載されている少し複雑な転職サイトです。

このタイプのなかではdodaが代表例といえるでしょう。

 

 

求人は基本的には企業からの掲載が多いですが、なかには転職エージェントが掲載している場合もあります。

あなた、企業、転職エージェントとの関係は以下の通りです。

 

 

 

ここで重要なことは、企業とあなたとは直接連絡をとってはいけないということです。

転職エージェントとは人材紹介会社とも呼ばれています。

 

 

あなたが転職エージェントに転職相談などのために登録をすると、転職エージェントはあなたに専任のキャリアコンサルタントがつきます。

キャリアコンサルタントはあなたと面談をして、あなたの人柄、スキルなど総合的に把握し、ぴったりの求人案件を紹介する、という流れになっています。

 

 

企業への直接応募とはぜんぜんちがいますよね?

なので転職エージェント経由の転職サイトでは応募する際に直接応募か転職エージェント経由の応募かを確認する必要があるんです。

 

 

転職エージェント経由なのに、直接企業に問いあわせるのは、ルール違反ですから気をつけましょう。

とは言ってもルールをいったん把握してしまえば、混在型の転職サイトは転職サイト・転職エージェントの両方の機能をもっているため、とても便利です。

 

 

3つのパターンの転職サイトを使いこなすことで、効率的な転職活動ができます。

 

基本的に、

  • 企業メインの直接応募系は未経験の職種でも可能なので、職種にこだわらない方向け
  • 転職エージェント系は経験を生かして転職する方向け
  • 企業・エージェントの両方扱う、混在系サイトは、未経験・経験を生かした応募のどちらも可能です。あなたの転職方針に従って、利用してください。

 

 

複数サイト登録し、多くの求人を検討することで、ブラック企業に応募しないで済む方法とは?で書いたようなノウハウが自然と身についてきます。

 

ブラック企業に応募しないで済む方法とは?【たったの2つだけ】
求人応募をする際に避けて通れないのが、企業の調査です。応募する前にその求人がブラック企業かどうかがわかれば、無駄な労力を使わずに済みますよね。そのためのチェックポイントは何でしょうか?

 

私としては3社程度登録することをおすすめします。

 

絶対に登録しておきたい転職サイト7選!【おすすめ】
転職サイトって、数が多くて迷ってしまいますよね。本記事では超絶オススメの転職サイトをご紹介しますね。

 

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください