【情報強者】転職サイトを使うメリットと賢い活用術とは?

転職サイト
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動を進める上で、転職サイトを活用することは欠かすことはできません。登録することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

Sponsored Links

求人検索

 

転職サイトといえば、まずは求人検索ですね。

転職活動のルーティンとして取り入れることで、可能性が広がります。

 

 

一週間に検索する転職サイトをきめておくのも良いと思います。

 

 

例えば以下のように、月曜から金曜を転職活動とする場合の予定表を作成してみましょう。

 

曜日検索する転職方法
人材バンクネット
ビズリーチ
リクナビNEXT
ハローワーク
doda

 

 

求人検索は、職種で探すのが一般的です。

あとはエリア別やキーワード検索があります。

 

 

便利な機能としては、頻繁に検索する条件を保存するというものがあります。

 

 

  • 職種名を固定、勤務地をいくつかの条件で保存
  • 勤務地を固定、職種をいくつかの条件で保存
  • 職種を固定、業界をいくつかの条件で保存

 

 

など様々な条件で使えます。

条件は複数指定できますが、多すぎるとマッチングする求人数が減ります。

 

 

指定するのは2条件までにしておきましょう。

ヒットしたら、メールが来るようになっている転職サイトがほとんどです。

 

 

そうすることで、リアルタイムに求人のチェックができます。

 

 

最新の公開求人情報が検索できることが第一のメリットです。

 

 

 

転職方法をどう利用すれば就活が成功するか?

 

 

 

スカウト機能

 

 

第二のメリットはスカウトです。

 

 

転職サイトからも応募することは可能です。

求人検索をして、ウェブサイトでの応募をすることも転職サイトでのメリットといえます。

応募手続きが簡単ですからね。

 

 

ですが、転職サイトを利用するのならば、スカウトを利用しない手はありません。

スカウトは企業や転職エージェントからオファーが来るシステムです。

 

 

 

企業からのオファーの場合は、書類選考が免除される場合もあります。

面接の機会をもらえるので、興味がある場合は応募してみましょう。

 

 

私もスカウトで書類選考免除で転職した経験があります。 転職活動は時間との勝負ですのでとても有難かったです。

 

転職サイトのスカウトを使いこなすには?

 

 

 

転職エージェントからのオファーの場合は、非公開求人の場合が殆どです。

非公開求人とはその名の通り、インターネットや新聞広告などでは公開されていない求人のことです。

 

 

オファーが転職エージェントから来た場合は、登録しないと企業名は教えてもらえません。

転職エージェントに登録後は、アドバイザーから非公開を含めて求人を紹介してもらえます。

 

 

転職活動は転職エージェントを使うのが一番だと思います。

そのための、動線となるのが転職サイトです。

 

 

転職サイトに登録することで、転職エージェントへの登録もすぐにできるところもあります。

特に看護師転職サイトはそのようなシステムをとっています。

 

 

【マイナビ看護師】への登録はこちら

 

 

 

DMは必要なものだけに

 

 

転職サイトに登録すると、さまざまなDMが来ます。

これも利用の仕方によっては第三のメリットです。

 

 

貴重な情報源となりますので、うまく活用しましょう。

ただ、知っていることでもメールで来るのは少々うるさいので、私は『配信停止』にしている機能も結構あります。

 

上記はリクナビNEXTでの私の現在のDM設定です。

私の場合は転職活動を始めているわけではなく、情報を収集している段階です。

 

転職市場の動向を知るために登録しているので、このような設定にしています。

もちろん、転職活動の真っ最中の方は『配信中』に設定することで情報収集に励みましょう。

 

ですが、不要なDMは来てほしくないですよね。

不要なDMでスカウトのような大事なメールを見逃してしまう原因となっては大変です。

 

 

新着求人メールについては、基本的に転職活動をしている方は『配信する』にすることをおすすめします。

メルマガのようなメールについては、読めば役に立つので、メールを読むタイプの方は『配信する』に設定しましょう。

 

 

私は転職ノウハウは知識はあるので、『配信しない』にしているだけです。

はじめての転職の方は情報を収集する意味でもメルマガは読んだ方が良いでしょう。

 

 

DMについては、使い方によっては役に立ちますが、たくさん来て読まないのでは役には立たないでしょう。

活用できる量だけを読むようにしましょう。

 

 

 

リクナビNEXT 絶対に登録しておきたい転職サイト7選!

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links