転職の面接の時に給料のことは話題に出さない【常識】

転職ノウハウ
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動の大詰めともいえるのが給料交渉です。露骨に交渉するのはもちろんNGですよね。それでは、どのような対応が望ましいのでしょうか?

Sponsored Links

転職の面接の時に給料のことは話題に出さない【常識】

 

転職活動をする際の常識として、すでに浸透していますが面接のときに給料や福利厚生などの待遇について質問することはあまり良くないとされています。

必要スキルは満たしていても、面接の場で給料に関する質問をさんざんして採用が見送られるケースもありますので注意が必要です。

 

面接のときは、あくまでもあなたの仕事に関する夢やビジョンを語りましょう。

 

  • 転職後、会社に提供できるものは何か?
  • 転職後、3年後、5年後、10年後のキャリアビジョンは?

 

面接官は本当はここをみている!にもあるように相手はあなたの仕事観を聞きたがっています。

 

【驚愕】面接官は本当はここをみている【入室はさほど重要でない】
面接には最低限のマナーがあります。それさえ守れば、あとはあなたの言葉で話せばよいのです。緊張する必要は全然ないです。

 

相手が望む答えを返しましょう。

『何か質問はありますか?』

 

面接の最後の定番質問です。

私は採用担当を行っていたので、よくわかりますが、仕事に関する質問をここでは期待しています。

 

給料に関する質問をここでしては、相手がガッカリします。

「相手が求めているものは、今なんだろう?」と瞬時に判断して、回答をする力が面接力なのです。

 

時には、あなたが困るであろう質問をわざとされる場合もあると思います。

いわゆる、圧迫面接です。

 

唯一動揺せずに冷静に答えることが、正しいです。

いずれにしても給料のことは面接で積極的に質問することは控えめにしましょう。

 

会社によっては内定が出たあとに、給料など条件面の面接を行う場合もあります。

その時は転職エージェントのコンサルタントに同行してもらうのがベストです。

 

 

直接応募の場合は、転職の給料交渉は注意が必要【まず不可能】

Online crowdfunding

 

ハローワークはこんな人におすすめ!知らなきゃ損する転職サイトの真相!のような直接応募の転職方法を使う場合はどうでしょうか?

 

【悲報】ハローワークはこんな人におすすめです。
ハローワークは良い求人が少ないとよく言われています。ですが、転職の方向性によってはとても利用価値があります。それは何でしょうか?
知らなきゃ損する転職サイトの真相【実は3つのパターンが存在する】
転職サイトといっても、実は3つのパターンが存在するんです。登録するときに、これはこんなサイトなんだと理解しているといないとでは、転職活動の効率が違いますよ。

 

その場合は、書類選考の結果連絡や面接日程調整もあなたが会社と直接交渉を行ってきたはずです。

内定後の給料交渉も当然、あなたが行わなければなりません。

 

内定が出たら確認すべき5つのポイントは?にしたがってチェックしましょう。

 

【必須項目】内定が出たら確認すべき6つのポイントは?【ブラック企業は避けよう】
内定が出たら絶対に確認すべきことを知りたい。 ブラック企業に転職するのだけは避けたいからね。 上記の疑問にお答えします。

 

そこで記載されている給料が想定通りのものかどうかを正直に判断しましょう。

生活していけないような給料では問題外ですが、仕事がそれ以上に魅力的であれば、内定承諾を検討するのも十分ありです。

 

あくまでも、総合的な判断が必要です。

それでも、あまりにも給料が安すぎると思った場合は、企業と交渉する必要があります。

 

ですが、交渉する際は相手が【納得する理由】が必要です。

『前職での給料より金額が下回っているから』というのは、相手への納得感に欠けます。

 

家族の事情を話しても、相手が納得するかどうかはわかりませんよね。

相手の性格もわからないので、かなり難しいです。

 

「直接企業と給料の交渉をする」のは言いにくいですし、とても難しいことなのです。

下手なことを言って、内定取消しになるリスクももちろんあります。

 

面倒なことにどうしてもなりがちです。

トラブルを避けるためにも転職エージェントを使った応募をすることをおすすめします。

 

 

転職エージェント経由では転職先の給料交渉も行ってくれる

 

転職エージェントは非公開求人などの優良求人を紹介してくれるだけではなく、転職後の給料交渉も代行します。

むしろ転職エージェントにとっては、年収=給料がダイレクトに売上に影響しますので、最も力を入れる部分といえます。

 

あなたは転職後の希望年収、給料をキャリア相談で、キャリアコンサルタントに伝えていますよね?

ここが重要なところです。

 

転職エージェントは内定が出る前に給料交渉を行うはずです。

その際に企業が提示してきた給料が希望金額を下回っている場合は、転職エージェントはあなたに希望を下回っているが大丈夫か確認してくるはずです。

 

『現在の労働条件としては、こうなのでさらに交渉しましょうか?』

とまず言われますので、希望年収、給料はゆずらずに交渉を任せた方が良いでしょう。

 

相手の出方や性格も熟知しているキャリアコンサルタントは、うまく給料アップの交渉をするでしょう。

私個人としては、転職エージェントを使うメリットの1番は給料アップだと思っています。

 

転職活動を1人でしていたら、うまく給料交渉をすることはとても難しいからです。

直接応募と違って、言いにくい給料のことも企業に交渉してくれるのが転職エージェントの良いところです。 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links