転職の際の言いにくい【給料交渉】はどうする?



転職活動の大詰めともいえるのが【給料交渉】です。露骨に交渉するのはもちろんNGですよね。それでは、どのような対応が望ましいのでしょうか?

 

面接の時の対応は?

転職活動をする際の常識として、すでに浸透していますが面接のときに給料や福利厚生などの待遇について質問することは、NGです。

必要スキルは満たしていても、面接の場で待遇に関する質問をさんざんして採用が見送られるケースもありますので注意が必要です。

面接のときは、あくまでもあなたの仕事に関する夢やビジョンを語りましょう。

 これから、どうなりたいか?

 どうしていきたいか?

面接は安心な相手であることの確認です。

相手はあなたの仕事観を聞きたがっています。

相手が望む答えを返しましょう。

『何か質問はありますか?』

面接の最後の定番質問です。

私は採用担当を行っていたので、よくわかりますが、仕事に関する質問をここでは期待しています。

給料に関する質問をここでしては、相手がガッカリします。

相手が求めているものは、今なんだろう?

と瞬時に判断して、回答をする力が面接力なのです。

時には、あなたが困るであろう質問をわざとされる場合もあると思います。

いわゆる、圧迫面接です。

唯一動揺せずに冷静に答えることが、正しいです。

 

直接応募の場合は、特に注意が必要!

ハローワーク転職サイトなどからの応募の場合は、直接応募という形をとっていますね?

その場合は、書類選考の結果連絡や面接日程調整もあなたが行ってきたはずです。

内定後の待遇交渉も当然、あなたが行わなければなりません。

まず、内定が出ると書面で『労働条件通知書』が送られてきます

そこで記載されている賃金が想定通りのものかどうかを正直に判断しましょう。

生活していけないような金額では問題ですが、仕事がそれ以上に魅力的であれば、内定を承諾するのも十分ありです。

あくまでも、総合的な判断が必要です。

それでも、あまりにも給料が安すぎると思った場合は、企業と交渉する必要があります。

ですが、交渉する際は相手が【納得する理由】が必要です。

『前職での金額を下回っているから』というのは、相手への納得感に欠けます。

家族の事情を話しても、相手が納得するかどうかはわかりませんよね。

相手の性格もわからないので、かなり難しいですね。

どうしても直接企業と給料の交渉をするのは、とても言いにくいですし、難しいことなのです。

下手なことを言って、内定がダメになるのも嫌ですしね。

面倒なことになってしまったり、どうしてもなりがちです。

なので、ここでも転職エージェントを使うことをオススメします。

 

転職エージェントを使って、年収アップを狙う!

転職エージェントは、非公開求人などの優良求人を紹介してくれるだけではなく、内定後の待遇交渉も代行します。

むしろ、転職エージェントにとっては、年収がダイレクトに売り上げに影響しますので、最も力を入れる部分といえます。

あなたは希望年収をキャリア相談で、キャリアコンサルタントに伝えていますよね?

なので、例えば企業から提示された労働条件が希望年収を下回っている場合は、転職エージェントはあなたに希望年収を下回っているが良いか確認してくるはずです。

『現在の労働条件としては、こうなので交渉しますか?』

とまず言われますので、希望年収はゆずらずに交渉を任せることです。

相手の出方や性格も熟知しているキャリアコンサルタントは、うまく年収アップの交渉を成立させるでしょう。

私個人としては、転職エージェントを使うメリットの1番はこの点だと思っています。

転職活動を1人でしていたら、うまく条件交渉を成立させるのはとても難しいからです。


業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

給料交渉なら、担当アドバイザーが代行します。

直接応募と違って、言いにくいことも企業に交渉してくれるのが転職エージェントの良いところです。

⇒【リクルートエージェント】の公式サイトはこちら


 

トップへ戻る


本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

コメントを残す