転職活動はキャリアの棚卸しから!

キャリアの棚卸し
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職活動はキャリアの棚卸しを行うことが最初です。キャリアの棚卸しでは、何に気をつければよいでしょうか?

Sponsored Links

キャリア棚卸しシートを作ろう!

 

 

キャリアの棚卸しってなんでしょう?

カンタンに言うとあなたのキャリア年表のことです。

 

 

なので、まずは棚卸しシートのフォーマットを作りましょう。

個人的には項目の追加、修正、削除、入れ替えがカンタンなエクセルがワードより良いでしょう。

 

あなたのキャリアにあわせて作成するのがよいのですが、使いやすそうなものをネットからダウンロードするのも良いと思います。

時間の節約になりますしね。

 

ご参考までに、私が愛用しているものをご紹介します。

JACリクルートメント オリジナルのキャリア棚卸しシートです。

 

転職活動は仕事と同じ方法で進めよ!でもご紹介したものです。

よろしければダウンロードしてお使いください。

 

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

 

キャリアの棚卸しシートのダウンロードはこちら

 

経歴1・経歴2というのは、会社ごとのキャリアとなりますが、中高年の方はこれでは書ききれないので、列に所属を増やすとよいでしょう。

そうすることで、職務経歴書を作成する際に大いに役立つと思います。

 

更に左の例には、いつからいつまでという列を私は追加しています。

 

 

このように使いやすいように、書き込みながら、見やすいレイアウトにしていきましょう!

それが職務経歴書にほとんど使えるフォーマットならば、理想形ですね。

 

 

何をどんな風に実現したか?の視点で書く!

 

 

具体的にキャリアの棚卸しを行っていく上で、もう一つ考えておいたほうがよいことがあります。

それはこれからどうなりたいかのライフプランです。

 

 

例えばずっと働いていたいのか、定年後は好きなことをして過ごしたいのか?

これだけでもライフプランと言えるでしょう。

 

これを考えることで、これからあなたが求人に応募する際の『軸』になります。

キャリアの棚卸しをすることで、あなたの長所、得意なことを見つけ出します。

 

 

それによって転職を成功させるための3つのポイントとは何か?で書いた最も重要な転職理由・方向性、自己分析、企業分析が明確になってきます。

さらにライフプラン、できれば、マネープランも考えることで、最低年収がわかります。

 

いつまで働くかを決めて、住宅ローンなども計算にいれれば、必要最低年収がわかります。

 

 

キャリアの棚卸しをそれでは開始してみましょう。

まずはあなたが今まで在籍した会社を書きだしてください。

そしてその在籍期間もです。

 

あとはご紹介したシートにも書かれている通りに埋めていきます。

 

 

例えば、勤務先・職種の列には以下を記述します。

 

  • 会社名
  • 従業員数
  • 資本金
  • 事業内容
  • 所属部署
  • 職種

 

 

異動が多い場合は、所属部署、職種を別の列に追加したほうが良いでしょう。

職務の列には以下を記述するとよいでしょう。

 

職務とは担当した仕事内容のことで職種とは違います。

まさに、肝となる部分ですので、しっかり書きましょう。

 

 

  • 所属部署の人数と役割
  • ポジション、部下の人数
  • 担当した業務、仕事内容
  • 商品orサービスとそのターゲット
  • 担当企業(顧客)数/エリア など

 

 

実績の列ではできるだけ数字を使って、あなたのアウトプットをリストアップします。

 

 

  • 製品△の受注に成功し、売り上げ○○億円に寄与した。
  • 生産性向上のため、効率化の提案をし、30%の工数を削減した。

 

 

職務のところには、主に『何を』を記述し、実績のところには、主に『どのようにしてどのようなアウトプットがあったか』を書くと覚えておけば良いでしょう。

あくまでも人に見せるものではないので、失敗したことも書いておいて構いません。

 

 

あとで眺めてみて、『こんなことはわたし、不得意なんだ、、、、』とかわかりますしね。

そして大事なことは、集中して1~2週間程度でこの作業を終わらせることです。

 

 

一旦終わらせて、その後思いついたときに修正するのは構いませんが、完成までダラダラ時間をかけるのはよくありません。

転職活動は仕事と同じと思って進めましょう。

 

 

上司から言われた思わぬほめ言葉も書く!

 

第三者の視点ももちろん参考になります。

もっとも身近な存在は、上司や同僚でしょうね。

 

 

あなたが普通にやったつもりでも、まわりの評判が良かったことはありませんか?

それこそあなたの長所かもしれません。

 

 

あなたがやりたいこととできることは必ずしも一致しません

転職活動はその重なり部を見つけ出し、最大化することです。

 

 

キャリアの棚卸しを通して、あなたが何ができるのか、逆に何が不得意なのか、あなたは何をやりたがっているのか、がわかると思います。

あなたの願望だけで突き進まないためにも、得意分野で攻めるようにしてください。

 

 

それが結局はあなたの今後の未来を作るのですから。

 


【パソナキャリア】への登録はこちら


【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント10社を厳選

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました