退職交渉で会社と揉めた時にはどうする?


円満退職がどうしても難しい時、あなたならどうしますか?最後の手段を知っておくだけでも精神的に余裕が出てきます。それは・・・

会社は退職を引き止めするもの

 

 

退職の意思表示は直属上司に報告という形ですべきと退職交渉で絶対やってはいけない5つのこととは?で書きました。

この背景にあるものは「会社は退職を引き止めるものである」ということが大きいです。

 

 

なぜ会社はあなたの退職を引き止めるのでしょうか?

あなたのことを考えてのことだと思いますか?

 

もちろんそういう上長も中にはいます。

退職はあなたのためにならないと冷静に分析して、説得する上司もいるのですが少数派と考えて良いでしょう。

 

 

本当のところはなぜあなたの退職を引き止めるのでしょうか?

多くは「上司の保身の為にあなたの退職を引き止める」と言えます。

 

 

あなたが上司に退職の意思表示をする時にやってはいけないこととして、「本音の退職理由を言ってしまう」ことがあります。

退職理由は多少なりともネガティブなものです。

 

転職理由はそれとは違いポジティブななものです。

面接では転職理由を明確に語ることが内定の理由となったはずです。

 

 

転職活動で退職理由が嫌われるように退職交渉でも退職理由は嫌われます。

会社に対する不平・不満は上司は聞きたくないですよね?

 

それに何よりも会社に対して不満があるような理由で辞めることは上司の管理監督能力が疑われる原因ともなるのです。

つまり会社があなたの上司を「無能」だと評価する原因になりうるのです。

 

 

「きちんと部下をフォローしていないのでは?」と会社は上司を評価した場合は彼のキャリアに影響してきます。

他にも理由はあるでしょうが、ほとんどの場合はあなたを引き止めるのはそういうことが背景にあるのです。

 

 

会社は退職を引き止めるのはむしろ当たり前のことなのです。

 

 

退職交渉には転職エージェントのアドバイスは必須

 

 

退職交渉は以前から書いていますが、転職エージェントのアドバイスがあるのとないのとでは段違いです。

転職エージェントの良いところはリアルタイムに近い形で対応が修正可能なことです。

 

「向こうがこう出てきた」ので「こっちはこう対応しましょう」という感じで密に連絡をとり合えば、円満退職に向け道を外すことはありません。

転職エージェントの売り上げが無くなるので、そこは懇切丁寧なアドバイスがあるはずです。

 

 

ただしこの場合は転職先がその転職エージェント経由で決まっていることが前提になります。

転職先も決まっていないのに退職交渉のサポートは転職エージェントは普通はしません。

 

転職活動の方法としてもそれが一番です。

会社を辞めてから転職活動するというのは、あなたの市場価値を下げるだけです。

 

 

どんなに大変でもどんなに忙しくても転職活動は在職中にすべきです。

転職先が決まったら、転職エージェントのアドバイスをもらいつつ退職交渉に入るのが転職活動の王道です。

 

 

退職交渉の段取りを間違えてしまったら?

 

 

以前も書いたように退職交渉での「べからず集」は以下の通りです。

 

  • 就業規則を守らず退職の意思表示をした
  • 直属の上司以外に退職することを最初に言ってしまった
  • 会社に対する不満が退職理由であり、それを上司に言ってしまった
  • ボーナスや年休消化してからの退職にこだわる
  • 退職の意思表示が報告でなく、相談ととられるような内容であった

 

 

しかしこの「べからず集」を知らずに退職交渉で会社と揉めてしまうケースも多々あります。

例えば

 

 

  • 直接応募のために退職交渉についてのアドバイスをもらえない
  • 20代の為社会人としての交渉経験に乏しい

 

 

このようなケースが多いです。

会社と揉めてしまう直接的な原因は退職交渉の段取りを守らなかったことですが、間接原因としては上記が関連していることが多いのです。

 

 

この場合においては軌道修正するのは極めて難しいです。

それこそベテランの営業マンでないと乗り越えられないでしょう。

 

 

退職届を提出するにも段取りがある

 

 

退職願は「退職のお伺い」であるのに対して、退職届は「退職する旨の通知」です。

円満退職は退職願を受け取ってもらう前提で動くのですが、会社と揉めてしまいそれが難しくなった時は退職届を提出するしかありません。

 

 

この方法は最後の手段と言えますが、おすすめ出来ないものです。

それであれば退職代行サービスを使って、【退職のプロ】に退職交渉をお願いした方がずっとマシです。

 

 

退職代行サービスを使うことによるメリットは以下の通りです。

 

  • 会社へ行かずに退職することが1日で出来る
  • 精神的苦痛から解放される
  • 円満退職へ軌道修正が可能
  • 弁護士を使うよりも格安で出来る

 

 

もしあなたが一日も早く退職したいのであれば、退職代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

そしてどこを使えば良いのか迷ったら、大手で知名度抜群の【EXIT】を選びましょう。

 

 

退職代行サービスが提供することはどこでもほぼ同じです。安心して依頼出来るという点でここが一番だと思います。

 

 

まとめ

 

今までのまとめです。

 

 

  • 会社は退職を引き止めるもの
  • 転職エージェントのアドバイスをもらいながら対応しよう
  • 退職交渉に失敗したら、退職代行サービスを使うべき
  • 迷ったら知名度抜群の【EXIT】を使おう

 

 


 退職代行【EXIT】に相談する


トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。








ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!