転職回数は何回までOKか?


転職するとき、どうしても転職回数は気になるものです。では何回くらいまでなら転職OKなのでしょうか?

 

会社都合退職の場合

会社都合退職とは、会社が倒産したり、人員削減などによって、転職を非自発的にすることを指します。

『リストラ』とも呼ばれています。

この場合は、履歴書上は転職回数にカウントされますが、書類選考などでは問題とされないことが殆どです。

それは、実態としては出来る社員ほど、これを機会に辞めていく場合が多いからです。

有能な社員でも、止める権利は会社にはないので、会社にとっては結構な賭けとなります。

これと似たケースとして、出向でその会社に勤めていたが、何らかの理由で転籍となった場合が挙げられます。

出向元の会社を退職して、転籍先の会社に入社するので、これも履歴書上は転職となります。

ですが、環境としては変更なく、社名が変わったということでもあり、これについても、書類選考で問題とされることはありません。

つまり、会社都合転職の場合は転職回数としてカウントしないでも大丈夫です。

 

自己都合退職の場合

問題は自己都合退職です。

これについては、間違いなく採用試験で問題とされるところなので、対策が必要です。

文字通り自分の都合で退職したということなので、退職理由を場合によっては、根掘り葉掘り聞かれることも想定しなければなりません。

とくに1年以内で転職をしている場合は、結構突っ込まれます。

明確な理由がある場合、例えば、入社前にあらかじめ、数ヶ月のプロジェクトで契約終了ということをお互いに了承していたような場合は、理由を話せばそれ以上は突っ込まれないでしょう。

明確な理由がなくて、数ヶ月で辞めた場合は、採用する側としては、すぐに辞められることを一番嫌うので、その不安を取り除くことが大切です。

今回応募した企業の経営理念のここにとても共感しましたとか、入社させて頂いたら、〇〇の経験を活かして、ぜひ××の職務に取り組みたいか、数年のスパンで実現可能なことをアピールしてみるのも大切です。

面接というのは、いろんなテクニックがありますが、結局のところは、相手を『安心させる』ことです。

面接官も書類選考を通過した相手に対して、『安心したい』のです。

なので、不安にさせる回答を面接ではしないと言い聞かせて望むと、良い結果が生まれるでしょう。

転職回数のネックも実は、面接での対応次第で、逆転することもあり得ます。

 

転職回数は何回までOK?

気にするのは自己都合退職ということは、以前に書きましたね。

でも、転職回数が絶対ではないということも書きました。

大切なのは、面接での対応次第ですから。

ではそれを前提として、転職回数はどれくらいまで挑戦する余地があるのか、年代別にざっくりと回数でみてみましょう。

 20代は転職回数は1回までOK

 30代は転職回数は2回までOK

 40代は転職回数は3回までOK

上記はあくまで目安ですが、納得感のある数字だと思います。

年代別の転職回数を実際に見てみると、30代以降は転職経験なしの割合は少なくなっています。

リクナビNEXT作成

また企業が実際に採用した転職回数を聞いたデータを示しましょう。

すると、転職回数3回が最も多いことがわかります。

これ以上になってくると、採用するほうも少し考えてしまうということでしょう。

リクナビNEXT作成

転職回数が多くなって、対策が必要な場合、一番良いのは転職エージェントを使うことです。

求人の背景、もちろん、面接官の性格も知っている転職エージェントでは、応募する際に、書類選考を通過しやすいように、推薦状を書いてくれます。

それとは別に、あなたも履歴書での志望動機で熱意を書き、職務経歴で会社都合退社であれば、明記すべきです。

その際は、コンサルタントのアドバイスをもらいながら、応募書類を修正するのが良いでしょう。

まとめますと、

・転職回数よりも、事前の準備の方がずっと大切です。

・例えば転職エージェントを使って、適切なアドバイスをもらいましょう。


業界最大手の転職エージェント【リクルートエージェント】。

転職の際は、まずはここに登録すれば大丈夫だと思います。

慣れてきたら、他の転職エージェントにも登録していきましょう。

⇒【リクルートエージェント】の公式サイトはこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

コメントを残す