転職に失敗する人の5つの原因とは?【修正すれば転職成功する】

転職ノウハウ
Support Community Aid Help Team Assistance Concept
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

  • どんな人が転職に失敗するのだろうか?
  • 逆に転職に失敗せず、成功するのはどんな人だろうか?

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

  • どんな人が転職に失敗するのだろうか?
  • 逆に転職に失敗せず、成功するのはどんな人だろうか?

 

ちなみに筆者は採用担当経験しており、転職も3回経験しています。

採用担当経験も嫌というほどありますので、どんな人が転職で失敗するか客観的に語ることができます。

 

記事構成は以下の通りです。

 

  • 転職に失敗する人は、転職活動に計画性がない
  • 転職に失敗する人は、転職理由が不明確
  • 転職に失敗する人は、希望条件の優先順位が不明確
  • 転職に失敗する人は、求人応募を複数社、同時進行していない
  • 転職に失敗する人は、1社だけの転職エージェントを使っている

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職に失敗する人は、転職活動に計画性がない

 

転職に失敗する人は、きちんと計画を立てて転職活動をしていません。

転職と仕事は同じようなものです。

 

実績を出すためにあらかじめ、調査をし、計画を立てる点で同じと言えます。

いつまでに転職活動を終わらせるという計画がないと、だらだらと転職活動を続けることになりかねません。

 

転職活動は3ヶ月がベストであると言われています。

転職エージェントからの求人紹介も3か月を過ぎると、激減してきますし、サポート打ち切りになるところもあります。

 

 

転職に失敗する人は、転職理由が不明確

 

転職に失敗する人は、転職理由が明確になっていません。

転職理由が明確にならないと、転職の方向性も決まりません。

 

転職の方向性で目指すべき業種、職種を決めるので、きわめて重要です。

転職理由が決まらないと、どんな求人に応募すべきかが明確にならないのです。

 

場当たり的に求人検索して、応募していたのでは、一貫性はでてきません。

面接で今まで応募した求人を質問されますが、それは転職理由が明確化を確認しているのです。

 

転職理由はブレてはいけません。

転職活動が終わるまで、変えてはいけないものです。

 

転職理由が明確になるまで、転職活動は本格的に始めない方が良いでしょう。

多少時間はかかってもよいので、転職理由の深掘りはきちんとしましょう。

 

転職理由は退職理由とは違います。

退職理由は多くが会社に対する不満ですが、転職理由は「転職して何を実現したいのか?」ということです。

 

転職の目的と同じ意味だと理解してください。

 

 

転職に失敗する人は、希望条件の優先順位が不明確

 

転職に失敗する人は、希望条件の優先順位が明確になっていません。

必ず満たすべき希望条件と妥協可能な希望条件に切り分け、さらに優先順位をつけることが転職に失敗しないための秘訣です。

 

以下のように優先順位をつけましょう。

「できれば、~」は妥協可能な希望条件ということで明確に区別します。

 

  • IT業界は必須
  • プログラミングが学べること
  • 年収600万円以上
  • 残業が40時間以内
  • できれば1時間以内で通勤可能
  • できればプロジェクトマネージャー

 

転職活動はIT業界で、職種はプログラミングが学べる環境であることが希望条件の最優先順位です。

次は年収600万円以上で、残業時間はいくら多くても40時間が限度と職場環境についても決めています。

 

一方で全て希望条件がかなう訳ではありません。

妥協しても良い希望条件もあらかじめ決めておくべきです。

 

これが転職失敗する人と成功する人の分かれ目と言えます。

 

 

転職に失敗する人は、求人応募を複数社、同時進行していない

 

求人応募して選考結果が出るまで、次の求人応募をしない人は転職失敗します。

転職の計画を立てないとそうなります。

 

転職活動を3ヶ月で完了させるためには、求人応募を同時進行しなければ転職の計画は守れません。

求人に応募してから選考結果の連絡を受けるまで、ほかの求人に応募していないとしたら機会損失していますし、非効率的です。

 

転職失敗する人はスピード感が足りません。

最初に書いた転職の計画を立てることが重要だということがおわかりだと思います。

 

平均10社程度は求人応募するとのデータもあります。

逆算して10社応募出来るためには、どのような転職の計画を立てれば良いかを考えることが大切です。

 

転職の計画は立てたら終わりという訳ではなく、つねに見直しが必要です。

転職の計画は守れそうになかったら、修正しても良いのですから。

 

 

転職に失敗する人は、1社だけの転職エージェントを使っている

 

転職エージェントを使って、転職活動するのは基本中の基本です。

しかしそれも1社だけしか転職エージェントを利用していない場合は、宝の持ち腐れです。

 

あなたのスキルに相応しい求人はほかの転職エージェントが保有している可能性だってあります。

少なくとも3社は転職エージェントを使い倒しましょう。

 

あなたは転職エージェントに利用されてはいけません。

あくまでもあなたが転職エージェントを利用することが大切です。

 

転職エージェントにはごり押しのアドバイザーが中にはいるでしょう。

そんな時には遠慮せずに担当交代してもらいましょう。

 

あなたの将来がかかっている転職です。

転職エージェントはあくまでもビジネスとして行っていますので、あなたのことを考えているわけではないのです。

 

会社の利益を考えるのは当然ですし、それを理解した上で転職エージェントを使いましょう。

それでも優良な非公開求人を多数保有しているメリットがあるのが転職エージェントです。

 

転職サイトやハローワークでは応募できない求人を保有する転職エージェントを利用しない手はありません。

転職エージェントにとって、顧客は企業ですが、あなたも企業に推薦する候補者なのです。

 

1社だけ転職エージェントを利用すると、内定辞退もしにくいなど、使い勝手も悪いです。

非公開求人の選択肢は多く持っておくためにも、転職エージェントは複数社つかいましょう。

 

それが転職失敗する人と成功する人との分かれ目になります。

 

Sponsored Links

コメント