業界特化型転職エージェントとは何か?


大手の総合型転職エージェントに登録して慣れたら、あなたの指向する業界に詳しい転職エージェントに登録することをおススメします。ここでは、大手転職エージェントと比較することで、業界特化型転職エージェントの理解を深めましょう。

 

業界特化型転職エージェントとは?

非公開求人の記事でも書きましたが、転職エージェントには幅広い分野の求人を扱う、総合型転職エージェントとある業界に特化した転職エージェントがあります。

後者は業界特化型転職エージェントとも呼ばれています。

この2つを比較してみました。

   業界特化型転職エージェント  総合型転職エージェント
 求人  業界に特化した求人群 幅広い業界の求人群
 保有求人数  少ない  多い
 アドバイザー  業界に精通、高スキル  全ての業界を把握しているわけではない
 規模  中小  大手が多い
 エリア  地域密着型が多い 全国展開
 給料  高年収の求人中心  中~高年収
 内定率  かなり高い  中程度
 初回面談  緊張感あり  リラックスできる雰囲気
 年齢層  幅広い 20代~30代中心

 業界特化型転職エージェントはアドバイザーが業界に精通しているので、転職初心者には不向き。

 転職エージェントとの面談によって、今後紹介される求人がある程度決まってしまいます。

 なので、最初は総合型転職エージェントに登録して、転職エージェントとの付き合い方に慣れてからの方が良いです。

 

メリット、デメリットは?

メリット、デメリットとしては以下のことがあげられます。

 業界特化型転職エージェントのメリット

 アドバイザーは業界に詳しいので、職務経歴書を見ただけで、あなたがどんな仕事をしてきたかを把握できる。

 あなたのスキルにあった求人を紹介してくれる。

 職務経歴書の書き方についても、業界特有の傾向と対策を知っている。

 業界の企業とのつながりが深いので、求人の募集の背景から求めている人材を情報収集し、紹介する際のミスマッチが少ない

 同業他社への転職では最適である。

 

 業界特化型転職エージェントのデメリット

 コンサルティングが業界のことになってしまい、俯瞰してアドバイスをすることが、総合型転職エージェントと比べて少ない。

 中小規模の転職エージェントが多いので、求人紹介にいたるプロセスがシステム化されていない。

 コンサルタントの質が均質でなく、優れている人、そうでない人の差が激しい傾向がある。

 

準備をしてから登録しよう!

総合型転職エージェントはどちらかといえば、転職初心者向けといえます。

以前と違って、転職エージェントでも第2新卒、年齢が高めの人、未経験への転職などのサポートも行っています。

ですが、業界特化型転職エージェントに関しては、今でもその業界で通用する人材を欲しがっているのです。

あなたが転職を決意されたときに進むべき方向性 をお決めになったと思います。

その時に異業種への転職、未経験職種への挑戦を決めたならば、転職サイトだけでなく、総合型の転職エージェントに登録すべきです。

同業他社へ照準を絞った方は、最初は総合型転職エージェントに登録し、転職エージェントの仕組みを理解し、アドバイザーとどうコミュニケーションをとればうまくいくかを体感してから、業界特化型転職エージェントに登録するのでも十分間に合います。

 

代表的な IT業界特化型転職エージェントです。 ↓↓


⇒【レバテックキャリア】の公式サイトはこちら

⇒【ワークポート】の公式サイトはこちら


 

トップへ戻る

コメントを残す