転職エージェントとの面談までのポイントとは?



転職エージェントを使うメリットについては、本ブログで取り上げてきました。ここでは、最初の会員登録について、基本的で重要なことを書きたいと思います。

 

会員登録の際の注意は?

転職エージェントへの登録は、ほとんどの場合は転職エージェントの公式サイトから会員登録ボタンを押下することにより行います。

リクルートエージェント、DODAのような大手の転職エージェントでは、プライバシーマークを取得しているので、安心です。

中小規模の転職エージェントの場合は、念のため、あなたの個人情報が保護されるかどうかをチェックしておきましょう。

プライバシーマークを取得しているかは、その指標になります。

 個人情報はすべて入力しましょう。

 職務経歴はわかりやすく、簡潔に入力しましょう。

会員登録が無事完了すると、まもなく担当のキャリアコンサルタントから連絡が来るはずです。

連絡がつきやすい携帯電話と個人メールアドレスを必ず入力しておきましょう。

在職中の方は、昼間は電話には出ることは難しいとあらかじめ、断っておけば、先方はその時間帯は外してくれます。

間違っても、会社のメールアドレスや会社の電話番号は入力しないことです。

転職活動は会社に知られないように行うのが効率的だからです。

 

職務経歴書が最重要!

会員登録後、転職エージェントから連絡が来たら、キャリア相談の日程を調整します。

キャリア相談とは、いわば転職エージェントがあなたの市場価値を図る場でもあります。

 つまり、【転職エージェントとの面接】と思って準備したほうが良いでしょう。

エージェントとの面談にあたって、履歴書・職務経歴書を送るように指示されると思います。

できるだけ早く送るのは良いのですが、キャリアコンサルタントが見ても読むに値する内容かは、送付前にチェックすべきです。

面談は基本的に職務経歴書の内容確認が中心だからです。

あなたが面談の場で、書類とは違うことをアピールするのは、時間的に難しくなる可能性も十分あります。

職務経歴書に書いてあることでしたら、全てではなくても、キャリアコンサルタントはあなたに質問してくれるはずです。

そして、質問してくれたことこそが、キャリアコンサルタントが気になっていることであり、あなたの価値なのです。

職務経歴書の完成度を日頃から上げてください。

添削は転職エージェントがサービスで行ってくれますが、もともとの出来が良ければ、さらに良いものになっていきますよね。

キャリア相談は職務経歴書が重要であることを頭に入れておいてください。

そのためには、常日頃からキャリアの棚卸しを実施して、職務経歴書を定期的に見直すクセをつけておきましょう。

職務経歴書には、完成はありません。

読めば読むほど、修正したいところが出てくるはずです。

いい感じになるまで、見直しをしましょう。

 

キャリアコンサルタントとの面談に備えて…

転職エージェントへの会員登録が済み、連絡も取れて、『いい感じ』の職務経歴書もできたら、いよいよ、キャリアコンサルタントとの面談です。

面談の流れは大体、同じようなものなので、典型的な質問例をお教えしましょう。

少なくとも下記の想定問答は考えておきましょう。

 履歴書の確認。年齢、学歴、転職理由の確認。

 職務経歴書の確認。ここは丁寧に聞いてくれます。

 希望業界、職種は?

 希望勤務地は?

 希望年収、必要最低限の年収は?

 英語は得意か?TOEICのスコアは?

 日系か外資系のどちらを希望?

 転職希望時期は?

 面談の内容次第で求人を紹介してくれる可能性があります。求人を紹介されたら、前向きに検討しましょう。断ってしまうと、次の紹介につながりにくいです。

 キャリアコンサルタントは求人を紹介する人は慎重に選んでいます。

 企業に対して、あなたの推薦状を書いて、応募手続きをしますので、転職エージェントと企業との信頼問題になります。

 転職エージェントは内定の可能性があると思っているから紹介するのです。

 面談の際は、『この人は企業に紹介しても大丈夫な人か?』をキャリアコンサルタントは確認しているのです。

緊張しすぎはいけませんが、油断もいけません。


業界最大手のリクルートキャリアが運営する転職エージェント【リクルートエージェント】です。

非公開求人数、アドバイザーの質が高いので転職初心者にもおススメします。

まずはここから登録が良いのではないでしょうか?


トップへ戻る


本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す