転職活動がバレないための方法とは?【転職エージェントを使え】

転職活動はバレないように進めるべき【転職エージェントがベスト】転職ノウハウ
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職活動が会社にバレない方法を知りたい。最も安全な転職方法を教えて欲しい。

 

上記のお悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職活動はバレやすいので注意が必要。ハローワークで転職活動をすると知人に会ってバレやすい。転職サイトで転職活動するのは、個人情報が会社に漏れてバレやすい。結局転職エージェントを使うのが安全安心である。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

転職経験と採用担当経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職活動はバレないように進めるべき
  • 転職エージェントを使った転職活動はバレない
  • 直接応募での転職活動はバレやすい

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職活動はバレないように進めるべき

転職活動はバレないように進めるべき

 

転職活動はバレないように進めるべきです。

理由は簡単で「転職活動を邪魔される」からです。

 

転職活動をしていることがバレると「退職交渉」のときにも「もめる」ことは明らかです。

懸念点はあらかじめ取り除いておきましょう。

 

ここでは「転職活動がバレないように進めるべき」理由を書き、次項以降でバレにくい転職方法をずばりお教えします。

せっかく転職活動をしているのに、同僚などにバレてしまっては動きがとりにくいですよね。

 

転職活動がバレないように進めるべき理由は以下の通りです。

 

  • 転職がうまくいかなかったときや中止したとき「今の会社にいづらくなる」。
  • 会社にいづらくなるだけでなく「社内の評価に影響する」場合が多い。
  • 転職することがバレると「引き留め」にあって、円満退職するのが大変である。
  • 上記の通り。

 

特に退職交渉に時間がかかってしまい、さらには転職先の信頼を失いかねないのが一番影響があります。

在職中の方は他の社員にバレずに転職活動をすることが「ベスト」であるといえます。

 

転職活動がバレてしまうと会社に転職の邪魔をされてしまいます。

転職活動に集中することが大切なので、バレないように進めるべきです。

 

>>【失敗体験あり】転職の始め方と手順【8割、命運が決まります】

 

 

転職エージェントを使った転職活動はバレない

転職エージェントを使った転職活動はバレない

 

結論「転職エージェントを使った転職活動が一番安全です。」

 

転職エージェントは「個人情報保護について神経質なほどしっかり管理されています」。

ほとんどの転職エージェントは紙ベースでの履歴書・職務経歴書を受理しないです。

 

企業に候補者を推薦する際も「履歴書・職務経歴書は電子データで送付」しています。

紙ベースの履歴書・職務経歴書を転職エージェントが預かると、個人情報保護上管理が甘くなります

 

転職エージェントは履歴書・職務経歴書にパスワードを付加して管理しています。

少なくとも大手の転職エージェントは厳しく個人情報を管理しています。

 

あなたの担当コンサルタントは決まっています。

もしも「個人情報が外部に漏れたりすると担当者の責任問題になります」ので、ありえません。

 

転職エージェントは今の職場や前の職場へは絶対に転職活動をしていることの情報が漏れたりしないように常に気をつけています。

転職エージェントの仕組みでもお話ししましたが、あなたはキャリアコンサルタントにとって、大事な飯のタネなのです。

 

>>なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】
>>転職エージェントの言いなりになるな【最終決定はあなた】

 

同じ転職エージェントの中でもあなたの個人情報を閲覧できるのは「パスワード」を知っている担当コンサルタントだけです。

中でもリクルートエージェントやdodaのような大手転職エージェントは「システムが完全に出来上がっています」ので、あなたの個人情報は守られます。

 

はじめて転職エージェントを使うのなら、大手の方がセキュリティ面でもしっかりしていますので安心です。

バレずに転職活動をするなら転職エージェント以外はありえません。

 

 

直接応募での転職活動はバレやすい

直接応募での転職活動はバレやすい

 

ハローワークでの転職活動はバレやすい

 

ハローワークには「転職活動中」の多くの人が出入りします。あなたの同僚が出入りする可能性だってあります。

秘密裏に転職活動を進めたいのでしたら「ハローワークは避けた方が良い」と思います。

 

理由は先ほど述べたとおりで「誰が来るかわからない」からです。

ハローワークに出向いての求人検索はバレる可能性あります。

 

インターネットでハローワークの求人検索が可能ですので、そちらの方をおすすめします。

企業名などを知るためには、ハローワークに出向いて登録する必要があります。

 

ハローワークに出向く際には平日に有給休暇をとるなどして、転職活動がバレルのをさけましょう。

 

>>エージェントとハローワーク、どちらが良いの?
>>【転職方法】ハローワークをおすすめしない本当の理由とは?
参考記事>>失業手当手続きを最速でもらう方法とは?【魔法はありません】

 

転職サイトでの転職活動はバレやすい

 

転職サイトはウェブサイトからの転職活動ですので、ハローワークよりはバレにくいです。

 

>>転職サイトはすでにオワコンか?【使い方次第で良くも悪くもなる】
>>知らなきゃ損する転職サイトの真相【実は3つのパターンが存在する】

 

個人情報という点でも「ハローワークよりはずっと安全」です。

ただし転職サイトから応募する場合、注意点がひとつだけあります。

 

転職サイトに登録する際には「レジュメを公開してスカウトを使う」方もいると思います。

気をつけて頂きたいのは、レジュメは全公開にしないということです。

 

在職中の会社や今まで在籍していた会社や取引先には、あなたの個人情報を全て非公開にしておきましょう。

企業のブロック設定は簡単にできますので、非公開設定はしておいたほうが安全です。

 

>>転職サイトのスカウトを使いこなすには?【ポイントは3つだけ】

 

私の経験だと転職サイトに登録してすぐに今の会社からスカウトが来たことがあります。

幸いバレませんでしたけど、ひやっとしました。

 

それさえ守れば、安全な転職方法といえるでしょう。

転職の進め方に従って、転職サイトは「求人ニーズのマーケティング」に徹するのがベストです。

 

非公開設定を忘れてしまい、転職活動が会社にバレる心配もなくなります。

 

>>【情弱】転職サイトの使い方での最悪の失敗は直接応募してしまうこと
>>失敗しないための転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

 

Sponsored Links