転職活動でパソコンがない場合、どのような代替手段があるのか?

履歴書・職務経歴書
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

・転職をすることになったが、パソコンがなく、どのような代替手段があるのかを知りたい

・転職活動でパソコンがないと不利になるのか知りたい

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

Sponsored Links

転職を検討したはいいけど、パソコンがなくて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スマホ・ファーストの今はなおさらだと思います。

 

そこで本記事では以下の話題について解説します。

 

  • 転職活動でパソコンがない場合の代替手段
  • 転職活動でパソコンがないと不利になるのか?【パソコンを購入してみての感想】

 

ちなみに筆者は転職を3回経験しており、パソコンが壊れて困った時期が実際にありました。

その時に実施した代替手段をご紹介します。

 

 

転職活動でパソコンがない場合、どのような代替手段があるのか?

 

転職活動でパソコンがない場合、東京しごとセンターを使う

 

東京しごとセンターはハローワークと性格が似ています。

運営しているのが東京都である点と、転職エージェントのキャリアコンサルタントがサポートしてくれる点がハローワークと大きく違う点です。

 

私も転職活動をする際は東京しごとセンターを活用していました。

転職エージェントには何でも話せませんが、東京しごとセンターのアドバイザーにだったら何でも相談出来ましたね。

 

公的機関ですので、必ずしも保有求人は魅力的とは言えませんが、使い方次第だと思います。

求人紹介が中心の転職エージェントとうまく使い分けることが大切です。

 

そもそも、私が東京しごとセンターを使い始めたのは履歴書・職務経歴書を作成し、印刷できるからでした。

私はプリンターを持っていませんでしたから、代替手段を探していたのです。

 

東京しごとセンターミドルコーナーにはパソコン・情報コーナーというのがあり、自由にパソコンを見たり、求人検索、応募をしたり、求人票、履歴書・職務経歴書の印刷などが自由にできて快適でした。

 

パソコンを利用できるのは、東京しごとセンターのアドバイザーの面談を受けている方が対象になりますので、迷わず手続きしました。

東京しごとセンターのアドバイザーはある大手転職エージェント出身の方ですので、的外れなアドバイスをされることはありませんでした。

 

これはうれしい誤算でした。

転職エージェントと東京しごとセンターのアドバイスを聞くことができたのはとても良かったと思います。

 

 

このように東京都の施設は有効活用すべきです。

ちなみに東京都民でなくても、登録はできます。

 

東京しごとセンターミドルコーナーを使えば、無料でパソコンが使えて、プリンターも完備しているので首都圏の方には、一番おすすめです。

 

 

転職活動でパソコンがない場合、転職エージェントのスマホアプリを使う

スマホ世代であればこれがおすすめです。

インターネットにもさまざまな職務経歴書作成のスマホアプリがあります。

 

転職エージェントのスマホアプリを使った方が、求人紹介を始め、さまざまな転職支援をしてくれるので、手間が省けます。

 

それがパソナキャリアの転職ナビです。

会員登録なしでもこのアプリを使えますので、とても便利です。

 

求人検索も可能で3万件もの求人数することができます。

相応しい求人をみつけたら、直接応募よりも転職エージェントであるパソナキャリアの推薦状付きで応募した方が書類選考通過率は高いです。

 

担当アドバイザーの支援が行き届いているとの評判も高いので、おすすめの転職エージェントです。

このようなスマホアプリを使った転職方法であれば、スマホのみで転職活動が済んじゃいます。

 

もちろん転職ナビで作成した職務経歴書は、PDFに変換することもできます。

印刷するとレイアウトがくずれたりすることがあるので、PDF化はやっておいたが良いです。

 

PDFをメールで送信し、コンビニなどのネットプリントサービスを使って印刷すれば簡単です。

ただしスマホアプリには限界があります。

 

誰でも作れるように出来ている分、パソコンのように文字装飾、フォント調整、罫線装飾などのデザインで差別化は出来ません。

誰が作成しても同じレイアウトになるので、平均的な印象です。

 

実は採用担当者はデザインのセンスで読む読まないも決まったりすることがあります。

これはもちろん無意識でということですが。

 

筆者は採用担当者の経験があるので、このことが実感としてよくわかります。

見やすい職務経歴書の方が読んでみようという気になってしまうのです。

 

面接も第一印象が大事というのと同じ意味です。

ただこのアプリで作成すれば、平均点の職務経歴書ができます。

 

特に見にくく汚いレイアウトということではないので、使ってみる価値はあるでしょう。

見た目の印象が悪いということはありませんから。

 

 

転職活動でパソコンがない場合、ネットカフェを使う方法

 

ネットカフェを使う方法もあります。

無料で利用できるわけではないので、効率的に履歴書・職務経歴書作成をする必要があります。

 

そのためにあらかじめ転職サイトのテンプレートをダウンロードし、それを基に修正すると良いでしょう。

一から履歴書・職務経歴書を作成するよりも、効率的ですし、良いものができます。

 

履歴書はJIS規格のテンプレートをダウンロードしましょう。

職務経歴書は職種ごとにテンプレートが掲載されていることが多いのでそれを流用する方が時間の節約になります。

 

 

もう一つの注意としてはWord、Excelが使えるパソコンを選ぶということです。

Microsoft Officeがプリインストールされていないと履歴書・職務経歴書作成は無理です。

 

ネットカフェのパソコンの中にはOfficeを使えないものもありますので、そこは注意しましょう。

 

転職活動でパソコンがない場合、手書きで応募書類を作成

 

最後の手段は手書きで職務経歴書を作成することです。

これについては達筆の方でもメリットとは言えないのでおすすめできません。

 

採用担当者はパソコンスキルがないと勘違いします。

応募者は誤字脱字の度に履歴書・職務経歴書の書き直しです。

 

両者にとってデメリットだらけです。

手書きで履歴書・職務経歴書作成をするとパソコンでは30分程度で済む作業が3時間くらいかかっても珍しくありません。

 

本当にパソコンが出来ない方でも練習すれば履歴書・職務経歴書くらいは作成できます。

さすがにキーボードが使えない場合はパソコン教室に通った方がよいかもです。

 

ちなみに東京しごとセンターミドルコーナーでは無料でパソコン教室などのセミナーなども多数無料でやってますので、お得ですよ。

 

 

転職活動でパソコンがないと不利になるのか?【パソコンを購入してみての感想】

 

転職活動でパソコンがなくても代替手段があるお話をしました。

実は転職活動の途中でパソコンを購入したのですが、その体験からスマホで十分と断言できます。

 

連絡手段としてのメールはスマホで十分です。

履歴書・職務経歴書作成は先ほどの方法で書きましょう。

 

なので転職活動のためでしたら、パソコンなくても問題なかったです。

実際に私は東京しごとセンターで全ての応募書類を作成しました。

 

急に求人応募するということはせず、事前に求人情報も調査しますので、問題はありませんでした。

内定も無事もらい転職できているので、念のために購入したパソコンですが転職にはほとんど役に立ちませんでした。

 

ネットカフェ、経験や経歴を気にしなくてOK!+TOKYOインターンUP to 29パソナキャリアのどこかで履歴書・職務経歴書の作成は可能です。

自宅での作業にこだわる必要はないと思います。

 

 

パソコンを使うならここ

 

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント