広告

【採用担当が厳選】どこがいい?失敗しない転職サイトおすすめ5選

転職サイト
転職サイト
この記事は約14分で読めます。

 

 

おすすめの転職サイトを知りたい人「おすすめの転職サイトを知りたい。転職サイトと転職エージェントの違いもよくわからないので、知りたいな。さらに、おすすめの転職サイトと転職エージェントの利用方法を知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

この記事を読めばわかること

  • おすすめの転職サイトがわかる。
  • 転職エージェントと転職サイトの違いがわかる。
  • おすすめの転職エージェントと転職サイトの利用方法がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は転職経験が3回ほどあり、転職エージェントと転職サイトを合わせて50社以上は使ってきました。
  • 転職経験によって、使ってよかった転職エージェントと転職サイトだけをここで掲載しています。
  • 採用担当経験者として、転職エージェントに求人を依頼する側でしたので、対応の良い転職エージェントを掲載しています。
  • つまり転職経験、採用経験の両方から選んでいますので、信憑性はかなり高いです。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

 

  • 【採用担当が厳選】どこがいい?失敗しない転職サイトおすすめ5選
  • 【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い
  • 【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方
  • 上記の通り。

ではそれぞれ解説します。

 

 

【採用担当が厳選】どこがいい?失敗しない転職サイトおすすめ5選

どこがいい?失敗しない転職サイトおすすめ

 

【失敗しない】転職活動で役に立つ転職サイト比較表【おすすめ】

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

  • 【転職失敗しない】転職活動で役に立つ転職サイト【おすすめ】
転職サイト ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト リクナビNEXT Re就活 ミイダス
運営会社 ビズリーチ リクルート リクルート 学情 ミイダス
公開求人数 86,036件 132,490件 63,466件 10,860件 非公開
非公開求人数 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 30代~50代 30代~50代 20代~50代 20代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 ハイクラス求人 ハイクラス求人 総合求人 総合求人 総合求人
特徴 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 転職後の平均年収950万円 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト

 

ビズリーチ

 

運営会社 ビズリーチ
対応エリア 全国
公開求人数 86,036件
非公開求人数 非公開
特記事項 ハイクラス求人に特化した転職サイト

 

転職サイトの中では最も価値があります。

企業やヘッドハンターからスカウトが来る機能が最も魅力的です。

 

【ビズリーチ】エグゼクティブのヘッドハンティング型転職サイト!にレビュー記事を書いていますので合わせて読んで頂けるとこの転職サイトの良さが伝わると思います。

まさにエグゼクティブ向け転職サイトとも呼べますが、30代のバリバリの方でも、応募可能です。

 

年齢関係なく、ポテンシャルが高い方向けの転職サイトなんですね。

私も登録していますが、リクナビNEXTのようにオファー数が多いわけではありません。

 

ですがオファーが来ると、テンションが上がります。

年収1000万円以上の求人が殆どですから。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】ビズリーチは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?【全然ちがう】

【ビズリーチ】エグゼクティブのヘッドハンティング型転職サイト!

 

リクルートダイレクトスカウト

 

運営会社 リクルート
対応エリア 全国
公開求人数 132,490件
非公開求人数 非公開
特記事項 ハイクラス転職サイト。

 

リクルートダイレクトスカウトもビズリーチと同じハイクラス求人に特化した転職サイトです。

運営はリクルートが行っており、会社のブランド、ネットワークを駆使して、さまざまなヘッドハンティング会社と業務提携しています。

 

使い方としてはオファーを待っていればよいので、ほかの転職エージェントを使いつつ転職活動をしましょう。

忘れたころに「超優良求人」がオファーされるかもしれません。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】リクルートダイレクトスカウトは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【年収950万円】リクルートダイレクトスカウトはハイクラスの転職サイト!

 

Re就活

 

運営会社 学情
対応エリア 全国
公開求人数 10,860件
非公開求人数 非公開
特記事項 20代が選ぶ転職サイト第一位。

 

Re就活は登録者数120万人、20代向けの転職サイトです。

第二新卒向けの転職サイトとしては実績第一位と言えるでしょう。

 

とても有名な転職サイトですので、ご存知の方も多いでしょう。

もし20代の方で使っていない方がいらっしゃったら、転職サイトだけでも見てみてください。

 

魅力的な求人が掲載されているかを良く確認してから使うことも大事です。

「大勢が使っている」からといってあなたに相応しいとは限りません。

 

リクナビNEXTも同じで使う前の求人確認はしっかりしましょう。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

リクナビNEXT

 

運営会社 リクルート
対応エリア 全国
公開求人数 63,466件
非公開求人数 非公開
特記事項 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト。

 

転職活動をしている方は、ほとんど登録していると言われているサイトです。

運用は登録手順:リクナビNEXTを使うまで【リクルートエージェントも同時が良い】を参考に使ってくださいね。

 

転職サイトは、目的を決めて登録した方が効率的です。

私は、求人サイトとして使っています。

 

オファーの量もかなり多いのですが、質はイマイチだからです。

転職サイトは求人ニーズがあるかどうかをリサーチする目的で使うのがベストです。

転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

登録手順:リクナビNEXTを使うまで【リクルートエージェントも同時が良い】

 

MIIDAS(ミイダス)

 

運営会社 ミイダス
対応エリア 全国
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
特記事項 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト。

 

MIIDAS(ミイダス)は面接確約型の転職サイトです。

ハローワーク、転職サイト、転職エージェントにおいても書類選考は避けられません。

 

しかしMIIDAS(ミイダス)に登録しておけば、面接確約の求人がオファーされます。

オファーを待っていれば良いので、この転職サイトをメインで使う必要はありません。

 

登録して待っていればオファーが来ますので、メインには別の転職エージェントなりを使えば良いのです。

さらにMIIDAS(ミイダス)では転職市場でのあなたの価値、つまり想定年収を客観的に判断してくれます。

 

もちろん正直に質問に答えることが前提です。

登録もスマホのアプリから出来ますので、とても気軽にできるのでスキマ時間に簡単に出来ますよ。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【ミイダス】登録後すぐに面接確約のオファーが来る転職サイトは?

 

 

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い

 

転職エージェントと転職サイトの違いを理解しておくことは重要です。

以下で解説します。

 

転職サイトの裏事情とは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトのビジネスモデル

 

転職サイトは求人サイトともいうことからわかるように、求人を掲載することでビジネスが成り立っています

上図のように企業A、企業Bがあったとします。

 

求人掲載料を払わないと、企業は転職サイトに掲載できません。

その時高い掲載料を払えば、転職サイトは、目立つ場所に求人掲載してくれます。

 

上図の例では企業Aです。

逆に企業Bは掲載料が安いので、目立つ場所には求人掲載してくれません。

 

求職者にとっての良い求人が、必ずしも「目立つ場所に掲載されている」わけではないことを覚えておきましょう。

これは、広告と同じことと考えるとわかりやすいです。

 

転職サイトが、無料で利用できるのは、企業が求人掲載料を払っている裏事情があるからです。

 

転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

 

転職エージェントの裏事情とは?【成果報酬型】

 

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

以下のような流れで転職エージェントは売上を得ています。

 

  • 企業は求人を転職エージェントに依頼する。
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3割程度を企業は転職エージェントに支払う。

 

これが転職エージェントのビジネスモデルです。

 

なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】

 

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

転職エージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

転職エージェントのビジネスモデルが原因で以下のような裏事情があります。

  1. 必ずしも全員が登録できるわけではない。やんわりと断られる。
  2. コンサルタントにはノルマが存在する。
  3. 転職可能性の高そうな求人が紹介されがち。
  4. スキルの高い登録者が優遇される。

 

①は転職エージェントに登録すると「紹介できる求人がありません。」と返事が来たときがまさにそう。

実は求人がないのではなく、スキル不足が原因です。

 

②は求職者のことを第一に考えられない原因ともなります。

これはコンサルタントによって全然違いますので、複数の転職エージェントを使ってみるのは、マストです。あなたの運命ですから。

 

【転職3回でわかった!】転職エージェントはコンサルタントで選ぼう

 

③はコンサルタントのノルマとも関係しています。

転職難易度が低いものから求人紹介するコンサルタントがいるのも事実です。

 

④はある意味当たり前ですが、スキルが高い求職者ほど優遇されます。

転職エージェントから良い求人を優先的に紹介されます。

 

結局、転職エージェントはコンサルタント次第です。

求職者のことを第一に考えてくれるコンサルタントももちろんいます。

 

目先の利益しか考えていないと上記のようなコンサルタントになります。若い方に多いです。

人材業界を勝ち抜いてきたベテランであれば、信頼できます。

 

どうすれば利益が出るかも知り尽くしているので、余裕があるんです。

 

転職エージェントはマッチング重視の使い方が良い【あなたは商品】

 

転職エージェントと転職サイトのサービスの違い

転職希望者、求職者の観点から転職エージェントと転職サイトのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイト 転職エージェント
求人の内訳 公開求人のみ 非公開求人が8割程度
求人応募 自由に応募可能 エージェントの推薦による
職務経歴書の添削 サポートなし エージェントが添削
面接日程の調整 サポートなし エージェントが代行
面接対策 サポートなし エージェントと想定問答の練習
面接同行 サポートなし 希望すれば、同行あり
年収交渉 サポートなし エージェントが年収交渉
退職交渉 サポートなし エージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のように転職エージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

転職エージェントと転職サイトは使い分けることが大切です。

 

【採用担当が教える!】転職サイトのデメリットは応募が手軽に出来てしまうこと?

転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

転職エージェントのデメリットとメリットとは?【転職のプロが徹底解説】

 

 

【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方

【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

改めて以下に失敗しないための正しい転職活動の手順を示します。

 

  • 転職理由・転職の軸を明確にする。
  • 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  • 転職活動のスケジューリング
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦による求人応募
  • 年収交渉・内定承諾・退職交渉
  • 上記の通り。

 

もっとも重要なことは転職サイトは求人検索に徹することです。

求人応募は転職エージェント推薦の方が圧倒的に有利です。

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

転職サイトから応募すると、自動的に見送りになってしまうことが多いです。

 

【採用担当者が断言!】転職サイトの効果的な使い方とは?

 

転職サイトの使い方としては「求人ニーズ」を徹底的にマーケティングすることのみにしましょう。

多くの求人が検索されれば、転職市場でニーズがありますので「転職をしても大丈夫」です。

 

逆に希望する求人が見つからない場合は転職市場でニーズがない可能性があります。

転職活動をするのは待って、スキルアップをしたほうが賢明です。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました。

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

【採用担当が徹底解説!】転職エージェントは自己責任で使えば失敗しない?【言いなりはダメ】

【転職失敗しない】簡単な転職の7つの進め方と手順を完全公開【採用担当が徹底解説】

 

転職サイトで求人ニーズをマーケティングしないことには転職活動は始まりません。

転職を考えている方は早めに転職サイトの登録だけはしておきましょう。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

  • 【転職失敗しない】転職活動で役に立つ転職サイト【おすすめ】
転職サイト ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト リクナビNEXT Re就活 ミイダス
運営会社 ビズリーチ リクルート リクルート 学情 ミイダス
公開求人数 86,036件 132,490件 63,466件 10,860件 非公開
非公開求人数 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 30代~50代 30代~50代 20代~50代 20代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 ハイクラス求人 ハイクラス求人 総合求人 総合求人 総合求人
特徴 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 転職後の平均年収950万円 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト

 

【採用担当厳選】転職エージェントおすすめニーズ別86選!徹底比較【求人数や選び方・裏事情を紹介】