転職でおすすめの職種はITエンジニア1択【20代なら問題なし】

ITエンジニア
この記事は約8分で読めます。

 

 

おすすめの職種に転職したい20代社会人「今の会社がいやになったので、転職したい。転職に失敗しないためにはゴールを設定する必要があると聞いた。なので、おすすめの職種を知り、その中から相応しい職種を選定したい。今現在、転職する場合におすすめの職種を知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

おすすめの職種としては以下のポイントを考えると、IT1択と考える。

 

  • 業界・職種が伸びており、将来性がある
  • 例外はあるもののホワイトより
  • 人手不足なので転職しやすい

 

ほかの職種は将来性を考えると結構難しいかもです。

 

ちなみに筆者は採用担当者として、書類選考や転職面接も数多く実施してきました。

採用担当の視点から転職でおすすめできる職種を解説いたします。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職でおすすめの職種はITエンジニア1択【20代なら問題なし】
  • 転職でおすすめの職種がITエンジニアである理由
  • 楽な仕事ではないがITエンジニアは転職でおすすめの職種

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職でおすすめの職種はITエンジニア1択【20代なら問題なし】

 

結論「転職でおすすめの職種はITエンジニアだけです」

 

あなたは今の会社を「上司と合わない」などの理由で転職したいと思っているのであれば、どんな職種を目指せば良いかわからなくて当然だと思います。

20代であれば、ポテンシャル採用がほとんどなのでおすすめの職種に転職することは問題ありません。

 

30代以上の転職では即戦力を前提とした採用になります。

30代以上で職種変更する場合には、転職は難しくなりますので、慎重に検討しましょう。

 

転職でおすすめの職種としては、

 

  • 営業
  • 介護
  • コンサルタント
  • ITエンジニア
  • 生産技術、品質保証

 

などがあげられます。

 

上記の中ではコンサルタントの場合は、経営コンサルタントやITコンサルタントなど業界経験があればおすすめです。

ものの品質を管理する人材が求められていますので、品質保証の場合は製造業の業界経験があればおすすめです。

 

介護については未経験でも転職できるのでおすすめの職種ですが、転職後に経験者との差が大きい場合があります。

すると条件がほとんどなくて、おすすめの職種は営業とITエンジニアだけになります。

 

営業職の場合は経験は求められませんが、ヒューマンスキルは高い方が絶対良いです。

それに比べるとITエンジニアは経験は求められませんし、業界も問いません。

 

つまり転職でおすすめの職種はITエンジニア1択だと断言できるんです。

 

IT特化型転職エージェントならここ >> レバテックキャリア

 

 

転職でおすすめの職種がITエンジニアである理由

 

結論「業界が伸びており、ホワイト企業が多く、転職しやすいため」

 

転職でおすすめの職種がITエンジニアである理由1:業界・職種が伸びており、将来性がある

 

IT業界全体の需要が伸び続けています。

その背景としては多くの企業がAI/IoTを活用した自動化に乗り出しているためです。

 

当然、ITエンジニアの仕事は増えていきます。

ITエンジニアという職種はIT業界以外でも必要な職種です。

 

社内SEをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

IT業界に限らず、どの業界にもITエンジニアに相当する職種はあります。

 

ITシステムが大規模になってくると、IT業界に発注することになりますが、普通は社内のITエンジニアがシステム開発をしているのです。

つまり業界としても需要があるのは当然のこと、職種としても将来性があるのがITエンジニアと言えるのです。

 

転職でおすすめの職種がITエンジニアである理由2:ホワイト企業が多い

 

IT系企業はホワイトよりの企業が多いです。

もちろんブラック企業がないわけではありません。

 

SIerのように顧客が出す仕様書通りにITシステム開発し、納期を守って納品するようなところはおすすめできません。

やはり自社サービスをもつIT企業がおすすめだし、ホワイト企業が多いと言えます。

 

ポテパンキャンプに通うことで自社サービスを持つIT企業の求人紹介してもらえると思います。

学習できる言語は主にRuby on Railsですので、Webエンジニア向けのプログラミングスクールです。

 

会社四季報を見れば、離職率が高い会社かどうかわかります。

さらに転職会議を読めば、会社の評判や年収もだいたいわかってくるものです。

 

転職活動では企業の評判を情報収集するのは必須です。

ブラック企業に応募しないで済むように、事前によく確認しましょう。

 

内定が出てから確認するのでは、時間の無駄なんです。

ITエンジニアの求人だからと言って安心せずに、応募前に求人情報収集をすべきです。

 

 

転職でおすすめの職種がITエンジニアである理由3:人手不足なので転職しやすい

 

ITエンジニアは先ほども書いたように常に人手が足りません。

20代であれば、ほぼ問題なくポテンシャル採用されます。

 

転職先でスキルを身につければいいのです。

IT業界は1年前に身につけたスキルがすぐに古くなる技術の進歩のスピードが速いところです。

 

企業が期待するのは「新しい技術を吸収する力」です。

「僕はRubyしか書けないから、ほかの言語はできない」という人には門戸は開かれていません。

 

それよりも「今はスキル不足だけど面白そうだから、やってみたい」と思う人が歓迎されます。

転職しやすいと言っても、マインドがない人には無理です。

 

なんでもそうだと思います。

興味がない業界や職種に就いても苦しいだけです。

 

「未経験でも前向きに覚えようとする人」であれば、ITエンジニアは転職でおすすめの職種です。

 

 

 

楽な仕事ではないがITエンジニアは転職でおすすめの職種

 

結論「決して楽ではないが、ITエンジニアは需要が減ることは当面ないので、転職でおすすめの職種」

 

ITエンジニアの需要は減ることはありません。

その分、忙しい日々が続くでしょう。

 

その仕事の多くは社会に望まれているものです。

ITエンジニアが人々の生活を便利にする一助としているのです。

 

Webやアプリが開発されることで、どれだけ生活は便利になっているでしょう?

社会貢献している実感も得られるので、ITエンジニアは転職でおすすめの職種です。

 

もちろん決して楽な仕事ではありません。

定時で仕事が終わることはないかもしれません。

 

ただこの仕事はプロジェクト単位です。

一つのプロジェクトが佳境を迎えれば、かなりの忙しさです。

 

反対にプロジェクトが終われば、次のプロジェクトが始まるまで落ち着いて仕事ができます。

自分のスキルを身につけるのはこの間が良いと思います。

 

ITエンジニアという職種を選んだら、転職することで、スキルを極めていくのがおすすめです。

そうすることで年収アップ、ポジションアップも見込めるからです。

 

同じ会社で何年も働いていても、スキルアップには限界があります。

学べるものには限界があるからです。

 

その企業でのスキルを一通り身につけたら、迷わず転職の準備に入りましょう。

そうすることで、あなたは間違いなくITエンジニアとしてレベルアップできます。

 

終身雇用制が破壊された今は、転職は当たり前です。

一つの会社に長くいると、その会社の業務フローに詳しくなりますが、転職市場では全く評価されません。

 

そうなる前に転職すべきです。

そして一度転職の軸を「ITエンジニア」と決めたら、それは変えないことです。

 

詳しくは転職エージェントに相談してみるのが一番です。

そうすると「あなたの転職市場価値」もわかります。

 

>> レバテックキャリア

 

誰にでも求人紹介するわけではありません。

企業に推薦する価値のある人だけが求人紹介されるんです。

 

エージェントからのリアクションが薄い場合はその理由を聞いてみると良いでしょう。

「今の私に足りないものはなんでしょうか?」と聞いてみれば、エージェントとしてアドバイスくれますよ。

 

スキル不足だから求人紹介がないのでしょうから、足りないスキルを補ってから、転職に挑戦すればいいんです。

失敗を恐れていては転職できません。

 

恥をかくのを嫌がっていては転職できません。

何度も失敗し、何度も恥をかいて転職成功できるんです。

 

 

 

コメント