20代後半の転職で成功する人と失敗する人との違いとは?【一つだけ】

20代転職
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

 

20代後半で転職を考えている人「このまま今の会社で勤め続けてよいのだろうか?年齢的に転職のチャンスは最後かもしれない。20代後半での転職を失敗させないための注意点を知りたい。また20代後半の転職で求められることも知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

20代後半でも転職は十分可能だが、成功する人と失敗する人とに大きく分かれるのも事実。

一言でいうと「ゴール設定を具体的にしているか」どうかで決まる。

 

20代前半の転職では目標が深堀されていなくても、将来のポテンシャルを見込んで採用されることが多いが、20代後半では即戦力前提である。

 

ちなみに筆者は採用担当者を前職で経験しています。

20代後半で転職に成功した方、失敗した方を数多く見てきています。

 

20代後半の転職で成功した方と失敗した方の違いは何なのか?

この点をメインに書いていきたいと思います。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 20代後半の転職で成功する人と失敗する人との違いとは?
  • 20代後半の転職で失敗しないための注意点
  • 20代後半の転職で求められる人材とは?

 

では一つずつ解説します。

 

 

20代後半の転職で成功する人と失敗する人との違いとは?

 

結論「ゴール設定を具体的にしているかどうかが成功と失敗の分かれ目」

 

20代前半の場合は「何となく転職したい」でも希望の転職先が見つかったりします。

それは20代前半で会社を退職する人が3割もいるからです。

 

その分、20代前半には転職の機会があります。

20代前半はその年齢層が人手不足の企業が多いので、割と苦労なく転職できるのです。

 

それに対して、20代後半の転職では少々厳しくなります。

ゴール設定を具体的にしているかどうかが20代後半の転職成功の分かれ目です。

 

上司と合わないからとか、人間関係が嫌になったとか、今の仕事がつまらないとかではゴール設定するのは難しいでしょう。

転職するときには「何を目指すのか?」をはっきりさせることです。

 

「キャリアアップする」にしても、「どの業界のどの職種を目指すのか?」が具体的になっていなければなりません。

20代後半の転職が失敗するか成功するかは、この「ゴール設定」がきちんとできているかの一点だけです。

 

逆に言えば、ゴール設定さえできていれば、転職は成功する確率が高くなります。

 

 

20代後半の転職で失敗しないための注意点

 

結論「転職の目的をはっきりさせ、自己分析をきちんと行い、情報収集も欠かさないこと」

 

20代後半の転職で失敗しないためには、転職の目的をはっきりさせること

 

20代後半の転職で失敗しないためには、転職の目的をはっきりさせることです。

「キャリアアップするため」なのか、「年収アップが目的」なのか、これだけでも全然違います。

 

キャリアアップするためには、年収ダウンするかもしれません。

しかし、仕事内容では妥協してはいけません。

 

年収アップするためには、仕事内容で妥協しなければいけない場合もあるでしょう。

年収アップだけを転職の目的にすると「転職の軸」が決まらなくなるので、あまりおすすめしません。

 

今は終身雇用は実質なくなり、実力のある人はどんどん転職する時代です。

これからのキャリアが見えず、一時的に年収が上がるだけでしたら、長期的にキャリアアップを転職の目的とする方がずっと良いでしょう。

 

20代後半の転職で失敗しないためには、自己分析をきちんと行うこと

 

20代後半の転職で失敗しないためには、自己分析も重要です。

自己分析を行うことで、あなたの強み・弱みがわかってきます。

 

転職は強みを活かすためにするべきです。

人間は不得意なことを克服するのは、難しいのです。

 

それよりもたとえ好きでなくても、あなたには強みがあるはずです。

多くの人は「やりたい仕事」ができるように転職したがります。

 

その転職はあなたにとって幸せでしょうか?

やりたい仕事だけれど、不得意なことだったら、すぐに辞めるべきです。

 

あなたの強みを引き出すために自己分析が必要なのです。

得意なことを言語化し、それを「転職の軸」とするのが目的です。

 

20代後半の転職で失敗しないためには、情報収集を欠かさないこと

 

20代後半の転職で失敗しないためには、情報収集も大事です。

求人応募の際には徹底的に調べることでブラック企業に入社しないで済みます。

 

を見れば、離職率が掲載されていますので、これは大いに参考にしましょう。

離職率が高い企業はブラックである可能性が大きいです。

 

転職会議に代表される口コミもよく読んでおきましょう。

もちろん、逆恨みに近い口コミもあるにはあります。

 

ですが8割以上が悪い評判であったとしたら、その会社はブラック企業に限りなく近いです。

そんな企業には応募するだけ時間の無駄です。

 

なので情報収集こそが大事なんです。

「転職の軸」を決めたとしても、職場環境の良くない企業に応募しては台無しです。

 

情報収集することで、本当に希望条件に近い求人なのかを調べることも大事です。

ただ求人の仕事内容に関しては、あなただけで調べるのはきついですよね。

 

転職エージェント経由で応募することで、事前に求人の情報収集が十分できるんです。

ほかの記事でも「求人応募は転職エージェント経由で」と何度も書いています。

 

詳細は以下の記事を読んでください。

 

 

 

20代後半の転職で求められる人材とは?

 

20代後半の転職では即戦力が求められる【30代ほどではない】

 

20代後半の転職で求められる人材は、やはり即戦力です。

20代前半の転職では「ポテンシャル採用」がメインでしたが、20代後半ではスキルも求められます。

 

20代後半といっても、26歳と29歳とでは意味が全然違います。

29歳の方は即戦力採用前提と考えてよいでしょう。

 

それに対して、26歳の方は第二新卒とのグレイゾーンとも言えるので、ポテンシャル採用も企業によってはもちろんあります。

「同程度のヒューマンスキル」、「同程度のテクニカルスキル」が複数人いた場合は、若い方が採用されるので、20代後半の方は即戦力採用されるように日頃からスキルを身につけておきましょう。

 

今だったら、ITエンジニア、特にWEBエンジニアが求められています。

Web系のプログラミング言語をポテパンキャンプなどのプログラミングスクールで学習し、その後Web特化型転職エージェント【マイナビクリエイター】から求人を紹介してもらうと将来の「軸」となり、あなたのキャリアは明るいです。

 

IT系を軸とするのは、かなりの確率でキャリア形成ができると思います。

 

20代後半の転職ではポテンシャルの高さも求められる

 

20代後半の転職では即戦力が求められるとさきほど書きました。

ですが、スキルでは30代、40代の方にはかないません。

 

20代後半の転職で戦う武器としては「若さ」と「ポテンシャルの高さ」があります。

20代前半はポテンシャルのみで戦うしかありません。

 

なので、20代後半では即戦力となれる「ある程度のスキル」と「これからのあなたの未来」が転職活動での武器となります。

企業にうまくアピールすることで、ポテンシャルの高さが認められるはずです。

 

20代後半の転職では応用力・柔軟性も求められる

 

20代後半の転職では柔軟な対応力が必要です。

20代ですので、同じ仕事を経験していたとしても、10年足らずです。

 

それだけを前面に押し出すと、転職では失敗します。

たとえ経験がないことでも「~は経験がありませんが、●●の経験がありますので、対応可能だと思います」というように面接の場で柔軟性を見せることが大事だったりします。

 

筆者が面接をしていたとき「立派な実績ですが、それは具体的にどうやって実現したのですか?」と質問していました。

答え方で、応募者の本当のスキルがわかるからです。

 

結果も大事ですが、そこに至るプロセスの方が大事です。

同じ結果であったとしても、自ら企画したものと、上司から言われてやったものでは全然違います。

 

はっきり言うと、20代後半にはそこまで高度なスキルは求めていません。

どちらかというと「頭が柔らかい年齢なので、色々な仕事を覚えてほしい」の方が本音に近いですね。

 

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント