ベンチャーへの転職で失敗しない方法は?【恐れすぎない方が良い】

転職ノウハウ
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

 

ベンチャー企業への転職で失敗を恐れる人「ベンチャー・スタートアップ企業へ転職したいが、失敗がこわい。ベンチャーへの転職で失敗しない方法を知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を失敗しないためには、大企業への転職以上の準備が必要。情報が少ない中で戦略的に動くことが重要。転職の目的を明確にすること、転職してからのキャリア形成を描いておくこと。つまり転職は通過点でその後のキャリアも考えておくことが失敗しないための戦略。

 

ちなみに筆者は大企業から転職して、ベンチャー企業を起業し、現場責任者兼採用担当です。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • ベンチャーへの転職で失敗しない方法は?【恐れすぎない方が良い】
  • ベンチャー企業への転職で失敗しないためには転職理由を明確にすべき
  • ベンチャー企業への転職で失敗しないためには明確なキャリア形成

 

では一つずつ解説します。

 

 

ベンチャーへの転職で失敗しない方法は?【恐れすぎない方が良い】

 

結論「ベンチャーへの転職で失敗しない方法は難しい」

 

よく言われることですが「失敗を恐れず、失敗から学べ」がベンチャー・スタートアップ企業転職では適切です。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職で失敗を恐れるあまり、転職の目的が達成できないのでは本末転倒です。

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職で失敗しないための方法はもちろんありますが、絶対ではありません。

それよりも失敗を恐れずに行動することの方が重要です。

 

 

ベンチャー精神と言われるように、ベンチャー企業で働くと失敗は日常茶飯事です。

大企業のように業務フローが標準化、自動化されていませんので、ある意味当然ともいえます。

 

ベンチャー・スタートアップ企業では失敗しても、前向きに働くことが評価されます。

そこが大企業とは違います。

 

大企業の場合は「失敗しない」ことの方が評価が高かったりします。

ですが、失敗しない人って、実は仕事してなかったりしますからね。

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職で失敗しないためには、大企業とは評価基準が全く異なることを認識しつつ、転職活動することです。

例えば、失敗を恐れず行動して失敗したとしてもベンチャー・スタートアップ企業では、マイナス査定にはなりません。

 

これはベンチャー・スタートアップ企業への転職活動にも言えることです。

転職面接でも質問したいことをどんどん聞いてくる応募者の方が好まれます。

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職で失敗しない方法は、失敗を恐れすぎずに行動することです。

 

 

 

ベンチャー企業への転職で失敗しないためには転職理由を明確にすべき

 

結論「入口戦略として、転職理由・目的を明確にすべき」

 

大企業への転職でも同じですが、ベンチャー・スタートアップ企業への転職では【転職理由】を明確にすることで失敗が避けられます。

転職理由は「転職して何を実現したいか」に等しいです。

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職であれば、明確な目標があるはずです。

年収アップが目標ということではないはずです。

 

殆どの場合はベンチャー・スタートアップ企業への転職では年収は下がるからです。

したがって、転職理由は「仕事内容のこと」になるでしょう。

 

ベンチャー・スタートアップ企業であれば、どこでも良いというわけではないはずです。

あなたがやりたい仕事が明確になっていないと、どこの企業に応募したらよいかわからなくなります。

 

つまり「入口戦略」で転職失敗してしまうのです。

転職活動で「転職理由」が重要なのは、上記が理由ですが、ベンチャー・スタートアップ企業の場合はより大変です。

 

ベンチャー・スタートアップ企業に転職しようとすると、情報がどうしても不足します。

直接応募では情報がほとんど収集できないので、企業に信頼されている転職エージェントから推薦応募しましょう。

 

 

 

ベンチャー企業への転職で失敗しないためには明確なキャリア形成

 

結論「ベンチャー企業転職で失敗しない方法はキャリアプランを明確にする」

 

ベンチャー・スタートアップ企業転職への転職でもう一つ注意することがあります。

ベンチャー企業の面接官は転職面接で応募者のキャリアプランを特にみています。

 

筆者も採用担当者ですからわかるのですが、転職した後のキャリアプランについては特に興味がありますね。

ベンチャー企業は決して安定しているわけではありません。

 

倒産する可能性だってあります。

ベンチャー企業に転職してから、どのようなキャリアプランを描いているのかは重要です。

 

さらに言えば、キャリア形成についてです。

転職先での「ゴール」は何なのかも面接官は知りたいのです。

 

応募者が転職先で目的を達成したら、さらに別の企業に転職するでしょう。

ベンチャー企業の採用担当者は「ずっと当社で働いてほしい」とは必ずしも思っていません。

 

別の企業でやりたいことができたら、転職するのは当然だと思っています。

大企業のように退職するのを引き止めたりはしませんからね。

 

ベンチャー企業と大企業とは社風が全然違うんです。

キャリアプランが明確である社員はそうはいません。

 

自ら仕事を見つけて、新しいことをどんどん始めることができる人がキャリアプランが明確なんです。

キャリア形成は企業を横断した計画です。

 

あなたのキャリアプランが転職先で実現できれば、次の目標に向かって転職可能です。

このように転職の軸をずらしながら、転職することで年収的にも満足度がアップしていくはずです。

 

以下はベンチャー企業に転職する際に使った方が良い転職エージェントです。

よろしければ一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

リクルートエージェント
ビズリーチ
JAC Recruitment

 

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント