転職を決意したら、実行すべき3つのこととは?【すぐにやるべき】

転職方法
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職理由が明確になり転職すると決意したら、すぐに実行すべき3つのことががあります。それは何でしょうか?

Sponsored Links

転職を決意したら、実行すべき3つのこととは?【すぐにやるべき】

転職を決意したら、実行すべき3つのこととは?【すぐにやるべき】

 

転職をすると決意したけど、具体的に何から始めてよいのかわからない方も多いですよね?

特に初めての転職の場合は、回り道をしがちです。

 

私がそうでした。

試行錯誤して、結局はこの手順が一番効率的だとわかりました。

 

転職経験が3回あるので、説得力はあるかと思います。

転職を決意したら、以下の3つだけはすぐにやるべきです。

 

  • ハローワークに登録し、転職活動の流れを実体験する。内定は獲得する必要はない。
  • キャリアの棚卸しを行うことで、強み・弱みを把握し、キャリアビジョンをはっきりさせる。
  • 転職サイトに登録し、あなたの希望する求人がどれくらい掲載されているかを確認する。

 

一つずつ解説します。

 

 

ハローワークに登録する

ハローワークに登録する

 

転職理由が明確になったら、まずはハローワークに登録にいきましょう。

公の機関に登録することで気も引き締まりますし、求人の検索を行うのにも必要な手続きです。

 

またわざわざハローワークに出向くのが面倒だったり、時間が取れない方も多いはずですね。

そんなあなたのために、ハローワークインターネットサービスがあります。

 

ネットさえつながる環境があれば、いつどこからでも求人のチェックができます。

登録はしなくても、上記サービスは利用可能ですが、求人検索で会社名が非公開になっていることもあるので、登録はした方が良いです。

 

ハローワークはこんな人にオススメ!で書いた方々にはこの媒体を中心に転職活動を行うことをおすすめします。

 

【悲報】ハローワークはこんな人におすすめです。
ハローワークは良い求人が少ないとよく言われています。ですが、転職の方向性によってはとても利用価値があります。それは何でしょうか?

 

そうでない方にも転職活動の流れを把握するために、ハローワークを一度は使ってみましょう。

応募手続きから全てあなたが経験することで、どのように選考が進んでいくのかがわかると思います。

 

内定に至らなくても貴重な経験となるはずです。

登録は少し面倒ですが、一度行えば良いので、さっさと済ませましょう。

 

 

キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸しをする

 

応募したい求人案件がハローワークで見つかったとしても、応募するのは少し待ってくださいね。

その前にやることがあります。

 

それは履歴書や職務経歴書を作成することです。

そのための準備として、今までのあなたのキャリアの整理、すなわち、キャリアの棚卸しをするんです。

 

目的はあなたの強み、アピールポイントを明確にすることです。

キャリアの棚卸しでは、あなたのキャリア年表を手を抜かずに作ることが重要です。

 

「いつ、どこで、どんな立場で、どんな仕事をし、どんな結果をだしたか?」をリストアップします。

人に見せるものではありませんから、きれいに作る必要はありません。

 

一通り完成したと思っても、追加したい項目が出てくれば、どんどん追加していけばいいんです。

これがとても大事なんです。

 

それを基に職務経歴書を何パターンか作るんですから。

いわば、キャリアの棚卸しは職務経歴書を作成するためのマスターデータと考えて頂くと良いでしょう。

 

顧客や上司にほめられたこと、逆に仕事がうまくいかなかったことも、リストアップしておくことです。

それがあなたの強みや弱みを見える化することになります。

 

キャリアの棚卸しをしっかりと行っていれば、履歴書・職務経歴書の作成にはさほど苦労しないはずです。

初めての転職の方のために履歴書・職務経歴書の簡単な説明をします。

 

これで安心!履歴書の書き方とは?に書いたように履歴書とは、あなたの個人情報も含め、ひと目で学歴や職歴がわかる書類です。

内容としては、JIS規格のフォーマットで決まった通りに書けば大丈夫です。

 

これで安心!履歴書はこれさえ守れば難しくない!
履歴書の書き方にはルールがあります。それさえ守れば、難しいことはありません。ここでは、履歴書作成の際のルールをまとめます。

 

誰でもできる職務経歴書の作成方法!で書いたように職務経歴書は、職歴に特化した書類でフリーフォーマットです。

ですので、見やすいレイアウトになるように工夫する必要があります。

書く内容は、書類選考に大きく影響しますので、あなたの成果を具体的に書くことが重要ですね。

 

誰でもできる職務経歴書の作成手順
職務経歴書の作成は履歴書とは比べ物にならないくらいの手間と時間がかかります。本コラムでは、出来るだけ短時間に作成することを目指します。

 

応募書類、特に職務経歴書には完成はありません。

常に見直しが必要です。

 

求人案件に応募するたびに企業のニーズに合わせて修正する必要があります

履歴書・職務経歴書はこの段階ではテンプレートと考えてください。

 

具体的な求人に沿って、志望動機や自己PRを書いていきます。

求人で求められるスキルを把握し、あなたのキャリアの棚卸しシートから接点のある部分があれば、付け足します。

逆にアピールしても、無駄な部分は思い切ってカットする勇気も必要です。

 

 

転職サイトに登録する【応募はしない】

転職サイトに登録する【応募はしない】

 

ハローワークで求人案件を検索できるようになったとはいえ、もう少し情報を得たいですよね?

そんなとき、おすすめなのがリクナビNEXTdodaなどの転職サイトを使うことです。

 

最初は戸惑うかもですが、転職サイトの仕組みを理解すれば上手く使うことができるのはなぜ?に書いたように転職サイトのビジネスモデルを理解することで、運用も上手くいきます。

 

転職サイトの仕組みを理解すれば上手く使うことができるのはなぜ?
転職サイトは使い方次第で、良くも悪くもなります。転職サイトの仕組みを理解していないと、転職活動がうまく進まない原因になりかねません。もう一度整理してみましょう。

 

求人数も多いですし、検索もしやすいので、登録はしておいて損はありません。

最初は1社で良いが、3社程度登録しておくと、転職市場の動向が把握出来ると思いますよ。

 

転職を決意した後にすぐに行うべきことは求人応募ではありません。

転職理由に相応しい求人数がそれなりにないと転職活動を始めても厳しいかもしれません。

 

転職サイトに登録したら、求人のリサーチを徹底的に行うようにしてください。

むしろ応募はしなくてもよいでしょう。

 

職務経歴書の完成度が上がらないと、スカウトを使う意味もありません。

最初はよくばらずに求人検索に徹しましょう。

 

転職活動は何から始めればいいの? | 転職エージェントは使うな!
特に初めての転職の方は何から始めて良いのかわからないと思います。ここでは今までの記事も含めて、転職活動を始めるまで何をすれば良いか解説しますね。

 

絶対に登録しておきたい転職サイト7選!【おすすめ】
転職サイトって、数が多くて迷ってしまいますよね。本記事では超絶オススメの転職サイトをご紹介しますね。

 

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました