転職とは人生を豊かにするための手段である【未来予想もしてみた】

LIFE
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職とは何かを悩んでいる人「転職とは人生に何をもたらしてくれるのだろうか?意味のある転職と意味のない転職との違いは何だろうか?」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

転職とは、あくまでも人生を良くしたり、キャリアを鍛えたりするための手段。

 

  • 転職の目的がはっきりしないと意味がない
  • 転職で年収アップできたとしても、仕事に価値観を見出せなければ、意味がない
  • 会社への不満だけで転職すると失敗することが多い

 

ちなみに筆者は採用担当者を前職で経験しています。

転職経験も3回ほど経験しています。

 

採用担当者の経験から「こんな人は転職先で活き活き働いている」方を多く見ています。

逆に「こんな人は転職先で活躍できずに、退職してしまう」方も残念ながらいらっしゃいました。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職とは人生を豊かにするための手段である
  • 意味のない転職と意味のある転職との違いとは?
  • これからの転職とは仕事だけでなく、ライフプランを第一に

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職とは人生を豊かにするための手段である

 

結論「転職とは人生を豊かにするためのもの」

 

転職とは人生を豊かにするものです。

転職は単なる職業ではなく、人生観にも通じるものだからです。

 

人生100年時代が到来しようとしている今、転職とは「社畜」ではなく、「やりがいのある仕事」に就くことです。

高度経済成長期のように、定年まで同じ会社で働き、定年後は趣味など好きなことをして過ごすような生活は望めなくなりました。

 

まずは終身雇用制度が事実上崩壊してしまったこと。

結果として、ほとんどの会社員が転職するのが当たり前となりました。

 

筆者は転職を3回ほど経験しています。

転職は決して楽とは言えませんが、転職するたびに成長するのがわかります。

 

転職は行動しなければ始まりません。

どれだけ行動したかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

 

転職活動をしていると、転職エージェントに相談したり、企業の採用担当者と面接をしたりで行動量が増えていきます。

転職という行動量が増えることで、人生経験が豊かになっていくのです。

 

転職とは、人生経験を豊かにするものだと言えます。

1つの会社で働いていると、スキルアップできる機会も損失してしまいます。

 

会社で働いていて、不満や物足りなさを感じたら、それが転職するタイミングだと思います。

転職回数によって、書類選考が通過しないという時代も終わりつつありますので、あまり気にする必要はなくなるでしょう。

 

履歴書の写真、性別、生年月日が削除される動きになっているからです。

日本がとても遅れていて「写真・性別・生年月日」は無しが世界的トレンドです。

 

これからは今まで以上に転職が盛んになるでしょう。

「転職をしている人=さまざまな会社でキャリアを積んでいる人」とみなされる時代です。

 

転職とは「今までの経験を活かした業種・職種」に挑戦することです。

全く同じ業種・職種に転職するのであれば、転職人生は豊かにはならないでしょう。

 

転職先には「かなり努力をすれば、何とかできそうな求人」を選ぶことがあなたの人生を豊かにします。

楽勝でできる求人ではあなたの成長はありません。

 

転職はあくまでも人生を豊かにするための手段に過ぎません。

転職先で「どう活躍するか?」の方がずっと重要です。

 

ましてや内定をもらうことが転職の目的になってはいけません。

転職先で3年後、5年後、10年後にどうなっていたいかを頭の中に描きながら働くことが大切です。

 

その転職先で目的を達成したら、また転職するべきです。

今ある仕事が今後はなくなるかもしれません。

 

 

dodaなどの転職サイトで求人をリサーチしながら、ニーズのある職種へと転職するのも、あなたの人生を豊かにします。

 

 

意味のない転職と意味のある転職との違いとは?

 

意味のない転職とは?

 

意味のない転職とは何でしょうか?

それは在職していた会社よりも仕事内容や条件面が悪くなることです。

 

例えば転職後に年収だけかなりアップしたとしましょう。

年収面では満足でも、以下の項目で不満を持ったとしたら、意味のある転職とは言えない場合があります。

 

  • 仕事内容
  • 残業時間
  • 通勤時間
  • 人間関係

 

転職活動を進める際には希望条件もクリアにしていると思います。

希望条件はすべてを満たすことは難しいので、あらかじめ優先順位をつけておきます。

 

そこがはっきりしていないと、意味のない転職となる可能性が大きいです。

転職活動の手順はほぼ決まっています。

 

 

問題はそれを知っているかどうかと行動するかどうかです。

ノウハウとして知っていても、実行せずに行動しないのでは意味がありません。

 

まずやるべきことは「本当に今の会社で不満を解消できないのか?」と自問自答しましょう。

転職してみて「前の会社の方がずっと良かった」と後悔しても遅いのです。

 

「仕事をする環境が優れていた」とか「休日数が減ってしまった」とか転職後に出てくる不満は色々あるものです。

問題はそれを入社前に受け入れているかどうかということです。

 

想定内であればよいのですが「こんなはずじゃなかった」では目も当てられません。

このような失敗をしないためには、次に述べる「ゴール設定」が重要です。

 

意味のある転職とは?

 

結論:意味のある転職とは「転職理由と希望条件が明確な転職」です。

 

転職理由が明確であるというのは「転職してどうなりたいのか?」が自分の中ではっきりしていることです。

考えてみれば当たり前なのですが、この転職理由が明確になっていない人が実に多いです。

 

転職面接で質問してみても、回答として返ってくるのは「退職理由」が実に多いです。

退職理由は会社を辞めた、もしくは辞めるきっかけにすぎません。

 

例えば

 

  • 上司と合わない
  • 年収が低い
  • 残業が多すぎる
  • 休みたいときに休めない
  • 人間関係につかれた
  • 会社の経営方針についていけない

 

など挙げたらきりがないでしょう。

転職理由は退職理由とは違います。

 

言うまでもなく、面接官は退職理由は聞きたくありません。

前職の愚痴など聞いても時間の無駄ですからね。

 

面接官が転職面接で「なぜ会社を辞めたの?」と聞くときは「なぜ会社を辞めて、転職活動をしているの?」という意味があります。

話題がそれましたが、転職面接でのテクニックとして覚えておいていただければ幸いです。

 

転職したら「何を実現するのか?」を言語化しなければなりません。

方法としては、退職理由を深堀して、転職理由を言語化するのが良いでしょう。

 

その時の手法としては「なぜなぜ分析」を使うと良いと思います。

ある事象に対して「それはなぜですか?」を繰り返していくのです。

 

最終的に深掘りされた転職理由が構築されると思います。

 

 

希望条件については「優先順位」こそがすべてです。

「ここだけは譲れない」「妥協しても良い」の2つに分けるとスッキリします。

 

3段階とかに増やすと、内定承諾時に迷うので、間違いなく「ここだけは譲れない条件」をクリアしていることを確認しましょう。

ほかの希望条件についても確認し、妥協できる範囲かを確認してください。

 

転職理由と希望条件が明確になっていれば、意味のある転職になるはずです。

 

 

これからの転職とは仕事だけでなく、ライフプランを第一に

 

これからは仕事は人生のすべてではありません。

あくまでも人生設計の一部が仕事です。

 

インターネット環境が充実している今はググれば、ほとんどの情報が手に入ります。

将来的には今の教育は大きく変わるかもしれません。

 

暗記も不要ですので、考える力さえあればいいのです。

大学卒業する必要もなくなるでしょう。

 

ググれば情報は手に入るので、それを理解する能力さえあればいいのです。

そうすると、新卒一括採用などもなくなるでしょう。

 

すべてが中途採用になり、仕事さえできれば採用される世の中になると思います。

現在は学歴重視の企業があることも事実です。

 

これからの未来はそうはならないでしょう。

人間にしかできない仕事をやることによって、現在よりも労働時間は短くなるでしょう。

 

AIやロボットに代わる仕事はかなりの数になると思います。

その代わりに新たな仕事が数多く生まれるでしょう。

 

いずれにせよ人生設計がこれからは重要になります。

60歳以降も働きたい人、そうじゃない人さまざまでしょう。

 

これからの転職とは仕事だけでなく、ライフプランを第一に考えましょう。

 

10年後、君に仕事はあるのか?

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント