転職と副業は両立できるか?【悩むよりもまずは書いてみるのが一番】

LIFE
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職をしつつ副業したいと考えている人「転職したいが、将来も考えて副業もしたい。転職と副業は両立するのだろうか?」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職と副業の両立で悩んでいる人が多いが、まずはやってみること。副業で稼げるようになるのは人によって違うが、半年以内で稼げるようなものではない。地道にやるしかない。

 

ちなみに筆者は転職経験者ですが、採用担当経験も活かした情報発信を本ブログにて行っています。

ブログという媒体を通して、副業をしていますが、実績としてはまだまだです。

 

本記事ではブログを副業の例としてとりあげます。

構成は以下の通りです。

 

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職と副業は両立できるか?【悩むよりもまずは書いてみるのが一番】
  • 副業OKの企業に転職するのが理想だが、半年はブログでは稼げない
  • 転職の軸と副業を一致させるとブログ記事は書きやすい

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職と副業は両立できるか?【悩むよりもまずは書いてみるのが一番】

 

結論「副業はまずやってみるべき。あきらめずに続けるのがコツ」

 

転職先での本業に加えて、副業もやることが当たり前になりました。

企業によっては副業を禁止しているところもありますが、政府が働き方改革の方針で推進している以上、数年前のように隠れて副業をやる時代じゃないです。

 

問題は本業と副業とのバランスだと思います。

副業はあくまでも副業です。

 

本業のスキマ時間に副業をするのは、本末転倒です。

筆者もそうですが、ブログ更新に時間はほとんどかけられません。

 

例えばブログで稼ごうと考えたとしましょう。

アフィリエイトプログラムを訴求する記事ばかりを量産しても、今は厳しいです。

 

ユーザの目が肥えているので、最初は有益な情報を発信することに最初の半年くらいは注力した方が良いでしょう。

筆者もいきなりアフィリエイトプログラムを訴求する記事ばかりを量産したのですが、鳴かず飛ばずでした。

 

本ブログでは情報発信に方針転換し、マイペースではありますが記事更新しています。

YouTubeにしても同じことで、副業の場合は毎日更新は無理です。

 

本業があっての副業です。

副業は本業が終わってから、無理のない範囲で行いましょう。

 

その代わり、土日祝日はフルに時間を使えます。

例えばブログでしたら、土日祝日には普段できないアクセス解析や記事のリライト、これから書きたい記事設計構想をするのも良いと思います。

 

まとめますと、ポイントは以下の5つです。

 

  • 副業で何を目的とするか決める
  • 副業では半年から一年は稼げないので、あきらめずに続ける
  • 副業は本業とのバランスが重要
  • 休日と平日とはやることを変える
  • 悩むならまずは行動すべき。結果は後からついてくる

 

 

副業OKの企業に転職するのが理想だが、半年はブログでは稼げない

 

結論「副業は稼ぐことを目的とせず、別なことを目的とすべき」

 

副業で稼ぐことを目的にしてしまうと続きません。

ユーザの役に立つことを発信することを目的とすべきです。

 

転職先で学ぶことはとても多いと思います。

誰にでも役に立つ情報を勉強して整理することは、副業にも役立ちます。

 

副業では稼ぐことを目的とせずに、別なことを目的とするように心がけた方がよいです。

例えば、得た情報を自分なりに整理してみるとかです。

 

得意分野について情報発信していき、信頼を得るのが最初だと思います。

時間がたつにつれて、SEO順位も上がっていき、結果としてアクセスユーザが増えてきています。

 

副業はビジネスであることは間違いありません。

稼ぐことを目的としないことが、結局はビジネスになるのです。

 

テレビ番組でも、CMばかりだったら、リモコン変えちゃいますよね。

番組の中身が優れていれば、CMは気にならない状態になって、うまくいけば購買層になってくれるというわけです。

 

 

転職の軸と副業を一致させるとブログ記事は書きやすい

 

結論「転職先での業務内容と副業が一致していれば、効率的」

 

せっかく転職するのですから、そこで身につけたスキルをブログ記事に活かせればいいですよね。

つまり転職の軸と副業内容を一致させるのです。

 

得られたスキルを仕事だけに使うのはもったいないです。

例えばITエンジニアとして転職したとしましょう。

 

社内でしか通用しないスキルには情報発信する価値はありません。

どの企業でも通用するポータブルスキルが、まさに情報発信する価値があるのです。

 

転職先での業務内容が副業と一致していれば、時間短縮にもなります。

世の中一般の情報も調査した方が良いですが、転職先での業務内容の方が先端をいっている場合は、その必要はないでしょう。

 

Googleは一次情報を評価します。

検索した結果、同じような内容の記事ではユーザに親切とはいえませんしね。

 

ユーザに如何に親切な記事を書くかが今では重要です。

セールスライティングも重要です。

 

しかし最初の1年間はセールスは忘れるくらいがちょうどよいと思います。

情報発信をし、それに関連するレビュー記事をさりげなくリンクするのがよいと思います。

 

「おすすめ●●」や「○○ランキング」はレビュー記事の王道とも言えます。

ただそれはあまり多用しない方がいいと思います。

 

あくまでも「転職先で得た情報を中心に発信すること」を中心とすべきです。

 

Sponsored Links

コメント