ブラック企業に応募しないで済む方法とは?


企業に応募する際に避けて通れないのが、企業のチェックです。

応募する際にいわゆるブラック企業がある程度わかれば、無駄な工数を使わずに済みますね。

そのポイントは何でしょうか?

その企業大丈夫?

 

 

企業の評判、口コミをチェックする

簡単なのは口コミサイトを確認する方法ですね。

登録する必要がありますが、ほとんどの企業が掲載されていますので、その口コミを見ることができるんです。

さらになんと!以下のサイトでは給与明細書も見ることができるんです!

残業代込みの年収なのか、本当に基本給が高いのかを確認できますね。

リアルな明細なので、他の口コミとは違い、信頼できるので、私も重宝しています。

給料明細

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

このキャリコネ以外にも色々口コミサイトはありますが、一番充実しているのはこのサイトだといえると思います。

評判の悪いところは本当に辛らつな評判が書かれていますしね。

応募前にチェックすることで、少なくとも超絶ひどい企業への応募は避けられるはずです。

このような口コミが広まっていることで、ブラック企業はすぐにわかるようになりました。

そのような企業へは当然人が集まらない現象が起こっています。

評判

10万件の企業口コミ。キャリコネ

ブラック企業とまではいかなくても、経営方針に疑問があれば、そのような投稿も多くみられます。

大手の企業に見られますが、すべての面で絶賛されている企業はかなりの少数です。

応募の際は、少なくともブラック企業ではないかを確認して頂ければ良いと思います。

詳細な確認は内定が出てからでも十分です。

 

求人票を確認する

求人票をよく見ると応募しないほうが望ましい企業が見えてきます。

絶対ではないので、口コミサイトでさらに確認していただけると良いと思います。

例えば、いつも募集している企業はとても怪しいと言えます。

離職率が高いことが想定されるからです。

求人票ではありませんが、転職サイトに登録すると、よくわかるのですが同じ企業から何度もスカウトが来る場合があります。

ダイレクトメールに近い内容で、私の職務経歴を見て送っているとは思えないんですよね。

そんな場合のスカウトは無視して下さい。

求人票に戻りましょう。

まずは求人票の日付を確認しましょう。

日付が古いということは、応募者がほとんどいないか、入れ替わりがはげしいということをあらわしています。

同じ求人票を出しているということは、企業の倫理観も問われます。

通常でしたら、ある程度の期間で募集はやめるからです。

つまり、

 口コミサイト「キャリコネ」をよく確認する

 求人票であきらかに怪しい箇所を見つける

この2つを実行するだけでも、ブラック企業への応募は避けられるといえるでしょう。

キャリコネへの登録はこちらからどうぞ  ↓

 

トップへ戻る

コメントを残す