ブラック企業に応募しないで済む方法とは?【たったの2つだけ】

転職ノウハウ
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

企業に応募する際に避けて通れないのが、企業のチェックです。応募する際にいわゆるブラック企業がある程度わかれば、無駄な工数を使わずに済みますね。そのポイントは何でしょうか?

Sponsored Links

ブラック企業に応募しないで済む方法とは?

 

ブラック企業に応募せずにすめば、転職活動のリスクを減らすことができます。

内定承諾前に気づけばよいのですが、効率的とは言えません。

 

応募前に確認すべき項目は以下の2点だけですので、手間を惜しまずに事前に調査しましょう。

 

  • 口コミサイト・会社の経営状況の確認
  • 求人票の確認

 

一つずつ解説します。

 

 

口コミサイト・会社の経営状況の確認

 

簡単なのは口コミサイトを確認する方法ですね。

登録する必要がありますが、ほとんどの企業が掲載されていますので、その口コミを見ることができるんです。

 

 

キャリコネや転職会議など色々口コミサイトはありますが、一番充実しているのは 転職会議 だと思います。

評判の悪いところは本当に辛らつな評判が書かれていますしね。

 

 

応募前にチェックすることで、少なくとも超絶ひどい企業への応募は避けられるはずです。

このような口コミが広まっていることで、ブラック企業はすぐにわかるようになりました。

そのような企業へは当然応募者が集まらない現象が起こっています。

 

 

転職会議

 

 

 

ブラック企業とまではいかなくても、経営方針に疑問があれば、そのような投稿も多くみられます。

大手の企業に見られますが、すべての面で絶賛されている企業はかなりの少数です。

 

 

応募の際は、少なくともブラック企業ではないかを確認して頂ければ良いと思います。

求人応募の締め切りで調査する時間がないときは詳細な確認は内定が出てからでも十分です。

 

もう一点は会社の経営状況の確認です。

永遠に安定している企業はありませんが、その会社が毎年きちんと利益を出しているかも大事なポイントです。

 

従業員にとって、会社の倒産や社員のリストラは避けなければなりません。

せっかく転職するのですから、最低でも内定承諾前までには確認しておいてください。

 

会社の決算書を読みこなすのは大変ですので、直感的にわかる帝国データバンクで調べることをおすすめします。

nifty IDは無料取得可能で、それさえあれば調査可能です。

 

 

 

求人票を確認する

 

 

 

求人票をよく見ると応募しないほうが望ましい企業が見えてきます。

絶対ではないので、口コミサイトでさらに確認していただけると良いと思います。

 

 

例えば、いつも募集している企業はとても怪しいと言えます。

離職率が高いことが想定されるからです。

 

 

転職サイトの仕組みを理解すれば上手く使うことができるのはなぜ?に書きましたが転職サイトではスカウトを上手く利用することが大事です。

同じ企業から何度もスカウトが来る場合があります。

 

 

転職サイトの仕組みを理解すれば上手く使うことができるのはなぜ?
転職サイトは使い方次第で、良くも悪くもなります。転職サイトの仕組みを理解していないと、転職活動がうまく進まない原因になりかねません。もう一度整理してみましょう。

 

ダイレクトメールに近い内容で、私の職務経歴を見て送っているとは思えないんですよね。

そんな場合のスカウトは無視して下さい。

 

 

求人票の内容も本当か疑わしい場合も同じです。

求人票の確認は細かなことも見る必要があります。

 

 

例えば求人票の日付。

日付が古いということは、応募者がほとんどいないか、入れ替わりがはげしいということをあらわしています。

 

 

同じ求人票を出しているということは、企業の倫理観も問われます。

通常でしたら、ある程度の期間で募集はやめるからです。

 

 

つまり、

 

 

  • 口コミサイト転職会議をよく確認する
  • 求人票であきらかに怪しい箇所を見つける

 

 

この2つを実行するだけでも、ブラック企業への応募は避けられるといえるでしょう。 

 

【あなたは大丈夫?】ブラック企業のチェックリストを作ってみた
内定後、調査して転職したはずなのに、実はブラック企業だった。こんなことも想定されます。転職後に「この会社、ブラック企業かも?」と思った時、この記事にあるチェックリストを参考にしてください。

 

 

転職会議

 

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links