【転職理由】の第一位はいったい何?


転職エージェント【DODA】のデータをもとに、転職理由の傾向を考察してみます。

給料改善が上昇

ITmediaビジネス作成1

本記事で示すデータは、2016年10月~17年3月の半年間に「DODA」サービスで転職活動を行った約3万5000件のデータをもとにITmediaビジネスが集計したものです。

それによりますと、【ほかにやりたい仕事がある】が第一位です。

順位は同じですが、半期前よりは少し下がっています。

仕事の内容自体が変わってきている現在では、それをいち早く察知した方が、転職活動を始めているはずです。

なので、第一位の【ほかにやりたい仕事がある】というのは、今後も伸びていくでしょう。

今現在の仕事について、いつまであるのか考えてみたほうが良いと思います。

これから三年くらいで、さまざまな環境はガラッと変わるとみられています。

ITがこの10年くらいは、中心となっていました。

これからは、AIやIoTへとパラダイムシフトが起きます。

パラダイムシフトとは、今までの価値観がガラッと変わることを言います。

わかりやすい例としては、今までの三つの産業革命はパラダイムシフトですね。

直近ではIT革命がありました。

これにより、世の中はずいぶん変わりました。

買い物も今や当たり前にネットで行う時代です。

日本では、第四次産業革命への対応は、欧米に比べて遅れている感はあります。

ただ、過去に固執せずに、未来を見据えて、転職活動をする人は、相当数いるようです。

第二位は【会社の将来性に不安】、第三位は【給与に不満がある】でした。

これについては、処遇改善を求めての転職ということですね。

有効求人倍率がとても高く、完全雇用となっている現在では、通常よりも転職のハードルが下がっています。

そのため、より高い給料を出す企業に転職する動きがあるのだと思います。

ですが、これについては今年くらいからどうなるか見えていません。

今はバブルのような状態です。

統計上は、10年ごとに起こることです。

そしてバブルは、いつかは必ずはじけます。

更に、今はパラダイムシフトへの真っ最中です。

不安定な時代であるがゆえに、次への準備が大切だと思います。

ただ、転職理由の事実として、【給料改善したい】が半期前よりも、上昇していることは、ふまえておいた方が良いでしょう。

 

働き方改革への関心が影響か?

ITmediaビジネス作成2

2016年度下期のデータであることで、個々人の働く方に関する関心が集まりだしたことも影響しています。

安倍首相は2016年9月、「働き方改革実現推進室」を内閣官房に設置したからです。

【会社の将来性が不安】が長い期間で見ると、かなり減っています。

今の会社の経営状況にも関係していますね。

倒産やリストラによる転職も、大幅に減っています。

これはとても健全なあるべき姿だと思います。

気になるのが、【スキルアップ】関連の項目が増えていないということです。

【ほかにやりたい仕事がある】が第一位であることに入っているのでしょうね。

これは多様な働く方を推進する働き方革命の影響と見れば、説明がつくのかなと思っています。

 

市場価値を上げたいは減少

市場価値を上げたいという転職理由も上がっていません。

一時的なものであれば、良いのですが、転職活動を給料を上げるために行っている人が多いとも取れる結果です。

本ブログで取り上げたような転職理由ではないですね。

きちんと転職の方向性を決めることが大事なのに、実際の転職した方のホンネレベルでは、このようなことでした。

転職先でイキイキと働くためであれば、もう少し転職理由は深掘りしていただきたいですね。

転職は出来ても、ミスマッチが生じる可能性が高いです。

あなたの転職活動においては、愚直に転職理由を構築してくださいね。


業界大手の転職エージェントである【DODA】。

転職サイトも運営しており、登録することで、転職サイトと転職エージェントとの一括管理がウェブ上で可能です。

あなたに専任のキャリアアドバイザーがつきますが、もしもあなたと相性が合わなければ、変更可能です。 

 【DODA】への登録はこちら


トップへ戻る


本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す