職務経歴書の書き方の3つの非常識とは?

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

情報化時代の今は転職しようと思えば、転職本やインターネットで転職ノウハウが苦労なく入手出来ます。しかし職務経歴書の書き方一つをとってみても、あなたは納得して腹落ちしていますか?疑問点はないでしょうか?そこに書かれている常識は必ずしも正しくはないという話を元採用担当者の立場からしましょう。

Sponsored Links

職務経歴書は数秒で判断される?

 

よく書かれていることですが間違いです。

採用担当者にもよりますが、少なくとも私はこのようなことはしませんでした。

 

 

例外としてはハローワークなどの直接応募で送られてきた履歴書・職務経歴書のような場合です。

応募書類の数が膨大であるため、ある程度の年齢で足切りをすることはありました。

 

 

そうしないと直接応募分の職務経歴書を読むことができないからです。

転職エージェント推薦の候補者については基本的にはきちんと職務経歴書を読めています。

 

 

転職エージェント側である程度絞っているため、とんでもなく質の低い職務経歴書はありませんでした。

転職エージェントの仕事ですから当たり前なのですが。

 

 

直接応募で書類選考を突破することの難しい理由は「どこの誰だかわからない方」の職務経歴書は採用担当者は積極的には読まないということにあります。

エージェントが面談して適任者を選んでいるのとは全然違います。

 

 

書類選考に関しては「どの転職媒体からの応募なのか?」ということが意外にも重要なのです。

エージェントと採用担当者とで信頼関係があれば、推薦してきた候補者の職務経歴書はきちんと読みます。

 

 

実際に面接で聞きたいことも思い浮かべながら。

時には働いている姿を思い浮かべながら。

 

 

なので書類選考は数秒で判断されるというのは直接応募の場合に限られます。

転職エージェント推薦の場合には当てはまりません。

 

 

全ての書類選考ではなく、一部に対してのものがいつの間にか拡散される間に誇張されてしまったのだと思います。

 

 

自己PRが重要?

 

 

これについては職務経歴書に自己PRは必要?で書いてありますが、いわゆる【自己PR】は不要なのです。

例外は未経験分野への転職を考えている場合です。

 

 

未経験分野への転職では今までのコアスキルよりもこれからの意欲が重視されるからです。

そうでないならば、職務経歴書に自己PRはいりません。

 

 

その代わりにあなたにしか出来ない【コアスキル】を職務経歴書の最初にきちんと書きましょう。

自己PRとコアスキルとは似ているようですが違います。

 

 

自己PRは数字で現せないもの。

それに対してコアスキルは定量的に表現できるものです。

 

 

自己PRは作文のようなものですので、採用担当者にとって貴重な時間を割いて読む価値はないということがはっきりしています。

コアスキルは【何が出来るか?】を具体的に書いたものですので、採用担当者にとってはとても参考になりますし、職務経歴を読む前に概要を知ることができます。

 

 

コアスキル次第でその後の職務経歴を読まれるかが決まると言っても良いです。

 

 

意欲・熱意を語るべき?

 

 

職務経歴書については、意欲や熱意よりはあなたの持っているコアスキルが書かれていれば必要十分です。

そもそも職務経歴書は客観的なデータに基づき作成しなければいけません。

 

 

私見などは入る余地はないのです。

もちろんこれにも例外はあります。

 

 

人とよく関わる看護師、医師、保育士さんなどはあなたの人柄が出ていないと面接までいけないでしょう。

ですが普通は面接で人柄を見るのです。

 

 

職務経歴書の役目はあなたが「いかに出来る人か?」を淡々と記述することにあります。

もちろんこれにもテクニックがあります。

 

 

読ませてなんぼですから、読みやすい表形式にするとか、箇条書きにするとか。

これらは枝葉の話に過ぎません。

 

 

重要なのはもちろん中身・内容です。

年表形式で時系列であなたの職務経歴を濃い内容で書くことがなによりも大切なことです。

 

 

採用担当者は応募してきた人のスキルをまずは知りたいのです。

その為には読みやすく、なおかつ、あなたの経歴が網羅されている必要があります。

 

 

さらに言えば求人ごとに求められる要件は違います。

あなたの経歴の中でボリュームを増やす必要があればそうしましょう。

 

 

逆に求人にとっては不要と思われるスキルはさらっと書くぐらいで大丈夫です。

職務経歴書はあなただけではどうしても独りよがりになりがちです。

 

 

 

そんな時には転職のプロである転職エージェントに職務経歴書を添削してもらうことをおすすめします。

私は採用担当者であると同時にその前は転職活動をしていました。

 

 

とてもよいコンサルタントに出会うことが出来、私の職務経歴書は全面的に書き直しになりました。

コンサルタントのOKが出てからは応募、面接を何度か繰り返して転職することに成功しました。

 

 

転職活動は何よりも転職理由が明確になっている必要があります。

それさえクリアすれば転職エージェントにアドバイスをどんどん求めるべきです。

 

 

 

求人紹介してもらう準備段階でも転職エージェントは利用価値のあるものなのです。

 

 


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

 

転職活動では必須の口コミサイトです。特筆すべきは給料明細を見ることができることで私も重宝しました。キャリコネはこの口コミのみならず、大手の転職サイトの求人を一括検索できます。ここから転職サイトに登録も可能なので手間いらずです。実際の選考に入ったら面接対策が必要ですが、キャリコネにはどんな質問が出るかの面接レポートもあります。求人に応募する際にはキャリコネだけでもかなり役に立つ情報が得られます。

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

口コミサイトでは最も有名です。キャリコネと並んで会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。キャリコネと転職会議の両方を確認すればまずは評判については大丈夫です。

転職活動でも難しいのが退職交渉です。下手をすると内定先への転職に影響が出かねません。会社からのパワハラなどで辞めたい場合も簡単に会社は辞めさせてくれません。そんな時は退職代行サービスを使うことで精神的にも楽に退職できます。ニコイチは14年もの歴史がある退職代行サービスですので、安心して依頼することができます。しかも料金は業界最安値の一律2万8千円で一切の追加料金は発生しません。全国どこでも対応しますので、退職できずに困っている方は相談してみてはいかがでしょうか?

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。リクルートだから実現できる多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

これから退職して失業保険を受け取りながら転職活動をしようと考えているあなたに朗報です。情強の方ならご存知でしょうが殆どの方は知らない社会保険制度を活かした給付金制度を受け取るためのサポートを退職・転職サポートコムは徹底的に行います。申請するとしないのとでは受け取る金額は10倍以上の差が最大で出てきます。在職中で転職を考えている方、退職してゆっくり転職先を探したい方は知らないと損をする制度ですよ。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました