転職方法ごとに注意すべきことは違うの?

転職ノウハウ
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

転職方法としては直接応募と転職エージェント経由での応募があります。注意すべきことはどちらも同じでしょうか?それとも...

Sponsored Links

利用する順序は?

 

 

どの転職方法にもメリット・デメリットはあります。

それを認識して転職活動するのとしないのとでは、効率が全然違います。

 

 

三ヶ月で転職できるところを半年、一年かかってしまってはあなたのキャリアにとって損です。

転職は手段に過ぎないので、サクッと終わらせましょう。

 

 

なので各転職方法の特徴をよく理解して使わないと効率的に転職活動ができません。

まずはポイントだけでも理解しましょう。

 

 

 

最初に転職方法として注意すべきことは、利用する順序です。

 

 

転職活動を始めるに際しては、どのような流れで求人の選考が進むかを理解することが重要です。

 

 

求人への応募手続きの仕方や面接日程の調整など企業との交渉ごとは最初は理解できませんよね?

どのような手順で何を行うかなどの転職活動をする上でのルールは一度わかってしまえば何でもないのです。

 

 

しかし求人に応募するたびに「次は何をするんだっけ?」という状態ではあまりにも非効率ですよね?

転職活動に入る際には内定までの流れを頭で考えずとも身についているのが理想です。

 

転職本を読んだだけでは身につかないのが人間です。

一度でも求人へ応募してみるのが一番です。

 

内定を取る目的ではなく、とにかく「転職活動はどうすれば良いのか?」をしっかり理解することが目的です。

最初は全ての手続きを自分で行うことで、転職活動の仕方を身につけることができます。

 

 

全て自分で行う必要がある転職方法はハローワークです。

ハローワークをメインで転職活動するのも良いですが、まずは転職の全体像を把握しましょう。

 

 

 

ハローワークで一通り応募の仕方を把握したら、次は転職サイトを使いましょう。

目的は求人検索に慣れることです。

 

 

良い求人が見つかったら応募しても良いですが、転職サイトから応募すると年齢や転職回数などで自動的に書類選考を落とされる場合も多いので、この転職方法については求人を検索することに注力しましょう。

 

 

リクナビNEXTキャリトレのような手軽に使える転職サイトを最初はおすすめします。

保有している求人が豊富なので、あなたに相応しい求人は必ず見つかるからです。

 

 

 

求人検索が身に付いたら、最後は転職エージェントを使いましょう。

最初は リクルートエージェント や doda のような幅広く業種・職種を扱っている総合型転職エージェントが良いでしょう。

 

キャリア相談をしてみてあなたの転職の方向性がはっきりしたら、 レバテックキャリア や TechClipsエージェント のような特化型転職エージェントを使いましょう。

特化型転職エージェントはその分野に詳しいコンサルタントがサポートしてくれるので頼りになります。

 

 

転職の方向性が固まらないうちは総合型転職エージェントを利用して下さい。

このように段階を踏んで転職方法は利用するのがコツです。

 

 

どの転職方法を中心に使うのが良いのか?

 

 

これらの転職方法の利用頻度ですが、あなたの転職の目的によって違います。

例えば勤務地にこだわった転職をする場合はハローワークを中心に利用することをおすすめします。

 

ハローワーク求人は通勤圏内のものが殆どだからです。

しかしながら待遇面では期待できない点は妥協しなければいけません。

 

 

 

一方で年収アップを目的とする方は転職エージェントを中心とした就活をすべきです。

エージェントでなければ内定前後で企業と給与交渉はできないと言ってよいからです。

 

素人のあなたが企業の採用担当者と交渉は難しいですよね?

このように年収アップしたいのなら転職エージェントを中心に使うべきです。

 

 

 

それでは転職サイトは利用価値はないのでしょうか?

そんなことはありません。

 

先ほど書いたように転職サイトは求人検索することに意義があるのです。

求人サイトとも言われているのでそれは明らかです。

 

ただ転職サイトからそのまま応募すると良い結果は期待できないです。

それはあなたのことを企業は知らないからです。

 

それであれば転職エージェントから推薦してもらう方が面接に呼んでもらえる確率はずっと高くなります。

このように転職サイトは転職エージェントに求人を持ち込む使い方が一番役に立つのです。

 

 

注意すべき点は?

 

ハローワーク

 

 

ハローワーク求人は企業が無料で掲載できます。

ということは採用にお金をかけない会社、もしくはかけられない会社であるということです。

 

勘が鋭いあなたならもうおわかりですね。

ハローワークはブラック企業求人が数多くあるのです。

 

 

なので気をつける点はただ一つ。

求人詐欺に注意してください。

ハローワークの「求人詐欺」2016年度は約9300件 相談内容には「賃金」「就業時間に関すること」が上位

キャリコネ

 

 

今は国も大問題として対策を打とうとしています。

段々と求人票の内容が実際と違っていたということは減っていくでしょう。

 

 

しかし当面は気をつけなければいけません。

ブラック企業に転職するのを避けるためには少なくとも キャリコネ転職会議 などの口コミサイトで確認してから応募しましょう。

 

転職サイト

 

 

転職サイトの場合は企業が求人掲載料を払っていますので、ブラック企業の割合はずっと低くなります。

この転職方法は求人構造がとても複雑なので注意が必要です。

 

 

ビズリーチ のような転職サイトは転職エージェントが中心となっています。

一方 リクナビNEXT は企業中心の転職サイトです。

 

 

ややこしいのはどちらもすべてが企業求人、転職エージェント求人でないことです。

双方が含まれているので、転職エージェント求人であれば一旦エージェントに登録する必要があります。

 

企業求人であれば直接応募ですので自分ですべて企業と調整する必要があります。

 

 

上図のように掲載依頼を企業がするか、転職エージェントがするかで対応が変わるのでこの点は注意してください。

 

 

転職エージェント

 

 

転職エージェントは人を介する転職方法です。

あなたの転職活動を支援するアドバイザーの良し悪しで全てが決まると言ってよいでしょう。

 

 

この転職エージェントは良いのかと悩むのはほとんど意味がありません。

口コミサイトで書かれている転職エージェントの評価も担当アドバイザーのそれになっていますよね。

 

 

転職エージェントを使う上での注意する点は以下の二点です。

 

  • 転職エージェントの評判を気にしすぎない
  • 担当アドバイザーが自分に合わないと思ったら、交代してもらう(全然OK)

 

 

転職エージェントそのものに良し悪しはありません。

あるとしたらあなたの担当アドバイザーの良し悪しです。

 

 

最初の面談の第一印象で決めて構いません。

そのアドバイザーはあなたの代わりに企業と調整やら交渉をするわけです。

 

 

あなたが印象良くないと思ったとしたら、おそらくそのアドバイザーは企業にも印象が良いとは言えないでしょう。

やはり優秀な営業マンは第一印象も良いものです。

 

 

エージェントは営業職ですからね。

 

 

 

【転職失敗しないために】おすすめの転職エージェント12選とメリット・デメリット
おすすめの転職エージェントを知りたいですか?転職エージェントのメリットやデメリットを知りたいですか?本記事ではおすすめの転職エージェント、メリット、デメリットと転職エージェントを使う上での注意点もあわせて記載します。

 

トップへ戻る

 

Sponsored Links