職務経歴書は自由に書いていいのか?



職務経歴書を作成する上では、フリーフォーマットであることの裏側を正しく理解しておきましょう。書き方が自由であるほど、厳しく見られるということです。

 

【職務経歴書】は自由に書いていいのか?

職務経歴書は自由にフリーフォーマットで書いて良いのですが、注意すべきポイントがあります。

 パソコンで作成

 手書きは基本的にNG

 サイズは履歴書と揃え、A4が望ましい。

 枚数は2〜4枚に収まるようにする。20代は2枚、30代は3枚、40代以上は4枚が目安。

 見やすいように、表を使うなどして、レイアウトの工夫をする。

 年代の古い順に書く、編年体形式とする。逆編年体は相手が読みにくいので、オススメしない。職務ごとに書くキャリア式は論外

注意点だけでも、これだけあるんです。

なので、好き勝手に書いていいというのは、実はウソ情報なんですね。。。

職務経歴書にも一定の書き方のルールがありますので、守りましょう。

 自由に書いて良いとはいえ、応募書類ですから、相手が読みやすいように気を使いましょう。最低限のマナーです。

 

必須項目があることをご存知?

職務経歴書はフリーフォーマットです。

フリーフォーマットほど実は怖いものはありません。

その人のセンスも見られているからです。

履歴書でしたら、形式は決まっているので、楽だと言えますよね。

職務経歴書はフォーマットを決めないといけないので、その分大変なんです。

応募者によって、きれいな職務経歴書、そうでないものの差が結構あります。

キレイな職務経歴書の方が読む気が起きるのは、人間だったら仕方ないでしょう。

中身がいくらいいことが書いてあっても、ごちゃごちゃして、汚かったら、まず読まれません。

書類選考の第一関門は、相手に読んでもらえるようにキレイに仕上げることですね。

以下が職務経歴書を書くときに意識すべき5つのポイントです。

 表を使う

 箇条書きにする

 具体的な数値を示す

 仕事内容、つまり、職務は特に詳しく書く

 求人によって、関連の濃淡で記述内容を省略したりして、アクセントをつける

では次に、職務経歴書に書かないと評価されないことをお教えしましょう。

以下に、必須項目を挙げます。

項目 内容
要約 職務経歴の概要を2~3行で書く。
コアスキル どの会社でも通用する最もアピールできるスキルを書く。
職務要約 転職した場合は、1社ごとに書く。その会社での実績概要を書く。
職務詳細 転職した場合は、1社ごとに書く。会社での職務経歴を編年体で記述。

上記以外は、書いても殆ど評価されません

自己PRはその代表です。

書く方が多いですが、コアスキルで代表できます。

コアスキルは数値を使った具体的なあなたのスキルですので、アピールできるんです。

これは企業が最も注目する項目です。

自己PRと混同しやすいですが、コアスキルはどこに行っても通用するスキルと考えてください。

ポータブルスキルとも呼ばれています。

仕事の上でのモットーとか、明るく元気とかは採用担当者にとってはどうでもいいんです。

だって新卒採用じゃないんですから。

あくまで中途採用で、即戦力を探しているんです。

それ以外に興味はありません。

必要以上に媚(こび)をうるんでしたら、あなたのスキルをきちんと書くべきですね。

 

【キャリアの棚卸し】をしてからにしよう!

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

キャリアの棚卸し】の重要性はすでに取り上げました。

確かにとても大変な作業ではあります。

ですが、この作業は一旦終わってしまうと、あなたの転職活動をする上での一番の財産となります。

【転職理由】や【職務経歴書】にしても、【キャリアの棚卸し】をしっかりと行うと、効率的に作業できます。

【キャリアの棚卸し】の手順については、関連記事で書いてありますが、始める時期は早ければ早いほど良いです。

理想的には転職活動をするしないに関係なく、作っておくとよいのです。

あなたの進むべき道を常に客観的にみることができるためです。

職務経歴書の作成は【キャリアの棚卸し】の後で行いましょう。

これは何度も書いているのですが、大変な作業を端折ってしまう人が実に多いです。

もったいないことだと思います。

職務経歴書は企業に見せるプレゼン資料です。

それなりに準備が必要です。

パワポで資料を作るにしても、データの分析はエクセルでグラフを書いたりするはずですよね。

これと同じことです。

【キャリアの棚卸し】はあなたが何者なのかをあなた自身で理解するとても大事な作業です。

それが終わらない限りは【職務経歴書】は作成しないでください。

1人で作業が進まない方は、転職エージェントにアドバイスを求めると良いでしょう。

特に【JAC Recruitment】は【キャリアの棚卸し】のアドバイスでも適切に行ってくれますよ。


転職エージェントでは第3位の【JAC Recruitment】。

登録者は35歳以上が65%を占め、エグゼクティブ、管理職、外資系の求人を得意としています。

年収800万円以上の求人を多数保有しており、現年収が600万円以上の方におススメです。


業界第2位の転職エージェントである【DODA】。

転職サイトも運営しており、登録することで、転職サイトと転職エージェントとの一括管理がウェブ上で可能です。

あなたに専任のキャリアアドバイザーがつきますが、万が一あなたと相性が合わなければ、ネット上で変更可能です。


業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

非公開求人が約90%を占め、10万件以上保有しています。

アドバイザーも採用試験の狭き門をパスしたプロ中のプロ集団です。


トップへ戻る


本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す