すぐに担当交代せよ!こんな3つのタイプのエージェント

転職エージェント
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントは利用価値があることは間違いないです。しかしそれも使い方を誤るとあなたの転職活動にとって、邪魔な存在になります。利用する上で気をつけるべきことのお問い合わせが多いので、本記事ではまとめてみたいと思います。

Sponsored Links

転職エージェントのビジネスモデル

 

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?やその他の記事で何度も説明していますが、転職エージェントのビジネスモデルについて、今一度簡単に書きます。

 

 

  • 顧客である企業が転職エージェントに求人を依頼する
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する
  • 企業と候補者との間に雇用契約が成立すると成功報酬が企業から転職エージェントに支払われる

 

 

転職エージェントをうまく使うためには、このビジネスモデルを理解しておく必要があります。

つまり転職エージェントにとっての顧客はあくまでも企業であり、あなたではありません。

 

 

企業の意向を優先するのも当然なのです。

だからといって転職エージェントは求職者にとってプラスにならないと考えるのは早計です。

 

 

企業が欲しがる人材であれば、誰でもほかの転職媒体から応募するよりも良い条件で転職出来ることは確実だからです。

転職エージェントは利益が出て初めて運営出来るので、あなたが商品であることは否定できません。

 

 

その点を割り切ってしまえば、転職エージェントはあなたにとっても有益な転職媒体なのです。

なにせ企業にあなたを推薦してくれるのですから。

 

 

こんなエージェントには気をつけろ!

 

 

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われるように、変なエージェントに当たったら大変です。

ここではキャリア相談の段階でそれを見破るとっておきの方法をお教えします。

 

 

転職エージェントによってはリクルートエージェントWORKPORTなどウェブサイトから担当者の変更手続きが可能なところも増えています。

転職エージェントは求職者の苦情を改善する必要がありますので、素早く対応してくれます。

なので遠慮なく言うべきです。

 

あなたの転職がうまくいくかがかかっています。

はっきりと主張しましょう。

 

その時は交代したい具体的理由を出来るだけ多く言うと効果的です。

担当者交代は出来るだけ早いほど傷が浅くてすみます。

 

 

つまりキャリア相談で見破るのがベストなのです。

下記のような言動が見られたら、即座に担当者を変更するように転職エージェントに依頼してください。

 

  • あなたの話を聞こうとしない
  • 職務経歴を話したが、理解出来ていない様子。このタイプはかなり多いです。
  • スキルや希望条件と違う求人をごり押しする

 

 

他にもありますが、上記のエージェントに転職支援を任せるのはやめましょう。

このタイプは自分の利益のことしか考えていないエージェントです。

 

 

あなたの話を聞こうとしないエージェントは結構います。

自分の話しばかりをしたり、あらかじめ用意した求人に応募させると最初から決めているタイプです。

 

転職エージェントの役目は企業にとって欲しい人材を推薦することなのですが、それすら出来ていません。

つまり企業にとっても迷惑なエージェントがこのタイプです。

 

人材業界は定着率が低いので、新人エージェントが多く存在します。

ベテランであれば、このような対応はしないはずです。

 

すぐにでも担当者交代すべきエージェントと言えます。

 

 

次に多いのが職務経歴書をきちんと理解出来ないエージェントです。

専門知識が必要な職種の場合は特にこのようなエージェントに出会うでしょう。

 

エージェントはスーパーマンではありません。

ほとんどの方は一生懸命にあなたの職歴を理解しようとします。

 

ですがあくまでも餅屋は餅屋です。

あなたの職歴に詳しいエージェントを紹介してもらい、担当者交代すべきです。

 

総合型転職エージェントで起こり易い事態で、逆に特化型転職エージェントではほとんどこのようなことはありません。

あなたの職種や業種に詳しくないエージェントでは紹介される求人がミスマッチだらけです。

 

 

最後は求人ごり押しタイプのエージェントです。

あなたの職務経歴を十分理解していても、このようなタイプは要注意です。

 

何故ならば内定辞退でトラブルのもこのタイプだからです。

転職はあなたにとって、とても大切な決断です。

 

もちろん仕事内容のほかにも希望条件があるでしょう。

面接の時に違和感を感じたのであれば、その直感を大切にすべきです。

 

だいたいにおいて、このような「嫌な予感」というのは当たりやすいからです。

 

 

転職エージェントは使い方に気をつけよう

 

 

転職エージェントはとても有効な手段です。

しかし人を介する転職媒体なので、担当エージェントには気をつけてください。

 

 

もう一度気をつけるべきダメなエージェントをまとめます。

 

 

  • 話しを聞かない
  • 職歴を理解できない
  • 求人をごり押しする

 

 

これらのエージェントは百害あって一利なしです。

すぐに担当者変更してもらいましょう。

 

 

転職エージェントのメリット・デメリット【おすすめ12社を使う】
転職媒体の中心ともいうべき転職エージェントですが、どんなメリットがあるのかわからない、逆にデメリットも多くあるんじゃないか?など実に数多くのお問い合わせを頂いています。ここでは本ブログのテーマである転職エージェントのメリット・デメリットと転...

 

トップへ戻る

 

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました