転職を成功させるための3つのポイントとは何か?

転職理由
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職を成功させるためには、大事なポイントが3つほどあります。それは何でしょうか?

Sponsored Links

転職理由・方向性を明確にする

 

 

まず第一に大事なことは、転職することの目標と方向性を明確にすることです。

転職理由を明確にすることはとても重要です。

 

 

それだけでも、面接対策の1つをクリアできるほど大切なんです。

転職理由が人間関係だとしても、採用する側は安心して聞けません。

 

 

面接官だったら、どんな回答だと腹落ちするかを考えながら、自己分析していくと良いですよ。

転職を決意する前にやるべきことは?で言ったように転職理由を明確にすることであなたのキャリアプランも見えてくるのです。

 

 

全ては転職理由を明確にすることから始まります。

徹底的に転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!に書いたようなことを実施することが必要です。

 

 

あなたが転職することは手段であって、目標ではありません。

 

  • 何のために転職するのかをリストアップしてください。
  • その中で面接官受けする項目をチェックしてください。

 

 

そしてそれを膨らませます。

転職理由について応募する企業ごとに考えるのは効率的ではありません。

 

一度の作業であとは全ての面接で使えるものなので、十分なストーリーを練ってください。

 

 

ありがちな転職理由は【スキルアップしたいから】ですが面接官は「今の職場では実現できないのはなぜですか?」と必ず聞いてくるはずです。

それに対しても必ず回答できるようにしておきましょう。

 

 

 

今の職場では実現できない理由を考えることで転職理由がより明確になるはずです。

 

 

回答例としては、

『事業見直しにより、職場環境が変わってしまいました。今の会社でスキルを活かした働き方はより一層厳しくなり、新天地で働くことを選択しました。』

とか

 

『今の会社で異動願いを何度も出しました。より一層のスキルアップをするためのお願いですが、会社は受け入れてくれませんでした。私としては、より困難な課題に取り組みたいと思い、転職を決意しました。』

などのようにできるだけ具体的な言葉で考えることです。

 

 

大事なことは、あなた自身の言葉で表現することです。

それが転職する目標ともなります。

 

 

 

次は転職の方向性です。

言い換えるとどんな業界、どんな職種の求人に応募していくか?を決めることです。

 

 

そのためには、あなたがやってきたことを整理することが大切です。

これをキャリアの棚卸しといいます。

 

「いつ、どこで、誰と、何を、なぜ、どんなふうに行ったか?」を書きだします。

どんなささいなことでも良いです。

 

あなたの長所を見つけるのが目的ですから。

 

 

キャリアの棚卸しを行うとあなたがこだわっていることや評価されていることがだんだんと見えてくると思います。

 

それが転職の方向性となるんです。

あなたができること、したいこと、すべきことはぴったりと重なりませんよね?

 

あなたがすべきことは、相手が評価していることです。

でもあなたとしては、したいことがほかにあるかもしれません。

 

キャリアの棚卸しを行うことで、整理されていきます。

まずはそれを行いましょう!

 

 

 

あなたのしたいことは何でしょう?

それが経験がないことだとしたら、普通の転職とは戦略は変わってきますよね?

 

その場合は、未経験歓迎の求人を探すことになります。

 

  • その手段としては、ハローワークや転職サイトを使用することが多いでしょう。
  • 方向性が経験を生かした転職であれば、転職エージェントを使った活動が中心になりますね。

 

 

自己を理解する

 

 

自己分析をすることです。

転職理由を明確にする作業にも必要なことです。

 

 

作業としては、並行して行うことになります。

 

 

  • 転職理由を明確にする
  • キャリアの棚卸し
  • 転職の方向性を決める
  • 自己分析

 

 

ここでは、自己分析について書きますね。

あなたの転職の方向性について、具体的にリストアップします。

 

 

例えば、

 

  • 正社員にこだわりすぎていないか?
  • 職種選定は適切か?狭すぎないか?
  • 年収設定は適切か?
  • あなたのスキルを把握しているか?

 

などについて書き出します。

 

 

実際に書き出すことであなたの考えが整理されると思いますよ。

 

ここは、面倒でも手を抜かずに行いましょう!

できるだけ数を多くリストアップしましょうね。

 

 

そうすることで、キャリアの棚卸しや転職理由にもフィードバック出来ます。

自己分析はこれで終わりということはないでしょう。

 

日々更新して行きましょう

 

 

相手を理解する

 

 

自分を理解するとともに、相手を知ることが重要となります。

あなたが決めた方向性や目標に対して、転職市場に需要があるか?をまずは知る必要があります。

 

 

需要が極端に少ない場合は、転職の方向性を見直す必要が出てきます。

この3つは関連しあっているので、とても大変な作業です。

 

 

ですが、これが済んでしまえば、転職はほぼ成功したといっても良いと思います。

転職の失敗例の大半が、応募する求人の方向性が決まらないことです。

 

 

そのため、色々な求人に応募して失敗してしまうんです。

つまり、転職の目標・方向性が決まらないんですね。

 

 

転職の方向性が決まらないと転職活動は難しいと思ってください。

転職をあきらめることも勇気のうちです。

 

 

求人案件に応募する際はその企業のことをよく知る必要があります。

面接準備の大半は相手企業の調査に費やすべきです。

 

ホームページに書いてある内容を質問してしまったりしたら、その時点で面接はアウトです。

転職準備はいくらやっても足りないくらいなのです。

 

 

企業研究は相手をよく知るということです。

 

 

 

まとめますと、

 

  • 転職市場・価値を知ること
  • 相手企業をよく知ること

 

が重要なんですね。

 

 

覚えておいてくださいね。

 

トップへ戻る

 

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました