広告

【代表取締役が徹底解説】最終面接と一次二次面接の決定的な違いとは?

【代表取締役が徹底解説】最終面接と一次二次面接の決定的な違いとは? 転職面接
転職面接
この記事は約27分で読めます。

 

 

最終面接の対策に悩んでいる人「一次面接、二次面接はなんとか通過した。あとは、いよいよ最終面接だ。最終面接については、転職本にもあまり情報がなく不安だ。できれば、最終面接を行っている面接官がどういう目線で評価するかを知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビクリエイター type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 389,480件 05/25更新 197,858件 05/25更新 49,000件 86,036件 15,000件 9,588件 59,000件 20,282件 非公開 15,000件 5,000件 常時数千件 3,000件 3,666件 500件 1,500件 36,900件 12,000件 6,000件 2,062件 1,000件 132,490件 7,505件 9,588件 2,000件 3,600件 54,000件 9,588件 非公開 非公開 非公開 1,500件 1,500件 60,000件 62,000件 非公開 1,000件 63,466件 10,860件 非公開 常時100社以上
非公開求人数 280,642件 05/25更新 非公開 100,000件 非公開 20,000件 19,249件 20,000件 非公開 5,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000件 15,000件 30,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

最終面接、一次面接、二次面接の違いを、経験豊富な代表取締役が解説します。面接対策に迷っている方々に、重要なポイントや評価基準を明確にお伝えします。自信を持って面接に臨むための貴重な情報がここにあります。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

最終面接と一次二次面接との決定的な違い。それは面接官が経営陣だということ。「この応募者は、どれぐらいの売上を上げてくれるか?」が重要。あとは、取締役との相性も実は重要。特にスタートアップ企業では、社長と近い立場で仕事をするので、コミュニケーションスキルは大切。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 最終面接と、一次面接との違いがわかる。
  • 最終面接と、二次面接との違いがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は代表取締役と採用担当者を兼務していて、数多くの最終面接はもちろん、一次二次面接も行っています。
  • 転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。
  • 代表取締役かつ採用担当、そして3回の転職経験がこの記事の根拠です。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 最終面接と一次二次面接の決定的な違い
  • 最終面接と一次面接の違い
  • 最終面接と二次面接の違い

 

では一つずつ解説します。

 

 

最終面接と一次二次面接の決定的な違い

最終面接と一次二次面接の決定的な違い

 

最終面接と一次二次面接は、採用プロセスの重要なステップです。
それぞれ異なる目的や評価基準が存在し、候補者の適性や経営陣との相性を判断するための手段として利用されます。

 

以下では、最終面接と一次二次面接の具体的な違いについて解説します。

 

一次面接、二次面接と進むにつれて、面接官の顔ぶれも変わってきます。

一次面接では人事の方が中心となります。

 

二次面接では現場責任者が中心です。

そして、最終面接は取締役クラスが加わって行われます。

 

そうすると、おのずと各々の面接の質問内容は同じであったとしても、視点は全然違います

面接官を安心させることが最大の対策であると何度もしつこく言ってきました。

面接とは安心である【採用担当者の経験から断言します】

 

面接官が会社で【どのような立場なのか】を考えてから、受け答えをすると会話がかみ合わないということは少なくなります。

一次面接であれば、相手が人事の方であることを踏まえて、どのように答えるのが良いのかを考えましょう。

 

二次面接であれば、現場責任者の方が面接をしますので、あなたができることを具体的にアピールできるチャンスです。

あなたのスキルを知りたがっているのが、現場というものですから、できるだけ詳しく話すことで、面接官とは話が盛り上がります。

 

そして、最終面接です。

これは今までの面接官とは会社での役割が違います。

 

経営サイドにいる方です。

それであれば、面接官は何を期待するでしょう?

 

会社に貢献できる人かどうかをよりシビアにみられるということです。

転職の最終面接は「採用決定者による見極めの場」【対策あり】

【社長面接】相性が決め手!?「社長が教える」成功するための準備ポイントと質問例

 

 

最終面接と一次面接の違い

最終面接と一次面接の違い

 

最終面接は、候補者が企業の経営陣と直接対話する機会です。
一次面接では、主に候補者の経歴やスキル、志望動機などが中心的に評価されますが、最終面接ではそのような基本的な情報はすでに確認済みです。

 

最終面接では、経営陣が候補者との相性やコミュニケーション能力、経営視点などを重視して評価を行います。
最終面接では、候補者が組織内での役割やリーダーシップを果たす能力、ビジョンや戦略的思考、チームとの協調性などが評価の対象となります。

 

候補者のパーソナリティやカルチャーへの適合性も注目されます。
最終面接では、企業の将来を担う重要なポジションにふさわしい人物を見極めるため、より高度な評価が行われるのです。

 

一次面接は人事の方が主に質問することが多いので、社員としたときに恥ずかしくない人か?という目線で見られます。

ビジネスパーソンとして、備わっているべきマナーであるとか、転職理由、志望動機が中心となります。

 

つまり、『うちの志望度はどのくらいか?』を不安に思って、面接官は安心するために色々質問するわけです。

あなたが応募者であったとしたら、それに対して安心させてあげることです。

 

一次面接はそれが出来れば、まずうまくいきます。

ですが最終面接はそうはいきません。

 

面接官はあなたのキャリアビジョンが知りたいのです。

会社で同じ部署でずっと働くということは極めてまれだからです。

 

求人票に書かれている仕事しかできない人材では困るわけです。

会社にはいくつかの事業があります。

 

部署を異動しても対応できる応用力があるかをチェックしているのです。

「3年後、5年後、10年後にどうなっていたいか?」

 

それについて、明確なキャリアビジョンを持っていないと内定を獲得できません

未来志向の人材かどうかはとても重要です。

 

長期にわたって、どのようにスキルアップしていきたいかを語れれば、それが会社に活躍の場があるのであれば、面接官としては安心します。

キャリアビジョンといっても、独りよがりではダメなんです。

 

その会社に活躍の場があることをリサーチして、話さないと面接官には響きません。

最終面接においても安心させるということは鉄則なんです。

 

最終面接では「企業のことを良く理解していること」もみられますので、会社の事業を把握し、できればその延長線上に会社を成長させる新たな事業を提案することができれば満点でしょう。

 

 

最終面接と二次面接の違い

最終面接と二次面接との違いは?

 

二次面接は、最終面接の前段階として行われることが多いです。
一次面接において候補者の基本的なスキルや経験が確認され、二次面接ではより具体的な能力や業務に関連するスキルのチェックが行われます。

 

二次面接では、一次面接での情報をもとに、候補者の実務経験や専門知識、問題解決能力などをより詳細に掘り下げて評価します。
一次面接では把握しきれなかった面をさらに深く探り、候補者が求められる業務に対して適切なスキルや資質を持っているかを確認します。

 

最終面接では、候補者が経営陣との相性や経営視点を評価されますが、二次面接ではより具体的な業務に焦点が当てられます。
現場の責任者や関連部門のリーダーが面接官となり、候補者の実務的な能力や専門知識、チームでの協調性などが重要なポイントとなります。

 

例えば、二次面接では候補者に対して、具体的な業務シナリオや課題に対する解決策を提案するよう求めることがあります。
これにより、候補者の実際の業務遂行能力や問題解決能力、クリティカルシンキングなどを評価することができます。

 

また、二次面接では実技テストやグループディスカッション、プレゼンテーションなどの課題を課されることもあります。
これによって、候補者のコミュニケーション能力やリーダーシップ、プレゼンテーションスキルなどを客観的に評価することができます。

 

最終面接と異なり、二次面接では候補者の売上目標の設定やビジネス戦略の立案能力はあまり重視されません
代わりに、実務的なスキルや専門知識、業務への理解度などがより詳細に評価されるのです。

 

最終的な結論として、最終面接は経営陣との相性や経営視点を評価するための場であり、一次二次面接は候補者の実務的な能力や業務への適合性を評価するための場です。
最終面接と一次二次面接の違いについては、面接官の役割や評価基準だけでなく、目的や焦点も異なる点に注意が必要です。

 

最終面接は、候補者と経営陣の相性やコミュニケーション能力、リーダーシップの潜在能力などを評価するための場です。
経営陣は、候補者が将来のビジョンや戦略的思考を持ち、組織を牽引していく能力を有しているかを確認します。

 

また、経営陣との相性が重視されるため、候補者のパーソナリティやカルチャーへの適合性も考慮されます。
最終面接では、会社の将来を担う重要なポジションにふさわしい人物を選定するため、より高度な評価が行われるのです。

 

一方、一次二次面接では、候補者の基本的なスキルや経験、業務への適合性を評価することが主眼です。
一次面接では、候補者の履歴書や志望動機、転職理由などを確認し、基本的な面接評価を行います。

 

二次面接では、より具体的な業務に関連するスキルや知識、問題解決能力などをより詳細にチェックします。
現場の責任者や関連部門のリーダーが面接官となり、候補者が求められる実務的な能力を確かめるため、課題や実技テストを課すこともあります。

二次面接では一次面接よりも注意すべき3つのポイント【意外と想定内】

 

最終面接と一次二次面接の違いを把握して、面接対策に備えましょう。
最終面接ではビジョンや経営視点、相性やコミュニケーション能力が重視されますので、自身のビジョンや経営に対する理解を明確にし、経営陣とのコミュニケーションを重視した準備を行いましょう。

 

一次二次面接では、業務に関連するスキルや知識、問題解決能力などの実務的な側面に重点を置いた準備を行い、具体的な業務に関する質問や課題に対応できるよう準備しましょう。

 

最終面接に向けた準備では、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

 

ビジョンと経営視点の明確化

 

企業のビジョンや経営方針に対してどのような理解や共感を持っているかを示すことが重要です。
自身のビジョンや経営に対する考え方を整理し、具体的な事例やアイデアを用意しておくと良いでしょう。

 

コミュニケーション能力の鍛錬

 

最終面接では、経営陣との相性やコミュニケーション能力が評価されます。
自身の意見や考えを明確に伝える能力や、円滑なコミュニケーションが求められます。

 

模擬面接やロールプレイの練習を通じて、自信を持って意見を述べる練習をしましょう。

 

リーダーシップの実践例の準備

 

最終面接では、リーダーシップやチームへの影響力が評価されます。
過去の経験やプロジェクトでのリーダーシップの実践例を準備し、成功したポイントや難しかった課題、学んだ教訓などを具体的に示すと良いでしょう。

 

一次二次面接に向けた準備では、以下のポイントに注目しましょう。

 

業務に関連するスキルや知識の確認

 

応募する職種や業界に関連するスキルや知識を再確認し、自身の経験や実績を具体的に説明できるように準備しましょう。
自身の強みや成果についても具体的な事例を挙げて示すことが重要です。

 

問題解決能力のデモンストレーション

 

二次面接では、問題解決能力が重視されます。
実務的な課題やシナリオを想定し、それに対する解決策やアプローチを具体的に示すことが求められる場合があります。

 

事前に自身の問題解決能力を鍛えるために、ケーススタディやロールプレイなどの訓練を行い、具体的な解決策を提案する能力を身につけましょう。

 

コミュニケーションと協調性の証明

 

二次面接では、チームでの協力やコラボレーション能力も重要視されます。
過去のチームプロジェクトやグループワークでの経験を振り返り、自身がどのようにチームの一員として貢献したかを具体的に説明しましょう。

 

また、自身の協調性や柔軟性を示すエピソードや事例も用意しておくと良いでしょう。

 

自己分析と強みの明示

 

一次二次面接では、自己分析や強みの把握も重要です。自身のスキルや特長を客観的に見極め、その強みを具体的な事例や実績と結びつけて説明できるようにしましょう。
また、自身の成長意欲や学習能力を示すエピソードも準備しておくと良いでしょう。

 

最終的には、最終面接と一次二次面接において、それぞれ求められるポイントに焦点を当てた準備を行いましょう。
自身の経験や実績を具体的に示し、ビジョンや経営視点、業務への適合性など、面接官が評価する要素に対して自信を持ってアピールすることが大切です。

 

二次面接では、通常、現場の責任者が面接官となることが多いです。
スキルや能力のチェックが中心的に行われます。

 

一方、最終面接では、候補者が「いかにして売上を上げることができるか」が評価されます
具体的な業務内容や求人票の内容にはあまり関心が払われません。

 

最終面接では、候補者のビジネスの視点や会社の事業展開についての考え方が重視されます。
なぜなら、最終面接を行うのは取締役などの経営陣であり、会社の将来に関わる重要な判断を行う立場にあるからです。

 

以上が最終面接と一次面接、二次面接の主な違いです。
面接対策を行う際には、これらのポイントを押さえて臨むことが重要です。

 

二次面接は、現場レベルでの即戦力として通用するかを確認するものです。

求人票に書かれている応募資格の確認は、職務経歴書を中心に行います。

 

二次面接でも、転職理由や志望動機が聞かれることはもちろんあります。

ですがあなたのスキルチェックの割合が殆どだと思ってください。

 

あとは、あなたの「人となり」も見られます。

それに対して、最終面接はどうでしょうか?

 

面接官は、現場責任者が同席することも多いですが、取締役クラスがメインとなります。

質問は当然、会社の利益のことを考えた幅広いものになります。

 

一次面接との違いでも書きましたが、会社の事業内容は全て把握しておかないと、うまく回答できないでしょう。

取締役クラスであれば、会社の将来のことをいつも考えています。

 

先ほども述べたように、キャリアビジョンを語れるかどうかが合否の分かれ目となります。

 

これから先、世の中がどうなっていくのかの情報収集力、観察力もみられています。

会社は生き物です。

 

いつまでも同じことをしていては、企業は生き残れません。

新規事業を立ち上げたとき、ポテンシャルのある人材かという目線でも見ています。

 

スキルチェックやビジネスパーソンとしてのチェックは、二次面接で終わっています。

最終面接では、経営層として「売り上げをどれだけ上げられる人材か?」を俯瞰的にみているのです。

 

あなたは求人票を見て、その企業に応募したのは事実でしょう。

ですが、最終面接ともなると、求人票の内容よりも広く、深く、色々な角度でチェックされますので、一旦忘れてください。

 

もっと幅広い業務のことを聞かれても、拒絶はしないことです。

あなたの思っている仕事と違うと思うかもしれません。

 

ですが、それだけに固執する人は取締役クラスには好かれません。

会社としては、ローテーションも考えるのが仕事です。

 

このように最終面接は一次面接や二次面接とは何もかも違うので、油断は禁物です。

セレモニーだと思って、準備をしないとえらい目に合います。

 

転職エージェントを使っていれば、その会社のくせがわかります。

今までの質問などの情報も手に入れられる分、有利なのです。

 

最終面接もきちんと準備をして臨みましょう。

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

 

  • おすすめ転職エージェント比較表

転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビクリエイター type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 389,480件 05/25更新 197,858件 05/25更新 49,000件 86,036件 15,000件 9,588件 59,000件 20,282件 非公開 15,000件 5,000件 常時数千件 3,000件 3,666件 500件 1,500件 36,900件 12,000件 6,000件 2,062件 1,000件 132,490件 7,505件 9,588件 2,000件 3,600件 54,000件 9,588件 非公開 非公開 非公開 1,500件 1,500件 60,000件 62,000件 非公開 1,000件 63,466件 10,860件 非公開 常時100社以上
非公開求人数 280,642件 05/25更新 非公開 100,000件 非公開 20,000件 19,249件 20,000件 非公開 5,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000件 15,000件 30,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当厳選】転職エージェントおすすめニーズ別86選!徹底比較【求人数や選び方・裏事情を紹介】