最終面接と一次二次面接との違いは何か?

面接対策
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

企業によっては、役員クラスによる最終面接があるところがあります。今まで通過してきた一次面接、二次面接。決定的な違いは何でしょうか?

Sponsored Links

面接官の立場になって考えて!

一次面接、二次面接と進むにつれて、面接官の顔ぶれも変わってきます。

一次面接では人事の方が中心となります。

二次面接では現場責任者が中心です。

そして、最終面接は役員クラスが加わって行われます。

そうすると、おのずと各々の面接の質問内容は同じであったとしても、視点は全然違います。

面接官を安心させることが最大の対策であると何度もしつこく言ってきました。

面接官が会社で【どのような立場なのか】を考えてから、受け答えをすると会話がかみ合わないということは少なくなります。

一次面接であれば、相手が人事の方であることを踏まえて、どのように答えるのが良いのかを考えましょう。

二次面接であれば、現場責任者の方が面接をしますので、あなたができることを具体的にアピールできるチャンスです。

あなたのスキルを知りたがっているのが、現場というものですから、できるだけ詳しく話すことで、面接官とは話が盛り上がります。

そして、最終面接です。

これは今までの面接官とは会社での役割が違います。

経営サイドにいる方です。

それであれば、面接官は何を期待するでしょう?

会社に貢献できる人かどうかをよりシビアにみられるということです。

 

一次面接との違いは?

一次面接は人事の方が主に質問することが多いので、社員としたときに恥ずかしくない人か?という目線で見られます。

ビジネスパーソンとして、備わっているべきマナーであるとか、転職理由、志望動機が中心となります。

つまり、『うちの志望度はどのくらいか?』を不安に思って、面接官は安心するために色々質問するわけです。

あなたが応募者であったとしたら、それに対して安心させてあげることです。

一次面接はそれが出来れば、まずうまくいきます。

ですが最終面接はそうはいきません。

あなたのビジョンが知りたいのです。

会社としては、予定している部署でずっと働くということは極めてまれです。

異動したとき、別な仕事をするわけです。

会社にいくつかの事業があったとして、それぞれに対応できそうかをチェックしているのです。

5年後、10年後にどうなっていたいか?

それについて、明確なビジョンを持っていないと対応できません。

長期にわたって、どのようにスキルアップしていきたいかを語れれば、それが会社に活躍の場があるのであれば、面接官としては安心します。

ビジョンといっても、独りよがりではダメなんです。

その会社に活躍の場があることをリサーチして、話さないと面接官は引いてしまいます。

なので、最終面接においても安心させるということは鉄則なんです。

 

二次面接との違いは?

二次面接は現場レベルでの即戦力として通用するかを確認するものです。

求人票に書かれている応募資格の確認を職務経歴書を中心に行います。

ここでも、転職理由や志望動機が聞かれることはもちろんあります。

ですがあなたのスキルチェックの割合が殆どだと思ってください。

あとは、あなたとの相性も見られます。

それに対して、最終面接。

面接官が現場責任者が同席することも多いですが、役員クラスが加わります。

質問は当然、幅広くなります。

会社の事業内容は全て把握しておかないと、頭が真っ白になります。

そして、役員クラスであれば、将来のことをいつも考えています。

先ほども述べたように、ビジョン、特に長期的なビジョンを語れるかどうかが分かれ目となります。

これから先、世の中がどうなっていくのかの情報収集力、観察力も確認されています。

会社は生き物です。

いつまでも同じことをしていては、生き残れません。

仮に新規事業を立ち上げたときの人材となりそうかという目線でも見ています。

現在のスキルチェックやビジネスパーソンとしてのチェックも終わっています。

最終面接では、経営層として、売り上げをどれだけ上げられる人材かを俯瞰的にみているのです。

あなたは求人票を見て、その企業に応募したのは事実でしょう。

ですが、最終面接ともなると、求人票の内容よりも広く、深く、色々な角度でチェックされますので、一旦忘れてください。

もっと幅広い業務のことを聞かれても、拒絶はしないことです。

あなたの仕事と違うと思うかもしれません。

ですが、それだけに固執する人は役員クラスには好かれません。

会社としては、ローテーションも考えるのが仕事です。

このように最終面接は一次面接や二次面接とは何もかも違うので、油断は禁物です。

セレモニーだと思って、準備をしないとえらい目に合います。

転職エージェントを使っていれば、その会社のくせがわかります。

今までの質問などの情報も手に入れられる分、有利なのです。

最終面接もきちんと準備をして臨みましょう。


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました