志望動機って、しつこいくらいになぜ聞かれるのか?【採用にはお金がかかる】

転職理由
この記事は約5分で読めます。

転職理由と志望動機とは線でつながっている必要があります。書類選考や面接で企業が志望動機を知りたい本当の理由は何でしょうか?

志望動機って、しつこいくらいになぜ聞かれるのか?

 

面接で志望動機を必ず聞かれるけど、それってなぜだろう?

面接官の質問の意図を知っておきたいな…

 

転職活動中の方は上記のようなお悩みの方は多いのではないでしょうか?

本記事は採用担当者の経験者である筆者が「企業がなぜ志望動機を重視するのか?」について、書いたものです。

 

以下の3点についてフォーカスしています。

 

  • 転職理由を確認している
  • 志望動機は使いまわしはできない
  • 企業が志望動機を知りたい理由

 

一つずつ解説します。

 

 

転職理由を確認している

 

転職活動に入る前に、あなたの転職理由を明確にすることが大切です。

 

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】
転職活動は安易に始めるべきではありません。転職を決意する前に明確にしておくべきことがあります。それは何でしょうか?

 

転職理由は転職を考えるきっかけとは違います。

転職理由は簡単に言えば、今の会社で実現できないことを転職することで成長するためのものです。

 

例えば『今までの経験を生かして、●●のスキルを身に着けるためには、今いる会社では実現不可能。』というようなことが、転職理由となります。

つまり【なぜ転職するのか、それは何を実現したいからなのか?】ですね。

 

転職理由をが明確に語れないうちは、転職活動に入ることはおすすめしません

 

転職を成功させるための3つのポイントとは何か?【知ってて当然】
転職を成功させるためには、大事なポイントが3つほどあります。それは何でしょうか?

 

「今の会社で本当に実現できないのか?」の検討がされていないと、転職理由としては弱いです。

転職を考えるきっかけとなったことは退職理由といい、転職理由とは区別します。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?面接で恥をかかないためにも知っておきましょう。

 

退職理由は過去に対する不満が主なきっかけとなるものが多いです。

会社に対する不満だけが理由で転職をすることは危険です。

 

なぜならば【退職して何を目指すのか?】が不明確だからです。

だからこそ転職理由は転職活動を成功させるための最重要課題といえるのです。

 

転職理由を見える化するためにキャリアの棚卸しを行って、あなたの強みを発見するんです。

 

キャリアの棚卸しで注意すべき3つのポイント【気づかない人が多い】
転職活動ではキャリアの棚卸しの実施が大事なポイントとなります。キャリアの棚卸しでは、何に気をつければよいでしょうか?

 

これができて初めてどのような求人に応募していくかの転職活動の方向性が固まるんですね。

転職理由は一度決めたら、ブレないことが大切です。

 

これがブレてしまうと、色々な求人に応募してしまい、転職活動に一貫性がなくなります。

転職の目的がわからなくなってしまいます。

 

志望動機は転職理由と矛盾があってはいけません。

つまり関連性が強いので転職理由の確認にもなるのです。

 

 

志望動機は使いまわしはできない

 

志望動機は転職理由とは同じではありません。

 

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?
転職を決意した時には、明確な転職理由があるはずです。求人に応募する際の志望動機は、転職理由とどう関連付けるべきなのでしょうか?

 

しかしながら、転職理由が動機となっていなければなりません。

例えば、【スキルアップをしたい】が転職理由の一つだったとします。

 

実際にはもっと深掘りされているとは思います。

スキルアップをしたい、専門の領域がターゲットになりますよね。

 

今まで経験してきたものより高度なことをやりたいのであれば、それが転職理由になり、志望動機にもなります。

志望動機では、さらに【なぜ、御社なのか?】を伝える必要があります。

 

つまり求人ごとに志望動機は異なるものです。

 

志望動機を考えることは、転職理由以上に手間がかかると言えます。

志望動機がしっかりしているということで面接官は安心します。

 

「応募したのは本気なのだな」と認識するからです。

本命の求人がほかにあったとしても、志望動機がしっかりしていれば面接ではうまくいくでしょう。

 

 

企業が志望動機を知りたい理由

 

志望動機をもう少しわかりやすく分解すると以下の公式になります。

 

  • 転職理由+【なぜ御社なのか?】

 

つまり志望動機を聞くことで、転職理由と応募した理由も確認できるんです。

 

私が前職で面接で質問するときも、志望動機は必ず確認していました。

直接ではないにしても、会話の中から必ず投げかけていました。

 

志望動機を聞くことで、「なぜうちに応募したのか?すぐ辞めないか?」などの不安を面接官は解消するんです。企業が志望動機をしつこく聞く理由はそこにあります。

 

志望動機のポイントは【企業研究】と【求人研究】にあります。

事前に正確な求人の情報収集をすることはとても重要です。

 

会社情報はホームページから収集出来ますよね。

ですが、求人研究についてはあなた一人ではなかなか限界があります。

 

そんなときには転職エージェントを使って情報収集するのが、効率的です。

転職エージェントは求人について、良く把握していますから適切な情報とアドバイスを受けることができるのです。

 

転職エージェント経由での求人応募から入社までの流れ【初心者向け】
転職エージェントに登録してからのおおよその流れを説明します。これをベースに転職活動のスケジュールを組んで頂ければよいと思います。ぜひとも、頭に入れておいてくださいね。

 

転職エージェントに登録すると、あなたの担当コンサルタントは転職活動のサポートを全力で行います。

キャリア相談に始まって、求人紹介、企業への推薦、職務経歴書の添削、面接対策、年収交渉、円満退職のアドバイスなどをワンストップで代行してくれます。

 

特に大手の転職エージェントは世の中には公開されていない非公開求人を10万件程度、保有しています。

転職理由が明確になっていましたら、正しい手順で転職エージェントを使ってみましょう。

 


失敗しないための転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】
転職活動の進め方については意外と知らない方も多いようです。転職活動ノウハウとして身につけておきたいところです。手順を間違えると転職活動は失敗しますので注意が必要です。

転職活動で役に立ったおすすめの総合型転職エージェント8選
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

【転職失敗しないために】おすすめの転職エージェント12選とメリット・デメリット
おすすめの転職エージェントを知りたいですか?転職エージェントのメリットやデメリットを知りたいですか?本記事ではおすすめの転職エージェント、メリット、デメリットと転職エージェントを使う上での注意点もあわせて記載します。

 

 

トップへ戻る