面接で転職理由を聞かれたら、どうする?


面接でよくある質問でご存知の『転職理由』。これについては、本ブログでの大きなテーマの一つです。面接では間接的に聞かれることが多いので、その時の対応の仕方を考えてみましょう。

退職理由と転職理由は違う!

退職理由と転職理由。

一見、同じように思えますね。

事実、面接官の中にも同じ意味で使っている場合もあります。

退職理由と転職理由との違いでも述べたとおり、それぞれに別の意味があります。

 転職をするきっかけとなった理由を【退職理由】といいます。

 転職をしてこうなりたいという理由を【転職理由】といいます。

退職理由はきっかけにすぎません。

これが理由で転職しても転職活動はうまくいきません。

なぜか?

退職理由はほとんどが現状の不満であり、こうなりたいという明確なビジョンが描けていないからです。

会社に対する不満で転職を考えるのは、悪いことではありません。

ですが、もし面接の場で現職の不満を言ったとしたらどうでしょうか?

面接官の印象が悪くなることもありますが、それ以上に不安になるはずです。

「またこのような理由で辞めないだろうか?」と。

面接は安心であると何度も言っています。

しつこいくらいに。

面接官を不安にさせることは、言ってはダメなんです。

ということは、転職理由を聞かれたとしても、【退職理由】についてはきっかけを話す程度にとどめたほうがよいです。

本題の【転職理由】にすぐ入ってしまえば、面接官は不安に思わないでしょう。

では、【転職理由】の説明の仕方として、どのように組み立てるのが良いのでしょうか?

 

納得感のある説明が必要です。

【転職理由】については、単なる面接対策だけではなく、転職活動を進める上での重要なポイントとなります。

面接にいたるまで、あなたはキャリアの棚卸し転職の方向性を決めましたよね。

そこで苦労して、構築したのは【転職理由】です。

転職理由をどうやったら、作成できるかの手順も示してみました。

【転職理由】を面接では、もう少しスムーズに言えるように口語体にしてみましょう。

原稿を作ってしまうのも、よいかもです。

面接の度に微妙な間が空いてしまうのも、イヤですよね!

それであるならば、台本にしてしまうのです。

感情をこめて言えないと、それこそ台無しになります。

面接の本番では、【こんなことを言おう】ぐらいに決めておいて、あなたの言葉で話すことが大事です。

面接官は、何度も面接を行っています。

丸暗記はすぐにバレてしまいます。

そのためには、大体三本柱で考えておきましょう。

 転職を考えたきっかけ、つまり、退職理由

 どうなりたいから転職活動をしているか、つまり、転職理由

 将来(3年後、5年後、10年後)、あなたが会社に提供できること

3番目は志望動機にもなりますので、話の流れで不要な場合は別な場面でアピールしてください。

退職理由と転職理由との話す割合は転職理由が9割でちょうどいいくらいです。

退職理由は話しすぎないように注意しましょう。

 

転職理由は面接での肝!

面接で転職理由を聞かれるのはなぜでしょうか?

きちんとした理由があります。

良く言われていることとしては、『同じ理由で辞めないかの確認』です。

つまり退職理由を気にしているのですね。

転職回数が多い方の場合は、特に聞かれる傾向があります。

会社都合退職と自己都合退職によって、負担が違います。

会社都合で退職した場合は、辞めたきっかけは明確なので、しつこく聞かれることはありません。

自己都合で退職した場合は、なぜ退職したのか聞かれる可能性があります。

その時に慌てないように、退職のきっかけも言える範囲で話せるようにしておきましょう。

パワハラやセクハラ、過剰労働も立派なきっかけです。

ブラック企業で働いていたので、職場環境を変えたいというのは、退職理由になります。

ただ、ホワイト企業で働きたいというのが転職理由だとすれば、それは転職理由とは呼べません。

少なくとも募集している企業にとって、有益な理由でなければなりません。

だからこそ、企業研究が必要となってくるのです。

転職理由の中には必ず【スキルアップしたい】に分類されるものがあるはずです。

それこそが企業が聞きたい本当の理由です。

つまり、転職理由を聞くことであなたの転職の方向性を探り、会社に貢献してくれる人かどうかを探っているんです。

企業が欲しがる人物像についての情報は転職エージェントを使えば、得ることができますが、それ以外の場合ですと、推定するしかありません。

いずれにしても、情報収集をしっかりして面接に臨みましょう。

退職理由は転職理由と関連があります。

そして、転職理由は志望動機とも矛盾がないように組み立てる必要があります。

だからこそ、転職理由は転職活動をうまく進める上での肝であると言っているのです。

面接でも転職理由が肝となるのは当然です。

それがうまく答えられないと、志望動機を聞かれたときに影響が出てしまいます。

逆を言ってしまえば、転職理由がしっかり固まっている場合は、転職活動はうまくいくといえるのです。


業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

いわゆる総合型転職エージェントです。

求人数も最大級でアドバイザーの質も良いことで評判です。

私自身もお世話になっている転職エージェントです。 

 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す