採用面接で転職理由を聞かれたときはどうするの?【退職理由は軽めに】

面接対策
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

面接でよくある質問でご存知の『転職理由』。これについては、本ブログでの大きなテーマの一つです。面接では間接的に聞かれることが多いので、その時の対応の仕方を考えてみましょう。

Sponsored Links

採用面接で転職理由を聞かれたときはどうするの?

 

採用面接での定番の質問といえば、転職理由です。

転職活動をしている方の中には面接前に毎回悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

転職活動では「転職理由を明確にしてから始める」という鉄則があります。

面接では特に転職理由の対応の仕方に悩む必要はありません。

 

転職理由を整理すればいいだけのことです。

本記事では面接で転職理由を聞かれたときの対応方法を書いています。

 

以下の3項目に集約されます。

  • 退職理由と転職理由は違う
  • 納得感のある説明が必要
  • 転職理由は面接での肝

 

一つずつ解説します。

 

 

退職理由と転職理由は違う

 

退職理由と転職理由。

一見、同じように思えますね。

 

事実、面接官の中にも同じ意味で使っている場合もあります。

退職理由と転職理由との違いでも述べたとおり、それぞれに別の意味があります。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?面接で恥をかかないためにも知っておきましょう。

 

  • 転職をするきっかけとなった理由を退職理由といいます。
  • 転職をしてこうなりたいという理由を転職理由といいます。

 

退職理由はきっかけにすぎません。

これが理由で転職しても転職活動はうまくいきません。

 

なぜか?

退職理由はほとんどが現状の不満であり、こうなりたいという明確なビジョンが描けていないからです。

 

会社に対する不満で転職を考えるのは、悪いことではありません。

ですが、もし面接の場で現職の不満を言ったとしたらどうでしょうか?

 

面接官の印象が悪くなることもありますが、それ以上に不安になるはずです。

「またこのような理由で辞めないだろうか?」と。

 

面接は安心であると何度も言っています。

しつこいくらいに。

 

面接とは安心である【採用担当者の経験から断言します】
面接とは安心であるということを、本ブログの記事で書いてきました。とても大事なことですので、改めて書きます。

 

面接官を不安にさせることは、言ってはダメなんです。

転職理由を聞かれたとしても、退職理由についてはきっかけを話す程度にとどめたほうがよいです。

 

本題の転職理由にすぐ入ってしまえば、面接官は不安に思わないでしょう。

では、転職理由の説明の仕方として、どのように組み立てるのが良いのでしょうか?

 

 

納得感のある説明が必要

 

転職理由については、単なる面接対策だけではなく、転職活動を進める上での重要なポイントとなります。

面接にいたるまで、あなたはキャリアの棚卸しで転職の方向性を決めましたよね。

 

【キャリアの棚卸し】あなたの強みはどうすればわかる?
「あなたの強みはなんでしょうか?」と面接で聞かれたとき、あなたはどうやって答えますか?これは面接対策以前に把握しておくべきことです。強みをリストアップする方法は。。。
転職を成功させるための3つのポイントとは何か?【知ってて当然】
転職を成功させるためには、大事なポイントが3つほどあります。それは何でしょうか?

 

そこで苦労して、構築したのは転職理由です。

転職理由をどうやったら作成できるかの手順も示してみました。

 

転職理由は意外と簡単に作れるって本当?【作成手順】
転職理由を明確にすることは、とても大切なことですよね。ですが、時間をかけ過ぎても効率的ではありません。転職理由を作成する方法をマニュアル化してみました。

 

転職理由を面接では、もう少しスムーズに言えるように口語体にしてみましょう。

原稿を作ってしまうのも、よいかもです。

 

面接の度に微妙な間が空いてしまうのも、イヤですよね!

それであるならば、台本にしてしまうのです。

 

感情をこめて言えないと、それこそ台無しになります。

面接の本番では、【こんなことを言おう】ぐらいに決めておいて、あなたの言葉で話すことが大事です。

 

面接官は、何度も面接を行っています。

丸暗記はすぐにバレてしまいます。

 

そのためには、大体三本柱で考えておきましょう。

 

  • 転職を考えたきっかけ、つまり、退職理由
  • どうなりたいから転職活動をしているか、つまり、転職理由
  • 将来(3年後、5年後、10年後)、あなたが会社に提供できること

 

3番目は志望動機にもなりますので、話の流れで不要な場合は別な場面でアピールしてください。

退職理由と転職理由との話す割合は転職理由が9割でちょうどいいくらいです。

 

退職理由は話しすぎないように注意しましょう。

 

 

転職理由は面接での肝

 

面接で転職理由を聞かれるのはなぜでしょうか?

きちんとした理由があります。

 

良く言われていることとしては、『同じ理由で辞めないかの確認』です。

つまり退職理由を気にしているのですね。

 

転職回数が多い方の場合は、特に聞かれる傾向があります。

会社都合退職と自己都合退職によって、負担が違います。

 

会社都合で退職した場合は、辞めたきっかけは明確なので、しつこく聞かれることはありません。

自己都合で退職した場合は、なぜ退職したのか聞かれる可能性があります。

 

その時に慌てないように、退職のきっかけも言える範囲で話せるようにしておきましょう。

パワハラやセクハラ、過剰労働も立派なきっかけです。

 

ブラック企業で働いていたので、職場環境を変えたいというのは、退職理由になります。

ただ、ホワイト企業で働きたいというのが転職理由だとすれば、それは転職理由とは呼べません。

 

少なくとも募集している企業にとって、有益な理由でなければなりません。

だからこそ、企業研究が必要となってくるのです。

 

転職理由の中には必ず【スキルアップしたい】に分類されるものがあるはずです。

それこそが企業が聞きたい本当の理由です。

 

つまり、転職理由を聞くことであなたの転職の方向性を探り、会社に貢献してくれる人かどうかを探っているんです。

企業が欲しがる人物像についての情報は転職エージェントを使えば、得ることができますが、それ以外の場合ですと、推定するしかありません。

 

いずれにしても、情報収集をしっかりして面接に臨みましょう。

退職理由は転職理由と関連があります。

 

そして、転職理由は志望動機とも矛盾がないように組み立てる必要があります。

だからこそ、転職理由は転職活動をうまく進める上での肝であると言っているのです。

 

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?
転職を決意した時には、明確な転職理由があるはずです。求人に応募する際の志望動機は、転職理由とどう関連付けるべきなのでしょうか?

 

面接でも転職理由が肝となるのは当然です。

それがうまく答えられないと、志望動機を聞かれたときに影響が出てしまいます。

 

逆を言ってしまえば、転職理由がしっかり固まっている場合は、転職活動はうまくいくといえるのです。

 


リクルートエージェント
登録しておきたい総合型転職エージェント8選!【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。

【メリット・デメリット付】おすすめの転職エージェント12選【上手く利用しよう】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。 転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。 転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。 上記の疑問やお悩みにお...

 

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links