面接での「何か質問は?」に爪痕を残す3つの逆質問とは?

面接対策
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

面接官から最後に必ずあるのが、「何か質問はありますか?」の質問です。今まで、うまくいっていたとしても、この質問で気を抜いてはいけません。きちんと対応しましょう。

Sponsored Links

今回はどのような人材が求められていますか?

 

 

面接の最後の登竜門ともいえる「何か質問はありますか?」。

これに対して、どのような質問をするかで、会社に対する関心度、求人に対する理解度や情熱が面接官に伝わります。

 

面接とは安心である!ので事前に考えておいても、会話の流れ次第では使えない場合があります。

そのためには使えなくなっても大丈夫なように、最低でも3つは質問を用意しておくことです。

 

 

この逆質問のチャンスで爪痕を残すことができれば、あなたの印象は良いままで終わります。

逆に最初は良い感じでも、最後の逆質問で「特にありません」などと言ってしまうと、チャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

 

面接官は入社する意思が強いのかを、最後に確認するために【何か質問はありますか?】と聞いているのです。

はじめての転職の方は特にこの面接の最後の質問に対して、どうすればよいかプレッシャーを感じているかと思います。

 

 

ここでは面接官受けが良い質問例を示します。

そのままでは面接の場では使えませんので、流れに応じてアレンジすれば使えるはずです。

 

 

今回はどのような人材が求められていますか?

は、面接官が好む質問です。

 

 

採用面接で求められている人物像を聞くとともに、【それはなぜですか?】と聞いてみると良い印象を与えます。

一般に応募資格での要求スキルについては求人票には書かれていますが、求められている人物像については、推定するよりほかありません。

 

 

転職エージェントを使えば、その情報も事前に得ることができますので、その場合は質問内容を深掘りして聞く方が受けが良いと思います。

【今回の求人では○○が求められていると思いますが、さらに必要なことは何でしょうか?】とかです。

 

 

面接が一次面接であれば、求人に対しての質問、二次面接であれば、所属予定部署に対しての質問、最終面接であれば、会社に対しての質問にアレンジすると良いでしょう。

 

 

一日のタイムスケジュールを教えてください。

 

 

この逆質問はよく使われます。

どんな1日を過ごすのかというのは、極めて自然な疑問だからです。

 

面接官の顔触れを見て、現場責任者が在席していれば、逆質問してみましょう。

人事の方や役員クラスでは、答えることは難しいです。

 

 

その場合は【答えられる範囲で構いませんので、】と前置きをします。

そうすれば会社のことですから、だいたいのことは教えてくれると思います。

 

それによって、会社で働く姿が描けます。

そのためにも必要で有益な逆質問です。

 

 

聞くことがなくて困ったとき、どうする?

 

面接の流れでもしも聞くことは全て話題に出てしまったら、最後に逆質問することは出来ません。

今までの面接官の話を聞いていなかったと言っていることになり、大きな致命傷となりかねません。

 

 

この場合でも【聞きたいことは、全て面接中で話題に出ました】と言ってから、何らかの質問をします。

【質問はありません】は絶対に避けましょう。

 

 

例えば【これから入社までに覚えておいた方が良いことがあれば、教えてください。】と聞くのもいいでしょう。

内容は御社が第一志望であることが伝わる内容にすべきです。

 

会社が取り組んでいる事業でもいいですし、求人についてのより深い質問でもいいです。

求人についての興味があれば、質問はかなり出るはずです。

 

これが出てこないということは、惰性で応募しているか求人の情報収集が足りないということです。

準備はやり過ぎということはありません。

 

どんな方でも、少しの準備不足はあります。

ですが後悔だけはしないように、事前準備をしてから面接に臨んでください。

 

 

転職エージェントに登録すると、このような面接対策のアドバイスを事前にしてもらえます。

求人情報も求人票にはないことを教えてもらえます。

 

さらに「こんな質問が以前出ています」と教えてくれるのです。

転職エージェントを使わない手はありません。

 

転職活動の成功のためにうまく使ってください。

 

 


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links
ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました