広告

面接官によって異なる!一次面接と二次面接の違い【採用担当が解説】

面接官によって異なる!一次面接と二次面接の違い【採用担当が解説】 転職面接
転職面接
この記事は約24分で読めます。

 

 

一次面接と二次面接の違いに悩んでいる人「書類選考が通過し、いよいよ転職面接だ。まずは、一次面接対策から始めなければならない。そのためには、一次面接と二次面接との違いを知っておくことが、必要。一次面接、二次面接とで対策は同じで良いのだろうか?転職初心者なので、ぜひ知っておきたい。」

 

こういった疑問に答えます。

 

面接には一次面接・二次面接・最終面接とある会社が多くあります。

面接の回数は会社によって違いますが、二次面接まであるところは多いです。

 

では、一次面接と二次面接との違いは何でしょうか?

また面接テクニックはどこまで通用するのでしょうか?

 

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビクリエイター type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 349,932 185,608 49,000 86,036 15,000 9,588 59,000 20,282 非公開 15,000 5,000 常時数千件 3,000 3,666 500 1,500 36,900 12,000 6,000 2,062 1,000 132,490 7,505 9,588 2,000 3,600 54,000 9,588 非公開 非公開 非公開 1,500 1,500 2,500 非公開 非公開 1,000 63,466 10,860 非公開 常時100社以上
非公開求人数 275,232 非公開 100,000 非公開 20,000 19,249 20,000 非公開 5,000 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000 15,000 30,000 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

一次面接と二次面接の違いは、「社風にあうか?」と「自社に貢献してくれそうか?」である。しかし、面接官次第で一次面接は「スキルチェック」重点にもなる。つまり、一次面接か二次面接の違いどうかよりも「誰が面接官か?」の方が重要。これらは、エージェントが情報を持っているので事前に聞くべき…

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 一次面接と二次面接の根本的な違いが、わかる。
  • 最終面接の対策もわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 【面接官のほうが重要】一次面接と二次面接の違い
  • 面接官によるが、一次面接は「社風にあうか?」が中心
  • 面接官によるが、二次面接では「自社に貢献できるか?」が中心
  • 最終面接は、面接官との相性が重要
  • 面接対策は、転職エージェントに相談しよう

 

では一つずつ解説します。

 

 

【面接官のほうが重要】一次面接と二次面接の違い

【面接官のほうが重要】一次面接と二次面接の違い

 

結論「一次面接と二次面接の違いよりも、誰が面接官かのほうが重要」

転職面接にに関するノウハウ本は、かなりあります。

インターネットにも、より新しく詳しい面接ノウハウが掲載されています。

 

確かに、面接ノウハウは、知っていた方が良いとは思います。

ですが、それだけでは内定を勝ち取ることはできません。

 

面接テクニックは、面接官をしている筆者からみると、重要ではないんです。

「ノック何回するのが良い?」とかですね。

 

あくまでも、キャリア採用面接なので「即戦力として活躍できるか?」が全てです。

面接テクニックは、ビジネスパーソンとして、問題なければよいわけです。

 

筆者は一次面接・二次面接・最終面接とも行っていますから、違いもわかっています。

一次面接で面接テクニックを多用しても、まず選考通過しないはず。

 

面接とは安心である!と筆者はいつも言っています。

面接テクニックは、転職本を1冊程度、読めば十分です。

 

新しい転職面接の教科書~「最強の内定」を手に入れる!

 

本記事では、転職面接に関する採用担当者としての本音を書いています。

シンプルで物足りないかもしれませんが、面接対策って実はそんなにないんです。

 

  • 一次面接:社風にあうか?
  • 二次面接;自社に貢献できそうか?
  • 最終面接:会社にいくら売上を上げてくれそうか?
  • 上記の通り。

 

一次面接・二次面接かどうかより、面接官が誰かの方が重要です。

一次面接の対策をしてきても、現場責任者が面接官として参加してきたら、質問されることは「テクニカルスキル」も追加されます。

 

中小企業の場合は、いきなり社長面接になることが多いです。

【社長面接】相性が決め手!?「社長が教える」成功するための準備ポイントと質問例

 

一次面接・二次面接の違いを気にするよりも、以下の情報収集の方が重要です。

  • 一次面接・二次面接の面接官は、誰の予定か?
  • 転職面接は、内定まで何回あるか?

 

【採用担当が徹底解説!】内定がすぐ出る会社はブラック企業と言えるのだろうか?

 

 

面接官によるが、一次面接は「社風にあうか?」が中心

面接官によるが、一次面接は「社風にあうか?」が中心

 

結論「一次面接は、社風にあうかが中心に評価される。」

大企業では特にそうですが、一次面接は人事の方がメインで行う場合があります。

ですがどの企業もそうではありません。

 

筆者の会社は、大企業ではないので、面接は1回です。

筆者は、現役エンジニアでもあるので、スキルチェックを最初から行っています。

 

一次面接官が人事の場合、社風にあっているかとか、どれくらいの熱意で応募してきたかに重点が置かれます。

つまり、転職理由・志望動機を準備しておくことが、そのまま面接対策になります。

 

面接官が「人事+現場責任者」の場合、一次面接はかなり幅広い質問内容となります。

なぜならば、現場責任者が関心を持った応募者に対しては、スキルの確認も入念に行われるからです。

 

応募者のスキルが高い場合、一次面接で内定が出る可能性もあります。

このように、一次面接・二次面接がどのように行われるかは、会社によって違います

 

そんなときには、転職会議のような、口コミサイトを参考にすると良いと思います。

面接はどんな感じだったかも書いてありますし、口コミや給料明細も見ることができますしね。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

筆者も転職活動をしているとき、求人応募する際に、必ず参考にしていました。

特に、給料明細は参考になりました。

 

同年代の年収が、掲載されているのです。

もちろん、無料で登録できるので、使って損はないと思います。

 

残業代がどれくらいかもわかりますし、ボーナスの額もわかります。

時間を無駄にしないためには、いわゆるブラック企業に応募しないのがベストです。

 

転職会議を使えば、少なくともブラック企業に応募しないで済む方法とは?に書いたように、ブラック企業に求人応募するリスクを減らすことができます。

 

 

面接官によるが、二次面接では「自社に貢献できるか?」が中心

面接官によるが、二次面接では「自社に貢献できるか?」が中心

 

結論「二次面接は、自社への貢献度が評価される。」

二次面接では、現場責任者が面接官になることが多いです。

現場責任者は、採用決定に大きな影響を与えます。

 

一般的には、二次面接が面接の山場であると言えます。

面接時間も一次面接と比べておおむね長めです。

 

質問も、普通の会話から能力を確認されることが多いです。

二次面接は、一次面接よりも話しやすい雰囲気です。

 

それは応募者の本音を引き出すためだということ。

職務に関連したことを、自然に深掘りして質問されます。

 

例えば、

『○○さん、●●の開発とありますが、開発完了までを少し詳しく聞かせてください』『開発で苦労したところを具体的に教えてください』

 

とかです。

質問は平凡ですが、回答次第で応募者の評価が、全然違います

二次面接では、厳しい応募者のスキルチェックをしています。

 

企業が要求する業務が、問題なくこなせる水準の応募者かを知りたいわけです。

たとえ業界が違っていたとしても、応募者のポテンシャルは、すぐにわかります。

 

ポテンシャルの高い応募者は、未経験業界でも関係なく、すぐ吸収してしまいます。

そのあたりの可能性を知りたいのです。

 

どんな求人に応募したとしても、今までの仕事内容と全く同じということはありません。

それでしたら、転職する意味もそもそもありません。

 

何らかの不満があって転職することは、採用担当者はもちろん知っていますので、自社の人間関係では、うまくやっていけるかもチェックしています。

こう見ていくと、二次面接でも人間性=ヒューマンスキルって大事なんです。

 

人間性と面接テクニックとは、そこが違います。

当然ですが、転職理由や志望動機も、二次面接でも質問します。

 

整合性の確認です。

一次面接での回答内容と整合性が取れていないと、気をつけて答えてください。

 

正直に答えれば、問題ないはず。

つまり面接テクニックを使っても、一次面接・二次面接のどちらも通過できません。

 

面接対策は、結局人間力とスキル次第なんですから。

これが面接対策の結論です。

 

 

最終面接は、面接官との相性が重要

最終面接は、面接官との相性が重要

 

結論「最終面接の面接官が、採用決定権をもつ」

最終面接で、一次面接や二次面接の評価が変わることも、あります。

最終面接官は、採用決定権を持っているから

 

最終面接の面接官との相性は、意外に重要になります。

最終面接の面接官は、取締役クラスが多いです。

 

取締役は、会社の利益を最優先に考えます。

転職面接でも、一次面接や二次面接とは評価方法が違います。

 

一言で言えば俯瞰的に評価しています。

「社風にあうか?」とか「自社に貢献できそうか?」よりも、「会社にいくら売上を上げてくれそうか?」という観点でみています。

 

筆者は、全ての立場で面接を行っています。

今は、やはり会社に利益を出してくれそうかをみています。

 

最終面接についての詳細は、以下の記事を参照してください。

 

転職の最終面接は「採用決定者による見極めの場」【対策あり】

 

 

面接対策は、転職エージェントに相談しよう

面接対策は、転職エージェントに相談しよう

 

結論「転職エージェントに相談すれば、面接官が誰かがわかる。」

転職エージェントは、完全無料の転職支援サービスです。

以下のような、転職支援サービスが無料で受けられます。

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?【ビジネスモデルに起因】

 

面接対策は、かなり大変ですね。

あなた一人では、心配ではありませんか?

 

そんな時転職エージェントを使ってみるという手段があります。

しかもサービス料は完全無料ですので、安心です。

 

転職エージェントは、あなたが転職成功するまで転職に関するアドバイス・サポートを全力で行ってくれます。

最初は、リクルートエージェントなどの大手に登録するのが良いでしょう。

 

求人数が相当あるのと、会社に対する信頼感があるから。何よりも、求人情報を保有していますので、頼りになります。

面接に限っても、以下の情報が手に入ります。

  • 面接官は誰なのか?
  • 面接で質問される内容
  • 面接官の性格
  • 配属予定部署の人数構成
  • とかです。
リクルートエージェントdoda は、「総合型」転職エージェントに分類されます。

 

「総合型」転職エージェントは、全職種・全年齢層・全エリアが対象の求人を保有しています。

それに対して、「特化型」転職エージェントは業界・職種・年齢に特化した転職エージェントです。

 

転職エージェントの「選び方」としては、「総合型」から使うことです。

転職の軸が決まっていれば、「特化型」も併用してよいですが、急ぐ必要はありません。

 

転職エージェントを使うと、あなたに専任のコンサルタントがつきます。コンサルタントは、先程書いたようなサービスを行ってくれます。

あなたの転職活動に有能な秘書がつくようなものです。

 

面接対策も、想定問答も含めて考えてくれますから、面接対策も万全です。

気軽に、ご相談からでも大丈夫です。

 

転職するか迷っている場合でも、面談すると必ず役に立ちます。

 

相談した結果「今は転職しないほうが良い」と言われる場合もあります。

あなた一人で転職活動をすると、どうしても自分に甘くなります。

 

転職は、決して甘くはありません。

転職のプロに「転職市場価値」を判断してもらうことが、とても大事です。

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビクリエイター type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 349,932 185,608 49,000 86,036 15,000 9,588 59,000 20,282 非公開 15,000 5,000 常時数千件 3,000 3,666 500 1,500 36,900 12,000 6,000 2,062 1,000 132,490 7,505 9,588 2,000 3,600 54,000 9,588 非公開 非公開 非公開 1,500 1,500 2,500 非公開 非公開 1,000 63,466 10,860 非公開 常時100社以上
非公開求人数 275,232 非公開 100,000 非公開 20,000 19,249 20,000 非公開 5,000 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000 15,000 30,000 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当厳選】転職エージェントおすすめニーズ別86選!徹底比較【求人数や選び方・裏事情を紹介】