テクニックが通用するのは一次面接まで?


面接には一次面接、二次面接、最終面接とある会社が多くあります。面接の回数は会社によって違いますが、二次面接まであるところは多いです。では、一次面接との違いは何でしょうか?

面接テクニックのみに頼っていませんか?

面接に臨むとき、世の中には転職に関するノウハウ本があります。

インターネットにも、本ブログも含めて、転職情報があふれています。

面接のノウハウのようなものは、知っていた方が良いとは思います。

ですが、それに頼りっきりでは良くないと思うんです。

テクニック的なものは、面接官をしてきた私からするとあまり重要ではないんです。

ノック何回するのが良いとか、ですね。

あくまでも中途採用なので、即戦力として活躍できるか?が全てです。

そこには面接テクニックは不要なわけです。

私は一次面接、二次面接ともに面接を行っていましたから、違いもわかっています。

一次面接で面接テクニックを多用する応募者は、あまりいい印象をもちません。

面接は安心である、と私は言っています。

このブログではテクニック的なことは書いていません。

シンプルで物足りないかもしれませんが、面接対策って、実はそんなにないんです。

  • あなたの人間性をみること
  • あなたのスキルを確認すること

この二点です。

人間性は付け焼刃ではどうにもならないものです。

面接で別な人格を演じても、わかりますからね。

次のスキルに関しては、本当に職務経歴書通りのスキルを持っているのか、聞いてみるわけです。

いじわるな質問も含めてです。

全てyesとはならないように、間違えたデータも交えてみたりです。

優秀な応募者であれば、『すみませんが、それは○○の間違いではないでしょうか?』と訂正してきます。

これが面接官が期待する回答なのです。

 

一次面接は人事が面接官?

大企業では特にそうですが、一次面接は人事の方がメインで行う場合があります。

ですが、どの企業もそうではありません。

私は一次面接から駆り出されました。

現場責任者でも関係なく、面接は一次面接から参加しました。

企業によって違うので、例えばキャリコネ のような口コミサイトを参考にすると良いですよ。

一度登録すれば、全ての企業の口コミや給料明細も見ることができますしね。

私も応募する際の参考にしてました。

少なくともブラック企業には応募せずに済みます

面接官が人事の方だった場合は、確かに社会人としての常識であったり、社風にあっている応募者かとかどれくらいの熱意で応募してきたかに重点が置かれます。

その意味では、転職理由、志望動機、自己紹介の面接の王道については、すべて聞かれると思ってよいでしょう。

面接官が人事の方だけではなく、現場の方も参加した場合は、一次面接ははっきり言って、かなり幅広い質問内容となります。

なぜならば、現場の方が関心を持った場合は、スキルの確認も行うからです。

このケースですと、実質的には一次面接で決まる可能性が高いですね。

 

二次面接では現場責任者が面接官?

二次面接では主に現場サイドが担当することが多いです。

これは企業の規模に限らず、採用の決定権は現場サイドにあることを示しています。

中には最終面接でひっくり返った例ももちろんあります。

代表取締役を始めとする役員の好みが個性的な場合はそうなりがちです。

ですが、一般的には二次面接が面接の山場であると言えます。

なぜならば、面接時間も一次面接と比べて、かならずしも長いですし、紋切り型の質問ではなく、普通の会話から能力を確認することが多いからです。

なので、ざっくばらんな雰囲気ですが、それは応募者の本音を引き出すためのものだということを忘れないで下さい。

職務に関連したことを自然にかなり深いことを聞きます。

例えばですね、

『○○さん、●●の開発とありますが、開発完了までを少し詳しく聞かせてください』

とかです。

質問は平凡ですが、それに対する答えが応募者で全然違います。

二次面接というのは、かなり厳しく選出しています。

こちらの要求する業務がこなせる応募者かを知りたいわけです。

業界が違っていたとしても、ポテンシャルはわかります。

そういう方は知らない業界でも関係なく、すぐ吸収してしまいます。

そのあたりの可能性を知りたいのです。

どんな求人に応募したとしても、今までの仕事内容と全く同じということはありません。

それでしたら、転職する意味もそもそもありませんしね。

今の会社に不満があることはもちろん知っていながら、うまくやっていけるかもチェックしています。

こう見ていくと、二次面接でも人間性って大事なんです。

それが面接テクニックというのかは違うかもしれません。

ですが、転職理由や志望動機も二次面接でももう一度ききます。

確認の意味です。

一次面接と整合性が取れていないと、それはまずいですので気をつけて答えてください。

正直に答えれば問題ないですけどね。

つまり、面接テクニックではそもそも、一次面接も通過できません。

人間力とスキル次第なんですから。

これが結論です。


業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

いわゆる総合型転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、あなたに専任のキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーはあなたのキャリア相談から求人の紹介、求人への応募、面接、条件交渉まで行います。

転職活動に有能な秘書がつくようなものです。

面接対策も当然、想定質問も含めて考えてくれますから、面接対策も万全です。 

【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す