ITエンジニアは異業種へも転職可能なのか?


ITエンジニアが人手不足なのは、ご存知の通りです。そのため、多くの求人が出ています。異業種からも多くのオファーが来ているのが現状なのです。どのような業界へ転職可能なのでしょうか?

ITエンジニアは相変わらず人手不足⁉

ITエンジニアの人材不足は、かなり深刻になっています。

AIやIoT関連の業務はもちろんですが、あらゆる業種でさらに自動化を推進するためには、喉から手が出るほど欲しいのでしょう。

ただし異業種への転職にはデメリットももちろんあります。

それは業界知識がほとんどないため、転職してからかなりの勉強、努力を必要とすることです。

私も経験したことがありますが、かなり大変でした。

今までの常識が通用しなかったり、業界用語がわからなかったり、いろいろです。

この障壁をクリアする必要があるでしょう。

この点を除けば、職種自体に変わりはないので、スキルアップはできるはずです。

業界を渡り歩いても、スキルアップができるのが、ITエンジニアという職種です。

Javaをある会社でメインで使っていれば、当然一番力を入れて覚えます。

実践的なソースコードが書けるレベルまで上達するわけです。

ある会社でRubyを使っていれば、同じようにスキルアップ出来ます。

同じ環境で仕事をしていると、逆にスキルアップ出来ないのが、ITエンジニアと言えるでしょう。

 

他業種からもオファーが殺到?

どんな業種が多い?

自動運転が外国では、普通になりつつあります。

日本はまだまだ遅れていることもあり、追いつくために自動車メーカーが必死になって、開発を進めています。

業界内ではこれらの技術を賄うことは不可能です。

上図を見てもわかるように、電気・電子技術者、ITエンジニアはかなり必要とされています。

彼らがいないと、自動運転の要である、AI開発は進まないからです。

自動車業界

自動車メーカーへの転職は、かつては異業種からは難しいと言われていました。

それが今では、異業種からの募集を積極的に行っているのです。

特にIT業界で活躍している人に対しては、転職エージェントを通して、ヘッドハンティングの依頼をしています。

プロジェクトを秘密裏に進めるため、公開求人としては、出せない事情があるのです。

さきほども書いたように、自動車業界では、解決出来ない問題が出て来ています

つまり、ソフトウェアの開発が必須となっています。

ITエンジニアはこれからは、業界関係なく、活躍できる場が出てくるでしょう。

いわば、個人事業主のようなものですね。

その証拠に現在のフリーランスはやはりITエンジニアが多いのです。

電気・電子業界

自動運転の要はAI半導体の開発です。

ノウハウを持っている点で、半導体メーカーの方が有利です。

AIの開発で主導権を握れれば、価格を自動車メーカーに決められるということはなくなります。

ITエンジニアは主にこの2業種からのオファーが多く、事実転職も多くなっています。

それは自動運転の主導権争いでもあります。

欧米では、Googleに代表されるIT企業が実験段階を終えようとしています。

IT業界が半導体メーカーを買収することが、活発になっているのもそのためです。

 

異業種転職でも当然、給与アップ!

通常、異業種への転職はというハンデがあるので、給与アップは難しいと言われています。

ITエンジニアに関しては、オファー側の企業にてニーズがあります。

ITリテラシーも高くない場合が多いので、働きがいもあるはずです。

これだけオファーが殺到している現状、給与が上がらないわけはありません。

2016年においては、26.4%が明確に賃金が上がっています。

同業界への転職による給与アップは、以前に比べて減ってきており、他業界への転職が多いことがデータ上もわかります。

やはり、製造業への転職が多いですね。

このような求人は、ほとんどが非公開で転職エージェントに依頼されています。

ハローワークや転職サイトを使っていたのでは、見つけられない求人です。

転職エージェントでは、業界最大手のリクルートエージェントは特におすすめです!

運営はご存知リクルートキャリアが行っていますので、知名度が抜群であり、信頼できるからです。

そのため、企業からの非公開求人が最も集まりやすいのです。

非公開求人が約90%を占め、10万件以上保有しているそうですが、日々増えていますので、正確にはわかりません。

その中でもITエンジニアの求人が多いことでも有名です。

職種のニーズに比例して、転職エージェントも求人を保有していると考えて良いです。

アドバイザーも採用試験の狭き門をパスしたプロ中のプロ集団です。

【リクルートエージェント】への相談はこちら

トップへ戻る

お気軽にお問い合わせください。








本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!