転職の方向性がブレた時、確認すべき3つのポイント【そうなったらどこか間違っています】

転職理由
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職の方向性がブレたと感じた時には、転職活動の仕方のどこかが間違っていることが多いです。手遅れになる前に確認をしましょう。たったの3つだけです。

Sponsored Links

転職の方向性がブレた時、確認すべき3つのポイントとは?

 

転職を決意する前にやるべきことは?のようにあなたは転職理由を明確にしてから転職に踏み切ったのだと思います。

 

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】
転職活動は安易に始めるべきではありません。転職を決意する前に明確にしておくべきことがあります。それは何でしょうか?

 

転職を成功させるための3つのポイントとは何か?で最も重要なことは転職の方向性です。

 

転職を成功させるための3つのポイントとは何か?【知ってて当然】
転職を成功させるためには、大事なポイントが3つほどあります。それは何でしょうか?

 

もしも転職の方向性がブレたと感じたとき、迷いが出てきた場合は、以下の3つのポイントを確認してみてください。

 

  • 転職理由は明確か?
  • 転職の方向性に従って求人応募しているか?
  • 転職活動が90日で完了しそうか?

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?面接で恥をかかないためにも知っておきましょう。

 

これらの3つが実現できているのであれば、私は心配ないと思います。

転職活動の期間はいったいどのくらいが目安なの?のように転職活動は90日が目安です。

 

転職活動の期間はいったいどのくらいが目安なの?【90日くらい】
転職活動の期間は人によりもちろん違います。ここでは在職中の方が転職する場合を考えてみます。

 

心配なのは上記が出ていない方の場合です。

その方の場合は上記ができていて初めて転職活動をしているといえるので、転職の方向性に迷いが出てくるのはある意味想定の範囲内とも言えます。

 

今すぐ対策を立てましょう。

 

一番重要なのは転職理由です。

それに従って転職の方向性を決めるわけです。

 

求人はそれに従って、応募しなければいけません。

いろいろな業種、職種に応募していたとしたら、ちょっと無計画です。

 

でも大丈夫です。

ここで現状を分析することで、それを直すように軌道修正すればよいのです。

 

軌道修正してもうまくいっていない場合は、転職の方向性を見直す必要があるかもしれません。

つまり現状をまず知って、できていないなら軌道修正するという当たり前のことをしましょうということです。

 

 

転職の方向性を変える前に相談を

 

先ほど現状把握をしていただきました。

あなたはどんな結果でしたか?

 

転職活動の進め方が間違っていたのであれば、転職理由をしっかりと決め直し、転職方向性を再度確認、決定してください。

 

求人応募はその転職の方向性にしたがうことです。

これだけです。

 

シンプルなことなので、やり直しはききます。

 

そうでない場合は慎重に検討する必要があります。

転職理由も明確であり、転職の方向性も間違いない場合です。

 

その場合は、転職市場価値の問題があるかもしれません。

需要がない、ニーズが少ないところに転職の方向性を決めていたとしたら、応募する求人はとても少なくなるからです。

 

こういう問題については、ハローワークも転職サイトも解決策を持っていません。

これについては転職エージェントを使うことで解決出来ます。

 

転職のプロからみた、あなたの転職市場での価値を客観的に分析してくれます。

 

  • 求人自体が少ないのか?
  • 応募資格が厳しいものに転職の方向性を定めているのか?
  • 少なくとも応募可能な年齢か?

 

などの観点からあなたの疑問点を解決してくれるはずです。

 

転職の方向性を変えるのであれば、転職エージェントの意見を聞いてからにしてください。

一旦転職の方向性を変えてしまうと、従来のものに後戻りは出来ません。

 

求人を探していても、転職の方向性を見直し中のものがあったとしても、応募はしないようにしてください。

転職の方向性がブレてしまうからです。

 

転職の方向性は転職活動を始めたら、原則は変えてはいけません。

今回は転職の方向性がブレていると感じた時の話です。

 

転職の方向性を見直したならば、引き返さずにその方向性で行きましょう。

転職活動の期間がさらに長引いてしまいます。

 

転職の方向性を変える前に転職エージェントに相談してからにしてください。

 

登録しておきたい総合型転職エージェント8選!【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。
【メリット・デメリット付】おすすめの転職エージェント12選【上手く利用しよう】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。 転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。 転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。 上記の疑問やお悩みにお...

 

 

転職の方向性を見直すデッドラインはいつ?

 

上図は、私がイメージする転職活動のスケジュールです。

90日間で完了するようにスケジュールを立てています。

 

転職活動の作業量はモチベーションに比例します。

長い転職活動期間は、その意味で良くありません。

 

90日間で内定もとれていない状態でしたら、一度現状分析をしてみることを強くおすすめします。

 

転職活動の進め方が間違っている可能性が高いです。

それであれば、軌道修正がききます。

 

軌道修正が出来れば、転職活動期間は半年くらいで終えることができるでしょう。

そうでない場合は、90日間経った段階で、転職の方向性を変えるかどうかを転職エージェントとよく相談してください。

 

転職エージェントは、あなたが相談を持ちかければ、きちんと対応してくれます。

あなたなりの考え、案がないとエージェントに相談するのも失礼です。

 

転職エージェントは手取り足取りアドバイスをするものではありません。

あくまでもあなたの自主性にかかっています。

 

なのでよく私は転職エージェントは利用方法次第と言っているのです。

90日間経った段階で内定もとれていない状態の場合は、転職エージェントに相談して今後の方向性を決めてください。

 


リクルートエージェント
登録しておきたい総合型転職エージェント8選!【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。

【メリット・デメリット付】おすすめの転職エージェント12選【上手く利用しよう】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。 転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。 転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。 上記の疑問やお悩みにお...

 

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links