内定承諾後の会社への提出書類は何?


内定承諾後の提出書類は、企業ごとに異なります。ただし、共通部分が多いのも事実です。ここでは、どの会社でも提出を求められるもの中心に書きます。

社会保険、税金関連書類

これらについては、企業が法律で加入義務がある社会保険関連や年末調整用の書類です。

どの会社でも提出必須になります。

 

年金手帳

厚生年金加入のために必要なものです。前職の会社が保管していた場合は返却されるはずです。

 

雇用保険被保険者証

いわゆる失業保険のことです。在職中であれば、会社が保管しているかもしれません。

退職時に返却されないなどの嫌がらせをする会社もあるようですので、自分で保管するのが理想ですね。

 

源泉徴収票

源泉徴収票は年内に転職が決まった場合に年末調整で必要です。

年を越した場合ももらっておきましょう。

確定申告すれば、住民税が安くなるからです。

 

扶養控除等申告書

社会保険加入や税金手続きに必要な書類です。

無いと社会保険加入に支障をきたすので、きちんと提出しましょう。

扶養家族の有無は関係なく、全員提出です。

 

健康保険被保険者異動届

健康保険の手続きに必要な書類ですが、扶養家族がいない場合は提出不要です。

 

給与振込先届書

給与振り込み先の届け出です。

今時は、銀行振込が普通ですので、この書類も必須ですね。

 

会社によって必要な書類

以下は会社によっては不要な書類もあります。

 

従業員調書

内容的には履歴書と同等のものです。

なので、提出不要なところも当然あります。

履歴書を紙ベースで保管しているのであれば、新たに社員データベースとして利用されます。

最近では、応募書類は電子データで保管されてきているため、この書類が必要な会社は減ってきています。

 

健康診断書

入社後に健康診断を行う会社もありますので、対応はバラバラです。

この書類が必要な場合は、雇入れ健康診断を実施している病院を探しましょう。

どこでもやっている訳ではないです。

私が転職した時も、時間が足りなくて慌てました。

健康診断を受けてから結果が出るまで、一週間かかる病院もありますので、注意しましょう。

費用は後日精算するはずですので、会社名で領収書をもらっておきましょう。

また会社によっては、病院が指定される場合もあり、費用も会社持ちになっている場合もあります。

いずれにせよ、会社に確認しましょう。

 

入社誓約書

内容をよく読み、同意できれば署名、捺印します。

 

身元保証書

身元保証人が必要な書類です。

1〜2名の保証人が必要なところが多いようです。

保証人になってくれる人をあらかじめ探しておきましょう。

ご両親、友人などで大丈夫です。

会社によっては、条件が付いている場合があります。

私の場合、条件が厳しく、2名以上だったので大変でした。

 

免許・資格など

あまりないと思いますが、免許がないと仕事ができない場合には提出が必要でしょう。

 

まとめ

内定承諾後に会社に提出する書類は、社会保険や税金関連の必須のものと、会社都合で要求される書類にわかれます。

何れにしても、結構な数ですので時間がかかりそうなものから処理していきましょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら



トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!