知っておいて損はない円満退職が必要な2つの理由とは【後悔しない】

退職
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

円満退職の必要性に疑問を持つ人「円満退職が必要だと良く言われるが、その理由を知りたい。円満退職のための秘訣を知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

円満退職の必要性について、理解しておいた方がよい。

  • 退職手続きでもめてしまう
  • 転職後、退職する企業と取引する可能性は十分ある。業界内ならなおさら。

円満退職するための秘訣は段取りにあるといってよい。退職を切り出すタイミングに困ったら転職エージェントからアドバイスを受けるとよい。

 

ちなみに筆者は採用担当経験として、多くの書類選考や転職面接を行っています。

さらに転職経験も3回ほどあり、50社近くの転職エージェントと転職サイトを使ってきました

 

今回は特に転職経験からこの記事を書きたいと思っています。

記事構成は以下の通りです。

 

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 知っておいて損はない円満退職が必要な2つの理由とは【後悔しない】
  • 円満退職の秘訣は段取りにあり
  • 円満退職を目指さなくてもよい場合もある【例外】

 

では一つずつ解説します。

 

 

知っておいて損はない円満退職が必要な2つの理由とは【後悔しない】

 

結論「転職先への入社日や転職後の業務に悪影響を及ぼさないため」

 

円満退職できないと、転職先への入社日が遅れてしまう

 

円満退職できないと、退職交渉が長引いてしまい、最悪予定している転職先への入社予定日に影響が出てきます。

転職先ではあなたを受け入れる準備をしているため、入社日が遅れることは避けなければなりません。

 

あなたの信用問題にもなってきます。

もしも予定している転職先への入社予定日が遅れそうなときは、すぐに連絡してください。

 

ですが、円満退社できれば問題はないはずです。

円満退社までは1.5ヶ月~2ヶ月くらいは必要です。

 

転職エージェントのアドバイスを受けながら、退職交渉は間違いなく進めましょう。

 

円満退職できないと、転職後の業務に悪影響を及ぼす可能性がある

 

転職先が同一業界である場合は、特に退職した会社と関わる可能性も出てきます。

円満退職できずに、退職した場合はあることないこと悪い噂を退職した会社が拡散する可能性があり、それはあなたにとって悪影響にしかなりません。

 

転職先の会社に「そのウワサは全くの嘘なんです」と言ったところで、それを証明するのは大変です。

円満退職していれば、転職先で思わぬトラブルに合うこともありません。

 

「立つ鳥跡を濁さず」とはよくいったものです。

円満退職していれば、退職した会社との人脈も切れませんので、転職先での業務でもメリットだらけといえるでしょう。

 

 

円満退職の秘訣は段取りにあり

 

結論「円満退職の秘訣は段取りが全て。切り出し方とそのタイミングが重要。」

 

円満退職の秘訣は切り出し方にあり

 

円満退職は「直属の上司にどう切り出すか?」で失敗するか成功するかが決まります。
押さえるべきポイントは以下の5つです。

 

  • 退職の報告は直属の上司に話すのが一番最初
  • 会議室など他の人に聞かれないようにするのがベスト
  • 退職の意思表示は報告とすべき
  • 直属の上司には考える猶予を1日与える
  • 本当の退職理由を改めて言う必要はない

 

退職することを先輩社員や同僚に先に言ってはいけません。

家族以外は退職することは絶対に秘密にしましょう。

 

家族には退職することを合意してもらう必要があります。

なので家族に対して話すことは必要ですが、家族にも「退職のことを誰にも言わないように」と念を押しておきましょう。

 

ママ友にもれたら大変ですからね。

あなたの退職については家族内だけでの秘密としましょう。

 

最初の退職の意思表示は「直属の上司」にしましょう。

できれば、会議室を予約しておくと良いでしょう。

 

直属の上司のスケジュールはカレンダーを見れば、たいていの会社はわかります。

スケジュールがわからないときは、都合の良い日時を聞いてみましょう。

 

いきなり退職の意思表示をする前に「●●課長、明日お話があります。●時から●●会議室でお願いできますか?」と依頼してみます。

できれば社員が殆どいない時間帯に話すと良いでしょう。

 

上司もバカではありませんので、何の話か察しがつくはずです。

いきなり退職の意思表示をすると、お互いが冷静に話せない可能性があります。

 

上司も退職の話だろうから、これを聞いておこうと事前に頭の整理ができます。

あなたも上司へ何をどう話すかをもう一度、事前に整理できます。

 

円満退職はきちんと話し合えてこそ、合意できるのです。

円満退職の意思表示の際の一番の注意点は「相談」ではなく、「報告」とすることです。

 

あなたの退職の意思はかたいということを伝えましょう。

なぜ退職するのかと必ず聞かれると思います。

 

しかし本当の退職理由を言っては、円満退職はできません。

無難なのは個人的な理由です。

 

  • 体調不良で退職して、しばらく休みたい。
  • 親の介護が必要になったので、実家に帰りたい。
  • 今までの仕事を活かして、別なことに携わってみたい。

 

ただし体調不良、親の介護を退職理由にする場合は、嘘はいけません。

転職する場合には業界狭いですから、すぐにばれます。

 

転職先の会社名を言うことは決しておすすめしませんが、転職したいことぐらいは言っても良いでしょう。

転職先を教えると、邪魔をする会社が少なからずあります

 

トラブルにならないためにもそれは避けましょう。

 

円満退職の秘訣はタイミングにあり

 

退職は2週間前に雇用主に伝えれば、法律では辞めることができます。

ですが、それはあくまでも法律上のことです。

 

円満退職を目指すには、2週間の期間では足りません。

少なくとも就業規則に書かれているのであれば、その期間を満たす必要があります。

 

多くの会社は「退職する30日前には意思表示が必要」とされているところが多いです。

この30日というのも、円満退職を考えると足りない場合が多いです。

 

以下のことを考慮していないからです。

 

  • 退職交渉後の業務引継ぎ業務
  • 有休消化

 

「退職交渉後の業務引継ぎ業務」は退職する方の業務量によって全然違います。

20代の方であれば、業務引継ぎにはそれほどかからないでしょう。

 

30代以上の方の場合は1.5ヶ月程度は業務引継ぎに必要かと思います。

年休消化分の余裕をもつと、2ヶ月前には「退職の意思表示」をするのがよいでしょう。

 

もちろん「転職先が決まってから退職の意思表示をする」が前提です。

転職先も決まっていないのに退職交渉をすると、最悪失業状態になります。

 

これだけは絶対に避けましょう。

転職活動はあくまでも在職しながら行いましょう。

 

 

 

円満退職を目指さなくてもよい場合もある【例外】

 

結論「パワハラを受けている場合は円満退職を目指す必要はない」

 

円満退職を必ずしも目指さなくても良い場合も例外的にあります。

働いている会社がブラック企業で辞めさせてくれず、パワハラなどを受けている場合は、1日も早く会社から逃げ出すべきです。

 

このような会社に退職交渉をしても無理筋です。

退職願ではなく、退職届を出しましょう。

 

退職代行ニコイチを使えば、1日で退職することができます。

あなたは会社に行くことなく、退職手続きを代行してくれますので、精神的にも楽です。

 

退職代行ニコイチは退職代行業者では歴史が最もあるので、安心な退職代行サービスと言えます。

非弁行為を行う違法な退職代行業者は、自然淘汰されます。

 

今まで生き残っている歴史の長い退職代行サービスが一番信頼できると断言します。

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント