求人応募が最も楽な転職方法はどれなのか?

求人応募
この記事は約7分で読めます。

同じ求人に応募する場合でも、転職方法によって面倒くささが違うため、手間や楽さは変わってきます。面倒な転職方法、逆に楽な媒体は何でしょうか?

求人応募が最も楽な転職方法はどれなのか?

 

転職活動を効率的に進めてきたあなたであれば、キャリアの棚卸し、転職理由の明確化、履歴書・職務経歴書作成までスケジュールがタイトな中、きちんと実行出来ると次のフェーズにいきます。

次はいよいよ具体的な求人への応募・面接ですね。

 

求人応募の転職方法としては、さまざまなものがあります。

新聞広告、知人からの紹介もそうでしょう。

 

本ブログでは代表的な3つに絞って、考えます。

 

すなわち

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

の3つです。

 

応募の手間、楽さがそれぞれ違います。

楽と言っているのは応募の後の諸手続きも考えてのことです。

 

転職活動は事務手続きはできるだけやらないほうが時間の節約になります。

どの転職方法を使うのが楽なのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、転職エージェントが圧勝です。

 

これからの転職活動、就職活動に役立てて下さいね。

詳細はこれから解説します。

 

 

 

ハローワーク

 

ハローワークを使っての求人応募は、すべてあなたが行う必要があります。

ハローワークは紹介状を発行してくれるだけです。

 

その後の応募手続き以降は、一人で行うんです。

ハローワークが間に入ってくれると、転職が初めての方は勘違いするかもしれません。

 

ですが、あくまでもハローワーク経由での応募の場合は直接応募です。

直接応募では、すべての手続きや調整、交渉をあなたと企業とで、決めることが可能です。

 

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

例えば、面接日程は一度決定したら、変更するのは難しいですよね。

 

ほかの求人の進捗状況も考えて決める必要があります。

選考にどのくらいかかるかの情報は、直接応募では入手しづらいです。

 

ある程度は勘で決めるしか最後はありません。

内定の出る順番まで想定しても、その通りには行きません。

 

でも優先順位をつけないよりはマシだと思います。

また転職が無事決まったら、決まったで在職中の場合は退職交渉、転職先の入社日決定とやることが山ほどあります。

 

これらは転職エージェントを使えば、かなりの部分をサポートしてくれます

転職エージェントの利用価値は内定後の方が高まるとも言えるでしょう。

 

ハローワーク経由の場合は、あなただけですべて転職に必要な手続きを行う必要があることを念頭に入れてから、応募して下さい。

 

 

 

転職サイト

 

転職サイトといっても、応募方法の種類は2つあります。

転職サイトは最も求人応募でトラブルが多い転職方法なので、特に注意が必要です。

 

トラブルをさける秘訣は「掲載されている求人はどこからのものか?」ということを常に確認することです。

 

求人票は、

  • 企業が直接転職サイトに依頼して求人を掲載している場合
  • 企業から転職エージェントに依頼された求人を転職サイトに掲載している場合

の2通りがあります。

 

それぞれ考えていきましょう。

 

企業へWeb経由で応募する場合

 

これが最もシンプルですね。

企業が求人を掲載している場合です。

 

リクナビNEXTが代表的な転職サイトです。

最初の応募は転職サイト経由です。

 

その後はハローワークと同じで一人で企業と連絡を取り合って、面接日程の調整などを行っていきます。

つまり直接応募です。

 

注意点は転職サイトは求人掲載をするだけで、あなたの転職支援をするわけではないことを認識することです。

転職支援サービスは転職エージェントの領域です。

 

くれぐれも混同なさらないようにして下さい。

私も初めての転職のときは転職サイトと転職エージェントの区別さえ、わかっていませんでした。

 

転職サイトは気軽に応募が出来るのですが、きちんと管理をしておかないと、収集がつかなくなります。

最悪、応募した求人に別媒体から応募するような失敗を私もしました。

 

転職サイトはあくまでも直接応募であることを認識しておいてください。

そうすれば、そんなに気軽に応募は出来ないと思いますので。

 

転職エージェントが求人を掲載している場合

 

このパターンが混乱しやすいです。

求人票には仕事内容や待遇などは書かれているのですが、肝心の会社名は非公開となっている場合が多いです。

 

非公開と聞いて、ピンときたあなたはとても鋭いです。

それは転職エージェントの保有する非公開求人だから、会社名を伏せてあるんです。

 

このような求人に応募する場合は、転職サイト経由では出来ません。

出来るのは求人を紹介してくれる可能性がある転職エージェントへのエントリーだけです。

 

転職エージェントに登録したら、エージェントと面談して、問題なければ求人紹介があります。

慣れないうちは、転職サイトから転職エージェントへ登録すると管理が複雑になるので、やめた方が良いでしょう。

 

独立して使う方が管理はずっと自然だし、楽です。

転職サイト経由の応募は企業への直接応募だけに絞った方が良いです。

 

転職エージェント掲載の求人を無視するのはもったいないような気がしますが、転職エージェントを使えば、さらに多くの非公開求人に出会えます。

転職活動には割り切りも必要です。

 

上記を前提とすれば、転職サイトの場合の求人応募の場合の注意点はハローワークと同様となります。

転職サイトは直接応募扱いになるというのは、ピンとこないかもしれません。

 

ただし、考えてみると応募手続きを代行してくれる訳ではありませんよね。

あなたが転職サイトの応募ボタンを押しているわけです。

 

それって、直接応募そのものだと思いませんか?

転職エージェントであれば、求人紹介があって、応募以降はエージェントが代行するわけです。

 

このようなフローでない以上、これは直接応募であり、あなたがすべての手続きをする必要があるのです。

 

 

 

転職エージェント

 

転職エージェントの場合は逆に手続き関係すべてをあなたの担当コンサルタントに任せなければいけません。

 

直接企業に連絡することはできませんので気をつけてください。

 

それに気をつければ、あとは応募については転職エージェント経由の場合は注意点は特にありません。

エージェントが全て手続きを代行してくれるからです。

 

それに他の転職方法に比べて、エージェントの場合は企業から直接求人を依頼されているため、求人の背景、どんな人物が欲しいのか、その会社の実情、職場の雰囲気などの情報を保有しています。

選考に際しても、過去どんな質問が面接で出たかとか、選考にどれくらいかかるとかはエージェントだからこそ把握していると言えます。

 

あなたも求人の管理をしやすい媒体と言えるでしょう。

内定が出そうな日が予想しやすいのですから。

 

求人応募する際、楽で情報が入手しやすいのが転職エージェントです。

 

 

 

まとめ

 

如何でしたか?

転職方法によって、注意するべきことがずいぶん違いますね。

 

まとめますと、

  • ハローワークの場合は、あなたがすべての手続きをする必要があります。
  • 転職サイトの場合は、応募方法が複雑なので、結局はハローワークよりも面倒です。
  • 転職エージェントの場合はエージェントに事務手続きは任せればよいので、楽です。

つまり、転職エージェントの圧勝と言えます。

 

 


リクルートエージェント