人間関係が原因でブラック企業を退職することは正しいことである

退職
この記事は約8分で読めます。

退職理由で最も多いのは人間関係だそうです。上司とうまくいかないからと言って辞めてしまう若い人が増えているそうです。このような方が転職してうまくいくでしょうか?会社を辞めるにはこれからどうするかのキャリアプランを描くことが大事です。とはいえ、人間関係でもめている方はそれどころではないかもしれません。ここではなぜ転職理由を明確にし、キャリアプランを描くことが重要なのかを考えてみましょう。そして例外もあることを。

ブラック企業でない場合、人間関係で退職するのはあり?

 

人間関係で退職した場合、面接でどう答える?で書いたように約40%が人間関係で転職している事実があります。

転職を考えるきっかけとしてはもちろんありです。

 

 

しかし今の人間関係が嫌だから転職するというのは、まずうまくいきません。

どんな会社にもあなたの性格にあわない人は必ずいると考えるのが普通だからです。

 

とはいえ、人間関係でまさにトラブルになっているあなたからの「そんなことはわかっているよ」という反論が聞こえてきそうです。

今まで私が書いてきたことは言葉足らずだったかもしれませんね。

 

「人間関係だけでの転職だと長続きするか不透明ですので、ほかの転職理由が明確であればうまくいきます。」と言えばおわかりでしょうか?

「人間関係が退職理由であってもよいですが、転職理由はそれとは別な目的にしましょう。」ということです。

 

退職理由の半数近くが人間関係ということですので、多くの転職活動を行っている方はそれが理由になっている事実があります。

 

問題は「人間関係が原因で辞めた」ということだけでは、採用する側は不安になるということです。

面接とは安心である!からね。

 

面接官が不安になることだけを答えるのはあまりおすすめできません。

 

 

うそはいけませんが不平不満、つまりは退職理由だけを面接で言っては面接官を不安にさせてしまいます。

転職理由を明確にして、それを答えた方が採用担当者は安心するんです。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?にも書きましたが、本来なら転職理由を明確にして初めて転職活動を開始すべきです。

ここでいう退職理由とは会社を辞めるきっかけとなったことであり、転職理由はこれからのあなたがどうするのか?どうしたいのか?ということです。

 

 

転職する際に退職理由で悩む方が多いですが、採用担当者の立場からするとさほど重要ではありません。

ただ一点、面接で私が質問するとしたら人間関係のトラブルを解決するために「どのようなアクションを起こしたか?」です。

 

転職してきて同様のトラブルがあるのが一番採用担当者としては、心配なんです。

人間関係のトラブルを解決するために何らかの行動を起こしていて、それでも会社との力関係でどうにもならなければ、あなたは悪くありません。

 

採用担当者としては問題が起きたときに解決に向けて行動できる能力をみています。

人間関係に限らず、それは問題解決に応用できるスキルだからです。

 

これからの転職で身につけるべき二つのスキルとは?に書いたようにコンセプチュアルスキルがこれからは重要なんです。

コンセプチュアルスキルとは先程書いた問題解決能力のことです。

 

 

テクニカルスキルは職務経歴書に書けます。

ヒューマンスキルも履歴書に書けるでしょう。

 

しかしコンセプチュアルスキルは面接を実際にしてみないとわからないということがほとんどです。

これからのコンピテンシー面接の必要性と対策とは?にある通り、これからはコンピテンシー面接が主流になります。

 

 

その時にどういう対応をしたかを質問することで、面接官による主観的な判断がなくなります。

例えば人間関係で辞めたという事実に対して、あなたがどういう対応をしたかがきちんと点数化され、面接官の印象で合否が決まるということはなくなりつつあります。

 

すると人間関係でトラブルがあって逃げただけでの退職理由では、何も対応していないことになり、0点になります。

自己アピールによってカバーできた今までの面接と違って、転職活動は厳しくなってきます。

 

このように過去にやり残したことがあると転職活動に支障が出てきます。

仕事はトラブル解決が日常茶飯事です。

 

重要なのは過去より未来であるのは火を見るよりも明らかです。

いつでも今、この一瞬が大事なんですね。

 

進むべき方向性が明確になっていないのに求人応募するのは不可能です。

転職活動は進むべき道とゴールが具体的に見えてきてから開始しましょう。

 

ある求人は営業職で応募し、別の求人では事務職で応募するというようなことでは、転職成功はおぼつかないです。

転職理由を明確にすれば、転職の方向性も決まります。

 

応募すべき業種・職種も明確になるので転職はうまくいくのです。

応募する求人がブレるのが一番よくありません。

 

転職の方向性を決めるには人間関係以外の目的が必要です。

ご理解いただけたでしょうか?

 

 

人間関係で退職すべきなのはブラック企業

 

不幸にしてブラック企業に勤めてしまった場合は一日も早く退職すべき例外と言えます。

精神面、健康面でもよくないのは明らかです。

 

その場合は転職活動開始は退職後の方が集中して出来るでしょう。

一日も早く退職し、転職理由の明確化はそれからでも大丈夫です。

 

あなたがすぐに働ける状態でなければ、ある手続きをすれば失業手当が最大で28ヶ月分もらえます。

その間に転職理由を明確にすれば良いのです。

 

給付金申請サポートではそのためのコンサルが受けられます。

無料相談も行なっていますので、気軽に相談してみてはいかがでしょう?

 

納得できてからサービスを正式に受ければよいのですから、相談は無料です。

 

 



 

その前にブラック企業を退職する必要がありますよね?

ブラック企業を退職する方法としては、退職代行サービスの中で最も歴史があって信頼されている退職代行ニコイチを使うことをおすすめします。

 

円満退職はあきらめたほうが精神的に楽だと思います。

ブラック企業は簡単に辞めさせてくれません。

 

あなたにさまざまな圧力をかけてきます。

健康第一ですので、一々対応するのは大変です。

 

ブラック企業に立ち向かっても無理です。

第三者に退職届を提出してもらう方がうまくいきます。

 

多少の出費はかかりますが、あなたは会社に出向くことなく辞めることが出来るので、退職代行ニコイチの利用を検討してみても良いでしょう。

 


退職代行ニコイチ

 

パワハラを上司から受けた場合はどうでしょうか?

その場合は部署異動を願い出てみることで人事が動いてくれることがあります。

 

あなたの生産性が高く、ミッションをこなしていれば人事も動きやすいでしょう。

何らかの根拠がないと人事異動は難しいので、仕事でまずは成果を出せるように努めてください。

 

部署異動が出来れば問題解決ですね。

これでうまくいかなかったとしても、あなたのコンセプチュアルスキルは面接で認められます。

 

お勤めの企業がブラック企業でない場合は、弁護士や労基署に相談してみても良いでしょう。

弁護士相談は短時間で無料でやっているところもあるので弁護士検索ナビなどで探してみてください。

 

行動することで結果的に退職することになったとしても、転職活動で不利にはならないはずです。

常にあなたは積極的に問題解決しようと行動したのですから。

 

今後はますますこのような能力こそが評価されます。

第四次産業革命が進行している今は業界や職種が未来永劫に続くわけではないのです。

 

臨機応変に対応できる能力こそが本当の力です。

しかし同じパワハラでもブラック企業で働いている場合は部署異動は難しいでしょう。

 

この時は一日も早く退職することです。

本来の転職活動の進め方とは異なりますが、まずは退職して、失業手当をうまくもらいながら転職理由を明確にしていきましょう。

 

退職代行ニコイチを使って、ブラック企業から退職することは決して恥ではありませんよ。

 

 

ブラック企業で人間関係が原因で退職する場合でも転職理由を明確にする理由

 

転職というのは全て「自己責任」です。

いかに前職に問題があったとしてもです。

 

それをわかっているのといないのとでは転職活動の成果が大きく関わってきます。

前職の不平不満を応募書類に書いたり、面接で答えてはいけないのはもちろんです。

 

採用されるのは、たとえひどい環境でも立ち向かった人なんです。

そこで何もせずに逃げた人は敬遠されます。

 

転職理由という形で具体的に語ってもらうのと面接官は安心するのはこのような背景があるのです。

ブラック企業から脱出する場合も何かしようと努力した証があれば十分だと思います。

 

転職理由は「自己責任」で転職することを宣言して、今後はどう社会に貢献するかを言語化することに他なりません。

転職理由を明確にする理由は面接対策ももちろんありますが、上記のことが根底にあります。

 

今後のあなたの未来像こそが【転職理由】です。

 

 


退職代行ニコイチ

 

コメント