面接で退職理由を質問されても気にする必要はない【無難に対応】

面接対策
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

面接で聞かれると困ることといえば、退職理由でしょう。心配ありません。面接官はあなたの退職理由には興味ありません。それは。。。

Sponsored Links

面接で退職理由を質問されても気にする必要はない

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?で書いたように転職理由と退職理由とは明確な違いがあります。

転職活動をしている方は、この二つを混同している場合が多いのです。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?面接で恥をかかないためにも知っておきましょう。

 

本ブログでは、何度も書いていますが、もう一度繰り返します。

 

  • 退職理由とは、会社を辞めるキッカケとなった理由です。
  • 転職理由とは、『あなたが転職しないと実現できない』理由のことです。

 

違いがお分かりでしょうか?

退職理由はほとんどの方は、人間関係であったり、給料などの待遇面の不満のようなネガティブなことが主な理由になります。

 

もちろん、会社の倒産も立派な退職理由ですが、これは会社都合退社と呼ばれ、自己都合退社とは区別されます。

本人ではどうしようもないことですので、面接官も全く気にしません。

 

今回は自己都合退社の場合に絞って書きます。

退職理由がネガティブであるのは、むしろ普通で、当たり前のことです。

 

企業の採用担当者もそれは十分に理解しています。

満足していれば会社を退職したりはしませんからね。

 

履歴書の職務経歴には会社名とその入社、退社の年月が書かれています。

この記録は書類選考する上ではとても重要な部分です。

 

  • 転職回数は何回か?
  • 一年以内で同じ会社を辞めたりしていないか?
  • 離職期間、いわゆる空白期間が長過ぎないか?

 

などを採用担当者は書類選考のチェック項目としています。

今の時代は転職するのは当たり前です。

 

3回程度の転職回数であれば、退職理由は気にする必要はありません。

 

コアスキル次第で書類選考は通過できます。

 

 

面接ではあなたの求める明るい未来を熱く語れ

 

それに対して、転職理由はあなたが転職したらどうなりたいかのキャリアビジョンのことです。

まず転職理由は意外と簡単に作れるって本当?で書いた手順を参考に転職理由を明確にします。

 

転職理由は意外と簡単に作れるって本当?【作成手順】
転職理由を明確にすることは、とても大切なことですよね。ですが、時間をかけ過ぎても効率的ではありません。転職理由を作成する方法をマニュアル化してみました。

 

次に転職を成功させるための3つのポイントとは何か?に書いたように転職の方向性を明確にします。

 

転職を成功させるための3つのポイントとは何か?【知ってて当然】
転職を成功させるためには、大事なポイントが3つほどあります。それは何でしょうか?

 

ダメ押しとして転職活動はキャリアの棚卸しから!に書いたようにキャリアの棚卸しを行うことで転職理由や転職の方向性が深掘りされます。

 

キャリアの棚卸しで注意すべき3つのポイント【気づかない人が多い】
転職活動ではキャリアの棚卸しの実施が大事なポイントとなります。キャリアの棚卸しでは、何に気をつければよいでしょうか?

 

転職理由は転職活動を行う上で最重要項目といえます。

転職活動のモチベーションを維持するためにも、転職理由を明確にすることはとても重要です。

 

転職理由が明確になってはじめて、あなたがどんな業界のどんな職種へと転職するか、つまり、転職の方向性が明確になるのです。

転職の方向性が決まらないと、どんな求人に応募したら良いのかが決まりません。

 

面接対策としても転職理由は重要ですが、それよりもずっと大切なことはあなた自身を理解し、進むべき道へ進むということです。

転職理由はあなたの未来なのです。

 

面接ではあなたの求める明るい未来を熱く語ってください。

 

それこそ、面接官が求めていることです。

あなたの話しを聞いて安心するはずです。

 

 

面接官は退職理由には関心がない

 

転職理由が重要なことは、お分かりでしょうか?

具体的にイメージができない場合は、転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!を参考に深掘りしてみてください。

 

例えば、「なぜ上司とうまくいかないの?」と自分に問いかけるのです。

これを掘り下げていくと、本当の原因にたどり着くという手法です。

 

転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!に詳しいことは書いてありますので、ご一読下さい。

何らかのトラブルが起こったとき、根本対策を考えるための手法として使われます。

 

退職理由と転職理由は表裏一体です。

面接官は退職理由を聞いているようですが、実は転職理由を求めています。

 

転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!
転職活動における肝は【転職理由】ですね。この転職理由の重要性を今一度整理してみましょう。

 

辞めたもしくは辞める予定の会社の悪口など誰も聞きたくありませんよね?

採用する側もそのような発言をする人は絶対に採りません。

 

つまり面接官は退職理由には関心がないんです。

 

意地悪な質問でたまにする面接官もいるかもしれません。

退職理由を質問されたとしても、無難に自己都合と答えましょう。

 

それ以上は詳しく言う必要はありません。

面接官も関心がないので、特に詳しく聞いてくることはありません。

 

その点は安心してくださいね。

 

意外と知らない転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】
転職活動の進め方については意外と知らない方も多いようです。転職活動ノウハウとして身につけておきたいところです。手順を間違えると非効率な転職活動となりやすいので注意も必要です。

 

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links