転職活動の期間はいったいどのくらいが目安なの?

転職方法
この記事は約8分で読めます。

転職活動は3ヶ月以内で実現するように計画することが大切です。そのわけとは?

スケジュールを立てよう!

転職活動の期間は?

就活を決意したら、実行すべき3つのこととは?に書いてあることは実行して頂けましたか?

それが済んだら、転職実現までのスケジュールを大まかでよいので立てます。

スケジュールを立てることにより『見える化』する効果があるからです。

つまり、無駄なことはやらなくなるんですね。

ひたすらスケジュール通りに転職活動していく、そんなスタンスで良いと思います。

スケジュール項目としては、はじめはおおまかで良いと思います。

職務経歴書の作成

履歴書や職務経歴書の作成にはおおよそ1ヶ月かかります。

ですが、これも人により変わるんですね。

キャリアの整理ができている方は棚卸しには時間はかかりません。

そうでない方は当然時間がかかるでしょう。

例えばですが、4つのタイプでスケジュールを書いてみました。

例えば、Aさんはキャリアの整理ができていないので、キャリアの棚卸し、履歴書、職務経歴書すべてに時間がかかります。

ですが、それでも70日で完了します。

そのあと、転職サイトや転職エージェントに登録して、応募して、面接、内定まで考えると、90日はぎりぎりかもしれません。

一番時間のかかるのはキャリアの棚卸しですので、それを乗り越えれば、早い人はすぐ決まる可能性だって十分あるんです。

キャリアがきちんと整理されれば職務経歴書は思ったほどは時間はかかりません。

Aさんのタイプの方の場合でも90日以内に転職するのは十分可能です。

転職活動に限らず準備が一番大切です。

キャリアの棚卸しをしっかりしておけば、転職活動を効率的に進めることが可能と言えます。

転職サイトへの登録

次に転職サイトへいくつか登録して、どんな求人があるかまずは見てみましょう。

忘れずにスカウトへも登録してくださいね。

思わぬところからオファーがあるかもしれません。

求人検索では最初は応募職種にこだわらず、くまなく見てみることが大切です。

  •  希望している職種の募集はどれくらいか?
  •  需要はどのくらいあるのか?

だいたいわかると思います。

あなたの希望する職種、すなわち、転職の方向性が決まっていなければ転職サイトの求人数も参考になります。

原則は転職サイトへの登録はキャリアの棚卸しをしっかり行ってからです。

需要がある職種でしたら、その職種に絞って探していく方法もあります。

メモ帳やエクセルに求人をどんどんピックアップしていきます。

まずは方向性を決めるためのものなので、どんな仕事かを特にメモします。

会社名、応募期限、勤務地など気になる項目があれば合わせて書いておきましょう。

このように求人票からピックアップすることによって、案件の見方が養われます

転職エージェントへの登録

転職サイトへの登録がだいたい終わったら、今度は転職エージェントへ登録します。

リクルートエージェントマイナビエージェントなどきいたことがあると思います。

意外と知らない転職サイトと転職エージェントとの違いとは? に書いたように両者の違いとはキャリアコンサルタントと呼ばれるあなたへ転職をアドバイスする担当者がつくかどうかです。

キャリアコンサルタントはいわばあなたの秘書のような役割を担います。

求人の紹介、企業へあなたを推薦して応募、選考結果の受付、あなたへの連絡、待遇面の交渉など、転職活動のサポートをしてくれる存在と考えて良いです。

ですがキャリアコンサルタントには能力の差があるのも事実です。

ベテランの方でしたらほぼ間違いないと思いますよ。

担当者の交代は自由にできます。

問題があればすぐに申し出ましょう。

大手の場合はウェブサイトから手続きできるところが多いです。

応募

次はいよいよ求人への応募です。

ハローワークや転職サイトで見つけた求人や転職エージェントから紹介された求人に対して、応募するか検討します。

今までの経験を活かして転職するか、未経験の分野へ挑戦するかで違いますが、どちらにするかはこの時点までには決めておきましょう。

行き詰まったら、臨機応変に対応することも大事です。

内定まではスケジュール管理が重要

応募~内定まではスケジュール化しにくいので、求人案件ごとにエクセルなどで管理することをお勧めします。

応募した求人案件の合否の管理に使うのです。

転職活動をしていますと、過去の応募案件は忘れがちです。

ですが、企業によっては1ヶ月ほど経過してから内定が出たりすることもあります。

なので、応募した求人案件のリストを作成することもスケジュール作成とともに必要なことだと思います。

習慣化することが大切!

これらのスケジュールは習慣化することが重要です。

そうしないと続きませんよね。

最初はテンションが上がっているので、色々やるでしょう。

ですがそういう活動の仕方は長く続かないと思うんです。

私がその経験者なので、間違いないと思いますよ。

3ヶ月で転職先を決めれば良いと考えれば、もう少し無理のないように行動できるのではないでしょうか?

最初は30分でいいから、時間をとる。

無理なく時間がとれると思えば、1時間、2時間と少しずつ増やしていけばいいんです。

1日のスケジュールを決めるのもいいと思います。

夜だったら、何時から作業する。

朝だったら、出勤前の時間とか決めておく。

若干の早起きは必要ですけどね。

朝型か夜型かであなたが無理なくできる方を選択しましょう。

そして休むことも大事です。

この日は転職活動をしないとか決めても良いと思いますよ。

なぜ3か月なのか?

転職活動に期限を設ける理由ですが、転職活動は仕事と同じ方法で進めよ!に書いたように【転職も業務の一貫】と考えて頂くとわかりやすいのではないでしょうか。

どんな仕事でも期限があります。

大体の仕事は3ヶ月、6ヶ月、1年単位でスケジューリングされるので、身についていると思います。

そういう意味で、スケジュール管理がしやすいのです。

2ヶ月とか4ヶ月だと、なかなか難しいですよね。

あとはダラダラ続けても無駄だからです。

転職に関しては、身につける知識はさほど多くありません。

応募書類がだいたいできれば、早い人だと内定はすぐ出ます。

長くかかる人は逆に応募書類が雑だったり、面接対策が十分でない場合が殆どです。

そして、だんだんと投げやりになってきます。

殆ど準備なしに面接に臨んでしまったりします。

応募数だけ増えていくんです。

何社で決めると線を引くのもいいかもしれません。

そのためにも、効率的に転職活動を進める必要があります。

職務経歴書の初版や面接テクニックは重要です。

本ブログでは、これらの情報を提供していきますので、あなたの転職活動の参考として欲しいと考えています。


doda


【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!


タイトルとURLをコピーしました