【ほぼ毎日】ITエンジニアの仕事で大変なこととは?【たった1つ】

ITエンジニア転職
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Links

 

ITエンジニアは成長産業で魅力的な仕事だとわかっているが、その分大変なこともありそうなので、ぜひとも知っておきたい。

エンジニア転職方法も知りたいな。。。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

Sponsored Links

【ほぼ毎日】ITエンジニアの仕事で大変なこととは?【たった1つ】

 

記事を読むとわかること

  • ITエンジニアの仕事の大変なところがわかる。
  • ITエンジニアに転職するための方法がわかる。

 

ちなみに筆者は、

  • ITエンジニアとして、マネージャー時代も含めると20年以上の経験があります。
  • ITエンジニアの仕事の大変でつらい面はよくわかっています。

 

IT業界は確かに成長産業です。

服装もゆるそうだし、出勤もテレワークやフレックスでいいなんて、天国かもしれませんね。

 

ですが、ITエンジニアが楽な仕事だと一度でも聞いたことはあるでしょうか?

システムのボリュームにもよりますが、仕事量と質は半端ではありません。

 

どの仕事にも納期があり、人間関係がありますので、ここではITエンジニア特有の大変なことを1つだけ書きます。

例えばあるアプリの開発担当者になったとします。

 

仕事の流れとしてはアプリのスペック、つまり、仕様決めをしてから、ITエンジニアなら誰が読んでも理解できるような仕様書を作成します。

開発途中で想定されるユーザに試用してもらったりしますが、その時のユーザの要望で仕様変更が入ることはざらです。

 

「このボタンの位置は気に入らないとか」ですね。

全員の要望を聞くことはできないので、普通はコストメリットがあるものだけ対応します。

 

しかし、ユーザは基本的に何でもできると思っているんです。

ITエンジニアからみて実現不可能なことを専門用語がわからないユーザに説得することはとてもイヤですし、大変なんです。

 

イギリス人が日本人に話しかけるようなものです。

理解できる日本人はそんなにいないでしょう。

 

ユーザは必ずしも理系であるとは限りません。

文系だったら、説得するのはかなり大変です。

 

でも彼ら彼女らを説得できないと、無駄な仕事が増えるだけです。

ITエンジニアの仕事にはヒューマンスキルも必要です。

 

全くの「無口」だと本人が後で困るんですね。

一方で弁が立つ「ITエンジニア」の方が技術的な理解度は深いですね。

 

本当に実力があれば、無理だと相手に説得できるスキルがあるので、余計な仕事はしないで済むのです。

「この機能を使うのその人のほかに何人いるの?」と疑われるような改善を行うこと自体、無駄ですしね。

 

ユーザに説得できるITエンジニアは多くはありません。

ユーザの言うがままですね。

 

もう少しでリリースできそうになったとしても、機能追加とか、機能変更のような仕様修正をしなければなりません。

これって、結構きついです。

 

落ち込んでいるので、余計にプログラミングの修正ミスも起こりやすいです。

テスト抜けも起きたりします。

 

ITエンジニアはある程度のポジションに行くまでは、プログラミングの技術を磨くことで、動作ミスをある程度防ぐことができます。

プログラミングスキルはとても重要です。

 

上記のような対応をする場合、必要なのはプログラミングスキルだからです。

 

マネージャーの立場から「これ機能変更するコストメリットあるの?」と私が聞いても、無頓着なITエンジニアは結構多いです。

技術には強いけど、会計に弱いというか、関心がないITエンジニアが多すぎます。

 

ユーザの要望に答え続けて、リリースできたとしましょう。

次にはバグ地獄が待っています。

 

ある日「ここ、動かないんだけど。。。」というバグ報告がユーザからあるのです。

完璧のつもりで仕上げたのに、第三者にもレビューしてもらったのにバグは必ず起こります。

 

バグというのは簡単に言えば、プログラムがちゃんと動作しないということです。

バグがなるべく出ないようにするためには、テストを工夫して行う必要があります。

 

網羅的にテストするのは理想ですが、コストに見合いません。

上手くテストを「サボる」ことが大事です。

 

ポイントだけテスト出来ていればいいのです。

極論すれば。

 

ユーザの使い方に問題があったとしても、わかりにくいアプリを開発した担当者の責任になります。

ECサイトやSNSにレビューが書かれていることがありますが、厳しいものが多いですよね。

 

例えば「期待してインストールしたけど、全然ダメ。○○アプリ」とか書かれていますよね、評価は星一つとかで。

実は手順通りにやれば動くんですけど、そういう人に限ってマニュアルを読みませんから困ります。

 

ITエンジニアの一番大変なところ、それは「ユーザ対応、バグ対応」でしょう。

ソフトウェアにはバグがないなんてことはありません。

 

スマホのOSだって、アップデートしていますよね。

修正箇所を読めばわかりますが、殆どが不具合の修正、つまりバグ修正なんです。

 

天下のApple,Googleでさえもバグをゼロにすることは不可能なのです。

平凡な我々が日々バグ対応に苦労するのもおわかりでしょう。

 

ITエンジニアというのはざっくり言うと、このような日々を送っているのです。

ITエンジニアに必要なのは問題解決能力です。

 

お客さんが急いでいる場合が多いので、急場しのぎでも何とか改善してあげることが大切です。

高スキルのITエンジニアは「どんなアプリを開発するか?」を考える仕事が多いです。

 

一方で、若いITエンジニアはやはりプログラマーから入ります。

まずはそこがわからないと、「バグ」が出た時太刀打ちできないからです。

 

 

TechAcademy

 

 

 

ITエンジニアの大変なことに対応1:プログラミングスキルを身につける

 

もしも未経験でITエンジニアへの転職をお考えでしたら、上記のトラブル対策能力は欠かせません。

つまり、プログラミング能力とデバッグ能力です。

 

大変な仕事ですが、やり切ったときは充実感、半端ないです。

その日の夜は自分にご褒美をあげるようにしています。

 

20代であれば、未経験であれ、ノースキルであれ、知識ゼロであれ、問題ありません。

若いうちは知識を吸収する力が半端ないです。

 

プログラミングスクールは完全無料のところもありますし、30万円、60万円くらいかかるところもあります。

私としては最初は無料で体験してみてから、本格的に入学するのが良いと思います。

 

転職活動に入る前にぜひとも、トラブル解決能力はつけておいてください。

転職してからのあなたを見る目が変わりますよ。

 

ここではおすすめのプログラミングスクールを3社ほどあげます。

プログラミングスクールといっても、ニーズによりどれがいいかは違います。

 

ぶっちゃけ、やる気さえあればどこでも変わりはないと思います。

オンラインで全て完結できるのを望む方は、TechAcademyがおすすめです。

 

TechAcademyは無料体験があり、全てオンラインで学習が完結するので、今にはピッタリかもしれません。

事実ここはとても人気があるプログラミングスクールです。

 

一方で本格的に勉強したい方は転職保証付きのプログラミングスクール【TECH::CAMP】があります。

転職できなかったら、全額返金というシステムです。

 

まこなり社長が運営、ホリエモンも大絶賛【TECH::CAMP】は即戦力で転職可能でしょう。

 

完全無料がいい方はProgrammerCollegeがいいでしょう。

転職エージェントが運営しているため、転職を目的としています。

 

転職エージェントと同様の理由で完全無料なのです。

 

以上をまとめますと、下記の表になります。

ご自分にあいそうなところにはコンタクトをとって、まずは話だけでも聞いてみましょう。

 

現場を見ないと判断はできないと思います。

そのための行動くらいは起こしましょう。

 

TechAcademyオンライン完結型。有料だが無料体験してから30くらいの豊富なコースに参加するか決めることが可能。
ProgrammerCollege

通学型だが、コロナ禍の現在はオンライン対応中。転職エージェントが運営しているので完全無料で就職することが可能。正社員就業率96.2%

【TECH::CAMP】

通学、オンライン両方。人材紹介よりも教育をメインとするので自然と就職が決まる。転職が決まらなければ全額返済する制度。ホリエモンもおすすめ。

 

 

 

ITエンジニアの大変なことに対応2:転職エージェント推薦で転職する

 

ある程度プログラミングが身に付いたら、転職エージェント経由で転職活動をしてみましょう。

転職サイトやハロワとは違って、転職エージェント経由で応募すると、あなたが候補者として企業に推薦されるため、内定率が高まります。

 

 

転職エージェントと企業とが信頼関係にあれば、かなり有利に転職活動を進めることができます。

例え未経験でも、プログラミングスクールでの経験を語ったり、成果物(ポートフォリオ)を提出することで転職エージェントに信頼されるでしょう。

 

 

どの転職エージェントがいいかを迷って、結局何もしない方がおられます。

実にもったいないです。

 

転職エージェントは優良な非公開求人を紹介してくれるところです。

また転職活動で困ったら、担当アドバイザーに相談もできます。

 

転職活動は孤独なものです。

誰とも話をしないなんてことがないようにしましょう。

 

転職活動での相談相手は転職エージェント以外はあり得ません。

ハローワークの相談員にキャリア相談しますか?

 

転職サイトはそういうサービスさえも提供していません。

消去法でも転職エージェント以外はないのです。

 

とにかくまずは行動してみましょう。

行動して後悔するより、何もしないほうがずっと後で後悔するでしょう。

 

下記のチェック記事でどこを使おうか迷っているのは時間の無駄です。

全て使うつもりで動きましょう。

 

ぶっちゃけ、どこも似たようなものです。

転職エージェントはあなたの積極性次第で生きもしますし、逆もあります。

 

転職活動は、意外と知らない転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】

に書いた手順でやれば、あとは作業量次第です。

 

手順があっているのであれば、あとは量をこなさなければいけません。

そのために転職エージェントを数多く使うというのはある程度避けて通れません。

 

あなたの相性にあう転職エージェントが見つかるまで、やってみてください。

 

 

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント