【転職に有利】Pythonがプログラミング初心者に向く3つの理由

ITエンジニア転職
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

Pythonがプログラミング初心者に向くか悩む人「プログラミング初心者だが、これからIT業界がどんどん伸びると思われるので、キャッチアップしたい。個人的にはインフラ系よりはWeb系のプログラミング言語が気になっている。特にWebアプリ開発、機械学習に使われるPythonを学習したいが、初心者でも身につくか心配である。」

 

上記のお悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

Pythonがプログラミング初心者に最適な理由は色々あるが、大きく分けて3つある。①初心者でも覚えやすい。Javaなどに比べ構文が簡単②売り手市場なので転職に有利である。年収も高い③IT業界の中でも特にAI開発を得意とするため、将来性が見込まれる。

 

ちなみに筆者はエンジニア経験が20年以上です。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

長年のエンジニアとしての目線と転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • Pythonがプログラミング初心者に向く理由は文法が簡単
  • Pythonがプログラミング初心者に最適な理由は転職に有利
  • Pythonがプログラミング初心者に向く理由は将来性があるから

 

では一つずつ解説します。

 

 

Pythonがプログラミング初心者に向く理由は文法が簡単

 

結論「Pythonは構文が短くて明確なので、初心者がプログラミングを学習するのに最適」

 

Pythonは初心者でもわかりやすい文法となっています。

誰が書いても同じコードとなるんです。

 

それに比べるとJavaやC言語の場合は動作は同じでもコードとしての書き方はプログラマーによって違います。

プログラミング初心者にとっては、誰が書いても同じ言語の方がずっと覚えやすいですよね?

 

例えばもっとも簡単なprint文ですが、Pythonだと1行で済みます

それに比べるとJavaで書くと、型宣言などありますので10行近くになってしまいます。

 

Pythonはコードが短くて済み、結果として覚えるのが簡単なのです。

さらにPythonはエラーが出たときのデバッグもわかりやすいです。

 

Pythonはコンパイルする必要がない「インタプリタ」型なので、ソースコードを書いては動作確認をし、修正するまでの時間が短くて済みます。

これを繰り返すことで、知らず知らずのうちにPythonは習得できます。

 

「コンパイル」型の言語は疑似も含め多くのエラーが出ます。

プログラム初心者にとってはハードルが高いのではないでしょうか?

 

手軽さで言うと、シェルとほぼ同様といってもよいでしょう。

コンパイル不要で型宣言も要らないのですから。

 

ソースコードの書き方を覚える上では、型宣言はしておいた方がデバッグしやすいです。

それくらいの手間は惜しまない方がいいです。

 

デバッグで原因がわからずに朝帰りなんて悲しいですからね。

ポイントを押さえれば独学でも十分Pythonはマスターできます。

 

 

ネットで検索すると以下のような優良な無料教材、サイトが結構あります。

 

 

このように学習する場は探せばたくさんあります。

その中で自分にあったものをみつけることが長続きのコツです。

 

もちろん本で学習するのは基本中の基本です。

以下はノースキルからでも楽しく読める本となっています。

 

 

 

Pythonがプログラミング初心者に最適な理由は転職に有利

 

結論「プログラミング初心者でもPythonであれば、転職に有利」

 

実は企業でPythonが使える社員は不足しています。

たとえプログラミング初心者であったとしても、Pythonが多少なりとも使えることを企業にアピールできれば、売り手市場の今は転職に有利です。

 

Pythonは覚えるのにコツはありますが、Javaなどの言語よりはずっと易しいです。

逆に企業にはPythonができる人が少ないので、一人でもPythonができる人を入社させたいのです。

 

結果として、転職先での「年収も高くなります」。

Pythonを使う職種として主なものは以下の3つです。

 

  • AIエンジニア:年収600万円くらい
  • データサイエンティスト:年収700万円くらい
  • Webエンジニア:年収580万円くらい

 

年収に差があるのは職種の難易度にも関係しています。

データサイエンティストはPythonができることが差別化になるのではなく、ビッグデータを解析し、分析・提案をする難しい仕事だからです。

 

プログラミング初心者の場合はWebエンジニアから挑戦する方が無難だと思います。

最終的にはキャリアパスとして、データサイエンティストを目指して頑張ればよいのですから。

 

このようにPythonがプログラミング初心者でも転職に有利になるのです。

 

 

Pythonがプログラミング初心者に向く理由は将来性があるから

 

結論「Pythonは人工知能(AI)開発でニーズが高まっているので、初心者にとって波に乗るチャンス」

 

具体的にPythonはどこで使われているのでしょうか?

それを具体的に挙げることでPythonの将来性もおのずとわかるでしょう。

 

  • Webサービス
    • Youtube
    • Instagram
    • Dropbox
  • AIの開発
    • Googleの画像検索
    • SNSの顔認識
    • SiriやAlexaなどの音声認識
    • Uberなどの配車
  • データ分析
  • ブロックチェーン

 

一つ一つ説明するまでもないと思いませんか?

今も使われており、将来性も抜群です。

 

Pythonはプログラミング初心者向けの言語であっても、身につけると強力な武器となります。

人工知能(AI)、ビッグデータの開発に携わることが可能になるのです。

 

Pythonを身につければ、将来の仕事の心配はないと言ってもよいでしょう。

もちろんWeb系言語であるHTML/CSS/JavaScript/PHPは時間があるときにでも勉強した方が良いです。

 

PythonだけできるのとWeb系言語全般を知っているのとでは、企業に評価が違います。

プログラミングを勉強するのであれば、インフラ系よりWeb系の方が簡単ですし、将来性もあります。

 

その中でもPythonがプログラミング初心者にとっては学習コストが安く済み、年収が高い転職ができるのです。

Pythonを学習しない手はないと思います。

 

侍エンジニア塾侍エンジニア塾
TechAcademy
【TECH::CAMP】

 

あなたにとって最も重要なのは「時間」です。

プログラミングスクールに通うことで、独学よりも時短になり、理解も深くなるはずです。

 

あとはあなたの行動とやる気しだいです。

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント