転職エージェントを利用すれば、未経験転職は可能なのか【問題なし】

未経験転職
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職エージェントを使って、未経験転職を考えている人「転職エージェントを利用すれば、未経験転職は可能なのか知りたい。転職エージェント以外の転職方法で、未経験転職の可能性も知りたい。転職エージェントを使った未経験転職の手順を知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

転職エージェントを使った未経験転職が可能かと言えば、問題なく可能。未経験転職と言っても、職種変更、業種変更、業種職種変更の3種類ある。転職の軸である職種変更しないことを前提に考えると、未経験転職では転職エージェントを利用するのが一番効率的である。

 

ちなみに筆者は採用担当経験として、何度も書類選考や転職面接を行っています。

未経験転職の方も多く採用してきた経験があります。

 

また転職経験も3回ほどあり、50社近くの転職エージェントと転職サイトを使ってきました

採用担当経験と転職経験からこの記事を書きたいと思っています。

 

記事構成は以下の通りです。

8分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職エージェントを利用すれば、未経験転職は可能なのか【問題なし】
  • 転職エージェント以外の転職方法で、未経験転職の可能性は?
  • 転職エージェントを使った未経験転職の手順

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職エージェントを利用すれば、未経験転職は可能なのか【問題なし】

 

結論「転職エージェント推薦では未経験転職でも情報収集が十分にでき、成功する」

 

転職エージェントは求人に相応しい人材を企業に推薦する点が有利です。

もちろん、完全な未経験・知識ゼロでは転職エージェントは企業に推薦することはしません。

 

未経験分野について、基本的なことを勉強していることはもちろんです。

転職エージェントから推薦されるためには「ポテンシャル採用」されそうな人であり、「将来性がある」ことをアピールする必要があります。

 

ポテンシャル採用される可能性がある年齢層はできれば、20代前半、少なくとも20代である必要があります。

年齢が20代を超えてしまうと、未経験転職はきわめて難しくなります。

 

20代であり、地頭もよく、未経験でも吸収する能力があるポテンシャルの高い求職者には、転職エージェントから多くの求人が紹介されるでしょう。

そこまで自信がない方でも、希望条件の優先順位をつけて、妥協できる点をはっきりさせてください。

 

そうすることで転職エージェントがあなたに紹介できる未経験求人の可能性が広がります。

転職エージェントは相談相手がいるのが強みですので、それを活かしましょう。

 

転職エージェントを利用することで、未経験であっても「欲しい情報」が入手できます。

求人票以外にも、転職先の社風や所属予定の部署の人員構成、あなたの性格に合いそうかを客観的に話してくれます。

 

転職エージェントとしても、ボランティアではなく、あくまでもビジネスでやっていることです。

企業が欲しがる人材を推薦すること、最終的にはその企業に転職してもらうことが転職エージェントの目的です。

 

あなたが未経験転職を望み、日頃から勉強をしていれば、その意欲は必ず転職エージェントに伝わるものです。

転職エージェントに登録すると、あなたに専属の担当コンサルタントがつきます。

 

転職活動でわからないことや不安なことがあれば、いつでも担当コンサルタントに相談することができます。

転職エージェントはとても忙しいので、急ぎの場合以外は、メールで相談する方がいいでしょう。

 

転職エージェントは担当コンサルタントの能力次第で台無しなので、まずはコンサルタントの能力を見極めてください。

チェックポイントは以下の3つだけで十分で、それでコンサルタントの能力を判断し、無能だと判断したらすぐ交代してもらいましょう。

 

  • 第一印象は良いか?
  • 紹介した求人の応募を無理強いしないか?
  • メールで問い合わせたら、数時間以内に適切な回答が返信されてくるか?

 

上記を満たしているコンサルタントであれば、転職支援を任せて大丈夫です。

最初のキャリア相談の時に「未経験転職」を希望していることをはっきりと伝えてください。

 

そうじゃないと紹介求人とのアンマッチが生じます。

コロナ禍とはいえ、有効求人倍率は一部の業界を除けば、実はそんなに低くはありません。

 

未経験転職のチャンスはむしろ今だと言えます。

殆どの求職者が「様子見の状態」なので、実際に行動した人の方が圧倒的に強いです。

 

 

転職エージェント以外の転職方法で、未経験転職の可能性は?

 

結論「直接応募では未経験転職に関する情報が少なく、失敗しやすい」

 

未経験転職といっても、筆者は「経験が活きない」転職はおすすめしません。

たとえ未経験であったとしても、経験が活かせる転職であるべきです。

 

つまり職種変更はしない方が良く、業種変更による未経験転職の方が失敗しにくいです。

今働いている業種に近い業種は必ず存在します。

 

転職エージェント以外の転職方法1:ハローワークでの未経験転職

 

未経験転職は「転職の軸」をずらすことでもあります。

ハローワークでは、このような求人を見つけることはそもそも難しいです。

 

転職のプロである転職エージェントからみて、可能性を感じた求人とハロワから応募した求人のどちらが失敗しやすいでしょうか?

どちらが失敗するかは火を見るより明らかです。

 

ハローワークについては、求人票以外の情報がほとんど入手できません。

などの本を読んで、業界研究、企業研究をする以外はないのです。

 

転職エージェント以外の転職方法2:転職サイトでの未経験転職

 

転職サイトと転職エージェントを混同している人がとても多いです。

転職サイトの場合は「求人掲載」するだけで、転職支援はしてくれません

 

転職サイトから便宜的に求人応募することもできますが、そのあとの企業とのやり取りはあなたがやる必要があります。

つまり直接応募と同じだと認識しましょう。

 

しかしながら、転職サイトの求人の質はハローワークよりもずっと良いです。

求人掲載料を転職サイトに企業が支払っている分、採用意欲があります。

 

一方でハローワークは企業は無料で求人掲載できるんです。

そのため、ブラック企業が多いと言われたりしていますよね。

 

応募さえしなければ、転職サイトは利用価値がとてもあるメディアです。

転職活動ではハローワークは使わずに、転職エージェントと転職サイトを使うべきなのです。

 

 

転職エージェントを使った未経験転職の手順

 

結論「転職の軸を明確にし、アピールできる職務経歴書を作成し、転職エージェント推薦で求人応募する」

 

転職活動には手順があり、未経験転職でもそれを守ることで転職失敗を防ぐことができます。

転職活動の手順は以下の通りです。

 

  • 転職の軸を明確にする
  • 転職サイトでニーズがあるかを調査する
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦で求人応募

 

未経験転職といっても、全くの知識ゼロでは転職エージェントは企業に推薦しません。

例えばITエンジニアには未経験転職しやすいのですが、基本的なプログラムも理解していない人は採用しません。

 

未経験からITエンジニアになりたい人には無料のプログラミングスクールをおすすめします。

プログラミングスクールのカリキュラム修了後、求人紹介をしてくれるからです。

 

無料のプログラミングスクールは転職エージェントと仕組みは同じです。

企業に推薦・転職させることで、紹介手数料を転職エージェントはもらえるのです。

 

未経験からITエンジニアになりたい人は無料のプログラミングスクールに入学するのが、一番効率的です。

ただし、事前に学ぶ言語は決めておきましょう。

 

Web系なのか、アプリを作りたいのか、で違いますよね。

ITエンジニアに未経験転職する場合をとりあげましたが、それ以外でも基本的には同じです。

 

企業は「完全未経験」は採用しませんので、事前によく勉強しておくことです。

スクールが手っ取り早いですが、学ぶところがなければ独学しましょう。

 

結局はあなたの意志が強ければ、独学でもスクールでも問題ないです。

未経験転職は「知識ゼロ、ノースキル」でもよいということではありません。

 

それなりの成果を転職面接では話しましょう。

プログラマーの面接だったら、日本ではまだまだ貴重なPythonを一通り学んで、アプリまで開発したとかをアピールしても良いでしょう。

 

ただし、あくまでもあなたは素人レベルだということ。

企業はあなたの意欲とこれからの将来性を見込んで採用するんです。

 

 

 

Sponsored Links

コメント